アイキャッチ画像

出典:Instagram(@wsgycamping)

見つけたらラッキー!?100均セリアの「ソロトーチ」でスウェーデントーチデビュー!

2023.01.16ノウハウ

「キャンプ用品をあれもこれもとそろえていると、いくらお金があっても足りない…」。そんな悩めるキャンパーの心強い味方が均一ショップです。100円、300円だからとあなどることなかれ。大手アウトドアブランドに劣らない、ハイクオリティのアイテムが目白押しです。【100均ギア傑作選 vol.12】では、セリアの「ソロトーチ」を紹介します!

今月はセリアの「ソロトーチ」を紹介

毎月16日掲載「100均ギア傑作選」では、Instagramで見つけた知られざる名品を紹介しています。取り上げるアイテムは全て均一ショップで手に入るので、ぜひチェックしてみてください! 今月紹介するアイテムは、セリアの「ソロトーチ」。実は100円ショップの中で、セリアにしか売っていない代物です。Instagramでは「売り切れで買えなかった」という声が上がるほど大人気!「ソロトーチ」の使い手に、使用感や土台として使えるアイテムを教えてもらいましょう。

手のひらサイズのかわいいスウェーデントーチ

ソロトーチ」という名前の通り、ソロキャンプにぴったりなサイズ感。60×100mmほどなので、片手にすっぽりと収まります。スキレットやシェラカップを乗せれば、簡単な調理も可能。もちろん税込み110円です! @ogusukeさんの一押しポイントは、スリット加工してあるところ。丸太の状態から各々で加工する必要がなく、開封後すぐに使用できます!

着火剤の使用がマスト

使用方法はいたってシンプル。切込み部分の中心部に着火剤を入れて、火をつけるだけ!燃え切らなかった部分は薪として使用したり、炭にして使用したり、最初から最後まで無駄がありません。
お店で吸湿してしまうのか、乾燥状態の個体差が大きいのがやや難点。 @100kin_camperさんは、これまでいくつか購入して使用したところ、100均の着火剤で難なく着火できるのもあれば、かなり苦労したものも…。キャンプの醍醐味だと思って、火が着くまで気長に待つ必要がありそうです。

【燃焼時間】どれぐらい長く楽しめる?

続いては燃焼時間。@ogusukeさんと@t.imny_64camさんは、60分程度とパッケージの記載通り楽しめました。@sazanamicampさんは、火吹き棒を使って灰になるまで使用して、トータル85分。トーチ自体の乾燥状態やその日の天候にもよりますが、十分楽しめそうです。

ヒノキ製だけど、普通の焚き火と同じ匂いがする!?

本体は国産ヒノキ製なので、燃やした時にヒノキの香りがするのかと思いきや…。 @naotingale__さんいわく、ヒノキ感を感じるほどの香りはあまりしないとのこと。@100kin_camperさんも同様にヒノキの香りは感じず、通常の焚き火と同じような匂いだと教えてくれました。

土台もセリアでそろえられる!

ここからは土台をチェック!

「ソロトーチ」は本体のみでの販売で、断熱シートや金属の土台は付属しません。キャンプ場で使用するなら、地面に直置きはご法度。焚き火台やグリルの上にのせるなど、しっかりした土台を用意して、地面への熱ダメージ対策が必要です。
@wsgycampingさんは、DCMの「ヘキサファイアピット」を土台として使っています。 ほかにも、@naotingale__さんは、焚き火シートを敷いてエスビットの「ポケットストーブ」を用意。ソロトーチとぴったりシンデレラフィットします!
コメリの「メッシュスタンド」を使う@f.k_c_a_m_pさん。こうすることで、自分の目線に近い位置でソロトーチを楽しめます。鉄でできているため頑丈で、火の熱にも耐えられる、心強い味方です!
@sazanamicampさんは、セリアの「固形燃料ストーブ」「アルミ皿」を土台として使っています。どちらも110円とお手頃価格。ソロトーチと一緒にこちらもチェックしてみてください!

次回(2/16)もお楽しみに!

コロンとかわいいソロトーチ。キャンパーの心を鷲掴みにする理由がわかります。セリアを訪れた際は、ぜひ手に取ってみてください!

100均ギア傑作選

専門店顔負けの本格キャンプ用品がそろう100円ショップ、300円ショップで見つけた、キャンプに使える便利アイテムをショップごとに紹介します。


特集・連載


あわせて読みたい記事