100均ギア

セリアの「ロープライト」で、夜のキャンプ場でもつまずき知らず!!

2022.12.16ノウハウ

「キャンプ用品をあれもこれもとそろえていると、いくらお金があっても足りない…」。そんな悩めるキャンパーの心強い味方が均一ショップです。100円、300円だからとあなどることなかれ。大手アウトドアブランドに劣らない、ハイクオリティのアイテムが目白押しです。連載企画【100均ギア傑作選】、今回は、夜のキャンプ場で大活躍するセリアの「ロープライト」を紹介します!

毎月16日掲載「100均ギア傑作選」

Instagramで見つけた、知られざる名品を紹介する「100均ギア傑作選」。今月はセリアの「ロープライト」を紹介します。
夜暗くなってガイロープに足を引っかけた、なんて経験はありませんか?特に、冬は日が落ちるのが早く、気が付いたらあっという間に真っ暗になります。そんな時、足元を照らしてくれる救世主がロープライト。「ここにロープがあるよ」という目印になってくれるので、転倒を防げます。 イルミネーションのように華やかな雰囲気も出るため、クリスマスキャンプにもぴったりです!

110円だけど、お値段以上!

ローベンス「クロンダイク」に8個使用

@yamada_no_campさん愛用のテント、ローベンスの「クロンダイク」は放射状にペグを打ちます。そのため、自分たちだけでなく、夜、テントのまわりを歩く周辺のキャンパーさんや自分達がガイロープに引っかかってしまう心配が…。 そこで取り入れたのが、ロープライト。引っかかる心配がなくなったのはもちろん、キャンプサイトが全体的明るくなるのでテントの場所を見つけやすくなりました。シリコンでできているので落ちたりしても壊れにくく、シンプルな作りなので満足度はお値段以上@tomogoro_baseさんも、子どもや自分がガイロープに足を引っかけることがなくなったとお気に入り!

電池持ちもバッチリ!

コールマン「アテナトンネル2ルームハウス/LDX」に24個使用

電池交換可能とはいえ、ロープライトの点灯時間はどれくらいなのか気になるところ。@kenkn99さんは、12時間使用×3回。合計36時間ほど使っても電池が切れることはなかったそうです。

スノーピーク「エントリーツールームエルフィード」に20個使用

なんと、100時間使っても大丈夫だったとの声も! @vwt2_1970さんは、10時間使用×10回。合計100時間ほど使った結果、20個のうち10個ほど点灯しなくなりました。半分点灯しなくなったとはいえ、100時間使用できるとは、恐るべきコスパです!

基盤に水が入らないように要注意

コールマン「アテナトンネル2ルームハウス/LDX」に8個使用

雨の中でも、霜が下りていた状態でも壊れなかったと教えてくれたのは@nsymmc_campさん。キャンプ中に何度か雨に降られた@syo.stagramさんも同じく、壊れなかったそうです。

DOD「カマボコテントクエ」に10個使用

一方で、@pakinariさんは、かれこれ3年くらい使っていますが、10個のうち1個だけ中の基盤に水が入り動作不能になりましたとコメント。完全防水ではないため、基盤の中に水が入らないように注意が必要です。

塗装材やセロファンでオレンジ色にアレンジ

青白いライトの雰囲気がいまいちという意見もちらほら。
そこで@lc794e9さんは、LEDライトを暖色に塗装。オレンジ色にすることで、暖かみがグッと増しました。使った塗料は、プラモデルなどで使用されている、MR.COLORのクリアーオレンジです。
セリアで販売されている「セロファン」を使ってアレンジしている方も発見。@syo.stagramさんは、「赤」と「黄」のセロファンをLEDライト部分の大きさにカット。2色を重ね、LEDライト部分とカバーの間に挟んで閉じれば完成です。

次回(2023年1月16日更新)もお楽しみに!

クリスマスキャンプにうってつけなロープライト。キラキラとした見た目の華やかに加え、足元の安全を確保します。1つから購入可能なので、自分のテントに合わせて試してみてください!

100均ギア傑作選

専門店顔負けの本格キャンプ用品がそろう100円ショップ、300円ショップで見つけた、キャンプに使える便利アイテムをショップごとに紹介します。


特集・連載


あわせて読みたい記事