「THE IRON FIELD GEAR」のガス式焚き火台「EASY FIRE」

出典:Makuake

1秒着火の新感覚焚き火台で、家の中でも炎の癒しを【THE IRON FIELD GEAR】

キャンプの醍醐味といえば外せないのが焚き火。しかし、着火しても火が安定するまでは何かと手間がかかります。もちろん、その面倒を楽しみたい時もありますが、「手軽に火のゆらめきを楽しめる道具があったら…」と思った経験がある人も多いはず。そんな焚き火好きキャンパーの願いを叶える、憩いの時間を増やす手助けとなるのが新時代のガス式焚き火台「EASY FIRE(イージーファイヤー)」です。

鉄加工のプロが作る!家の中で楽しめるミニ焚き火台

造船業で培った技術をいかして様々なアイテムを具現化しているアウトドアブランド「THE IRON FIELD GEAR (ジ アイアン フィールド ギア)」。 これまでにも焚き火やバーベキューに関する個性的なアイテムを数多くリリースしてきましたが、今回は、「生活の中に花を添えるのと同じイメージで炎を楽しんでほしい」というアイデアから、着火の気軽さはもちろん、準備も片づけもお手軽な、新しくてユニークな焚き火台「EASY FIRE」をリリースしました。

着火は一瞬!煙臭くなる心配もなし

キャンプ場でも焚き火にはマナーが必要です。それが自宅だとなおさら、広いベランダや庭があっても焚き火は難しいと思っている方も多いですよね。そんな悩みはガス燃料の「EASY FIRE」が一発で解消してくれます。
ガス燃料式なので煙は出ず、黒塗装のボディは生活空間にもフィット。サイズもコンパクトなため、少人数で炎の揺らめきを楽しむにはピッタリです。 ※火を使うので、狭い場所や、換気の悪い場所(テントや車内、乗り物の中など)では使用しないでください。

焚き火を楽しむまでの時間はあっという間!

組み立ては「脚の組み立て」「ガス缶をセット」「風防と溶岩石をセット」「ガスを開栓して着火」のわずか4ステップ。脚部分は3枚ある脚プレートをナットで固定する仕組みになっています。このとき、OD缶の場合は短脚、CB缶の場合は長脚をセットします。
脚パーツを取り付けたあとは、土台パーツの下部にガス缶を取り付けます。OD缶を使う場合は土台パーツ下部にガス缶を時計回しにはめ込み、CB缶を使う場合は土台パーツ下部にCB缶用のアダプターを装着して缶をセットします。
6枚の鉄のプレートを互い違いに組み合わせて風防をセットしたら、溶岩石を土台に入れていきます。
あとはガス栓を開いて着火するだけ。溶岩石が生み出す空気の流れで焚き火のようなランダムな揺らめく炎を楽しむことができます。使用後はガス栓を閉め、溶岩石と本体を自然冷却させ、しっかり冷えたあとに組み立てと逆の手順でパーツを取り外していけばOKです。

持ち運びもひとまとめで楽々

溶岩石と2タイプの脚を含めた本体の重量は2.7キログラムと片手で持つことができる重さ。コンパクトに専用収納袋に入れて持ち運べます。
鉄製のパーツを入れても破れにくいように収納袋は厚手のコットンキャンバスを採用。間口がロールトップ開閉なので手早く出し入れもできるのもうれしいポイントです。

キャンプのお供に、日常生活の彩りに

ワイルドで美しく、そして気軽に使えるガス式焚き火台「イージーファイヤー」はクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で2023年1月16日まで購入可能。早くも受付が終了した数量限定の早割もありますので、気になる方は早めにチェックしてみてください。 詳しくはこちら:Makuake
【基本情報】 使用サイズ: [OD缶使用時]約183×183×201mm [CB缶使用時]約183×183×321mm セット内容:本体(OD缶用短脚、CB缶用長脚含む)、溶岩石、収納袋(溶岩石用巾着袋含む) 重さ:約2.7kg 価格:14,850円(税込/Makuake追加割10%オフ価格)

特集・連載


あわせて読みたい記事