キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

99%純チタン製!アルミと違うメリットとは?軽くて丈夫なハイブリット飯ごう「TITANBLUE MESTIN」

 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

調理器具の花形であるメスティンといえば、アルミ素材をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかしそんな常識を覆す、アウトドアシーンでの活躍間違いなしの軽くて耐久性の高い99%純チタン製のハイブリットメスティンが「TITANBLUE MESTIN」です。

ありそうでなかったチタン素材のメスティン

 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

ご飯を炊くことはもちろん、焼く、煮る、蒸すなど、さまざまな調理が可能でいまやアウトドアの調理器具としてメスティンは欠かせません。多くの人がキャンプの相棒として一台は用意していると思います。
 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

そんなメスティンと言えばアルミ素材が主流ですが、「TITANBLUE MESTIN」はその名の通りチタン製。重さとしては分が悪いチタンですが、あえてチタンを選択することでさまざまなメリットが生まれています。

なんといっても丈夫!

 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

チタンは熱に強く、融点はアルミの660度をはるかに上回る1,660度!熱に強い鉄の融点1,530度よりも高く調理器具には最適です。また、チタンはプラチナに匹敵するほど耐食性が高く、ステンレスやアルミよりも錆びにくい性質を持っています。さらにチタンは空気に触れることで、強力な殺菌効果がある二酸化チタンのナノコーティングが生成されるというメリットもあります。

チタンは体にも優しい

 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

チタンはあまりイオン化せず金属の臭いがしないため、料理の素材の風味を損なわないのもポイント。アウトドアシーンに限らずお弁当箱としても活躍してくれます。医療機器の素材としても使われるなど、優れた生体親和性を持つ「身体に優しい金属」として知られています。
 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

重量的にはアルミに対して部の悪いチタンですが、強度が高いので薄い状態で加工でき、結局のところの重さはアルミ製と変わりません。同じ重さでありながら、熱に強く体に優しいチタンはメスティンにピッタリの素材と言えるかもしれません。

丈夫なメスティンは一生の相棒

チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

2ハンドル仕様で重量は約177g。ラージサイズとスモールサイズを揃えればスタッキングも可能です。メッシュトレイまで純チタン製にこだわり抜かれた「TITANBLUE MESTIN」は、クラウドファンディングサイトMakuakeで2022年9月29日まで発売中です。 購入はこちら:Makuake
 チタン製メスティン「TITANBLUE MESTIN」

出典:Makuake

【基本情報】 商品:TITANBLUE MESTIN <スモールサイズ> 使用サイズ:94×165×60(h)mm 容量:800ml 重さ:177g 価格:12,000円(税込/Makuake早割33%オフ価格) <ラージサイズ> 使用サイズ:110×180×70(h)mm 容量:1,200ml 重さ:222g 価格:12,670円(税込/Makuake早割33%オフ価格)
 最終更新日:

あわせて読みたい記事