キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コスパ抜群!soomloom(スームルーム)のテントを種類ごとに解説

テント

出典:PIXTA

Amazonでsoomloomのテントを見かけることが多くなりました。評価を見てみると星4以上のものも多数存在し、意外と好評な様子。今回は、soomloomの特徴や取り扱っているテントの種類を徹底解説!メリットとデメリットを比較しながら、人気の秘密に迫ります。キャンパーに売れてる理由が知りたい方、必見です。

soomloomとは

中国発のアウトドアブランドで、日本支社は埼玉県のさいたま市にあります。返品や交換対応がしっかりしてるとの声も多いです。高品質ながらリーズナブルな価格帯のテントが多く、期待以上だとキャンパーからの言われています。最近、少しずつ人気が出てきている隠れた人気ブランドです。

soomloomで取り扱うテントの種類

soomloomで取り扱うテントの種類を紹介!メリットとデメリットを記載しているので、比較して購入時の参考にしてみましょう。

ドームテント

ドームテント

出典:PIXTA

【メリット】
  • ソロキャンプやツーリングキャンプ、登山で使いやすい軽量タイプ
  • 広いテント内と前室を備えており、出入りもしやすい
  • リーズナブルな価格で初心者でも手に入れやすい
【デメリット】
  • デザインは他社のテントによく似ていて、オリジナリティはあまりない

ワンポールテント

ワンポールテント

出典:PIXTA

【メリット】
  • 高さ180cmと大人でも立って移動できるので、設営がしやすいサイズ感がいい
  • 熱や冷気を素早く排出できる換気窓付き
  • ソロ〜ファミリーまで対応できるほどサイズ展開が豊富
【デメリット】
  • 重量感があるので、車での持ち運びを推奨

ベルテント

ベルテント

出典:PIXTA

【メリット】
  • 湿気や火の粉に強いポリコットン素材を使用しており、快適に過ごせる
  • 家族や友人と過ごしやすい広々とした快適空間
  • 通気性に優れ、夏でも快適!
【デメリット】
  • 重量感と設営に必要なペグの多さのおかげで時間がかかる

トンネルテント

トンネルテント

出典:PIXTA

【メリット】
  • 湿気や熱気を素早く排出できて、通気性抜群!
  • 虫や蚊などの侵入を良く防いでくれるメッシュ付き二層構造
  • 4〜6人用のファミリーやグループキャンプに最適
【デメリット】
  • ロープが多いのでペグ打ちが大変
  • 設営に時間がかかるので複数人で作業する

ミリタリーテント

ミリタリーテント

出典:PIXTA

【メリット】
  • リビングスペースがかなり広くて、2人で使っても過ごしやすい
  • テントシートはポリコットン素材を採用しており、湿気や火の粉に強い
  • 風の通りをシャットアウトし、冬も暖かく過ごしやすいスカート付き
【デメリット】
  • 高さ100〜120cmが多く、身体が高い人は過ごしにくい
  • 重量感があるので荷物の多い人は持ち運びに苦労する

soomloomのおすすめテント

SoomLoomの中でも特に人気があるテントを紹介!シーン別に使い分けて快適にキャンプやアウトドアを満喫しましょう。

soomloomのテントでキャンプデビューしよう!

今回は、soomloomの特徴や取り扱っているテントの種類を紹介しました!高品質ながらリーズナブルな価格帯のテントが多く取り扱っているので、これからキャンプを始める方にもおすすめです。気になるデザインのテントを見つけてキャンプデビューしてみましょう!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事