hinata

>

キャンプ用品

>

hinataストア

>

シナノワークスの革新的ハンガーラック「スナイプハンガー」がキャンプを変える!高さ・幅の調節で理想のサイトがついに完成!

シナノワークスの革新的ハンガーラック「スナイプハンガー」がキャンプを変える!高さ・幅の調節で理想のサイトがついに完成!

キャンプ用品

シナノワークスのハンガーラック

スキーやトレッキングポールの国内老舗ブランド「シナノ」が2020年にスタートさせたキャンプ用品ブランド「シナノワークス」。ポール形状の加工に絶大な信頼を誇る同ブランドが、高さ調節ができるハンガーラック「スナイプハンガー」をリリースしました。同様のハンガーラックでサイズ選びや使い勝手に不満を抱えていた人にとって、キャンプを格段に快適にしてくれる救世主の登場に、キャンプサイトの勢力図が変わる予感!?


目 次

「ハンガーラック」はキャンプギアの集合場所

服もシュラフもランタンも

ハンガーラック
キャンプで使う調理器具を引っ掛けたり、服やシュラフを干したりと、テントサイトで活躍してくれるハンガーラック。その汎用性の高さと、ギアをずらりと並べておける見栄えの良さから、洗練されたキャンパーの間で定番になったアイテムです。
シナノワークスのハンガーラック
そんなハンガーラックの中でも、圧倒的な違いを出して登場したのが、シナノワークスの「スナイプハンガー」。アウトドア用品の老舗メーカーが歴史で培った技術力を生かして製作しただけあり、ガシガシ使えて持ち運びやすい耐久性はもちろん、これまでにない機能性を実現しています。特に、多くのキャンパーが注目しているのが、自在に変えられるパイプの長さや組み立ての容易さです。

100年の歴史を誇る長野の老舗「シナノ」の本気

シナノワークスのこだわりは、自社生産で実現する確かな品質。たとえばスナイプハンガーのパイプは、1本1本、丁寧にアルマイト加工が施されており、キズに強い仕様となっています。

新型コロナウイルスの影響で世界的にアウトドア用品の供給がひっ迫していますが、シナノワークスは国産なので、生産と供給が安定している点も強みです。

詳細はこちら:hinataストアを見る

超イージーな組み立てと長さ調節

組み立てはたったの30秒

シナノワークスのハンガーラック
組み立てはまず、付属の専用ケースから、ハンガーをひっかけるメインパイプ1本と、脚パイプ4本を取り出します。

メインパイプの両端に空けられた穴に、脚パイプを差し込んで固定するだけ。固定の際は「ラチェットピン」と呼ばれるピンを指で押さえて挿入し、カチッとハマればオーケーです。ケースから取り出して完成までは30秒ほど。キャンプではテントやタープなどの設営に時間をとられるので、説明書いらずで直感的に組み立てられるのはありがたいです。

高さ調節は3段階

シナノワークスのハンガーラック
スナイプハンガーの高さは、730、950、1300mmと3段階で調節できます。そのやり方は脚パイプのラチェットピンを押しながらスライドさせ、好みの長さでカチッと固定するだけ。組み立てと同じく一瞬で作業が終わります。
シナノワークスのスナイプハンガー
サイズ感の違い

▲調整できる幅と高さの違い

3段階の高さ調節によって、さまざまな使い方が想定できます。

一番低い730mmの状態では、焚き火台のそばに置き、耐熱グローブやケトルを引っ掛けておき、ローチェアに座ったまま手に取れるように。中間の950mmではジャケットなどの服を掛けたり、一番高い1300mmではタープやシュラフを天日干ししたりと、キャンパーのアイデア次第で多様な用途で活躍してくれます。

ただし、タープなど風を受けやすいギアの場合はグラつく可能性があるので、ペグで固定するのがおすすめです。

横幅は無段階で調整可能

メインポールの横幅は、スライドさせて好みの位置で止める調整できます。長さのレンジは680~990mm。テントサイトの広さに応じてハンガーラックのスペースを変更でき、ソロやファミリーのキャンプなどのシーンに応じたサイズ感で活躍します。キャンプギアをコレクション的にながめたい場合は、横幅を最大にしてあれもこれも引っ掛けてみるのがいいかもしれません。

組み立ての後でも運びやすい

シナノワークスのスナイプハンガー
さらにこのスナイプハンガーは、ラチェットピンでしっかりと組み合わせた構造なので、セット後にそのまま持ち運んでも問題なし。パイプ同士が離れることなく、全5本のパイプを合わせても約940gと軽量で、気の向くままにあちこちと移動できるのも魅力です。

アルミパイプが生み出す耐久性

2本の筒を重ねることで生まれる強度

シナノワークスのハンガーラック
スナイプハンガーのポールは20mmのパイプに18mmのパイプを差し込むことで、重たいギアを吊り下げる強度を確保しています。パイプ同士はガタつかずスルスルとスライドしてくれるので、組み立てや長さの調整もノーストレス。スキーポールなどの過酷な環境下で使用される筒状の製品を、長年にわたり作ってきたメーカーならではの技術が生かされています。

歩行用の杖から着想を得たラチェットピン

シナノワークスのハンガーラック
先ほどから説明しているラチェットピンは、シナノが昔から作り続けている歩行用の杖からヒントを得ています。高齢者であれば絶対的な強度が求められる杖。その基準をクリアするために生まれた強固なピンのノウハウが、今回の製品づくりに生かされました。スナイプハンガーは老舗メーカーのシナノだからこそ実現できる、信頼のハンガーラックなのです。

アフターサポートについて

シナノワークスでは、購入後のアフターサポートも安心の体制を整えています。パイプ1本やラチェットピン1つから修理に出せ、コールセンターで電話対応もしてくれるので、流行り廃りではない、長年使えるギアとして使えます。

ハンガーラックのあるキャンプを

シナノワークスのスナイプハンガー
ハンガーラック
スナイプハンガーの用途として、室内に持ち込んでコート掛けにしてみたり、2セットを組み合わせた上に天板を載せ、テーブルにしたりするというアイデアも。構造がシンプルな分、工夫次第でさまざまな使い方が期待できるのもこの商品の魅力。タフで頼りがいのあるスナイプハンガーで、今後のキャンプライフを充実させてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】
商品名:スナイプハンガー
使用サイズ:幅680~990mm、高さ730、950、1300mm
収納サイズ:幅800×奥行90×高さ25mm
重量:約940g
価格:14,850(税込)

詳細はこちら:hinataストアを見る


キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事