hinata

>

ノウハウ

>

女子キャンプ

>

ジムニー女子のソロキャンデビュー!自然体で過ごす「究極の気まま旅」の魅力とは?

ジムニー女子のソロキャンデビュー!自然体で過ごす「究極の気まま旅」の魅力とは?

ノウハウ

PR

ロキシーの服を着てキャンプをする女子

誰にも邪魔されない自分だけの時間を過ごしに、最近では女性でもソロキャンプをする人が増えています。一体どんな点が人々をひきつけるのかを探るため、アクティブ女子代表としてROXYスノーライダーの成澤佳央梨さんがソロキャンプに初挑戦。女子の人気の高いアウトドア車、新型ジムニーを相棒に、究極の気まま旅の魅力をお伝えします!

目 次

プロボーダー成澤佳央梨、初めてのソロキャンプ

憧れのジムニーに乗って、地元・神奈川でソロキャンプ

プロスノーボーダーの成澤佳央梨さん
ジムニー
アウトドア派女子たるもの、人の都合や時間に縛られないソロキャンプへの憧れは誰しもどこかに抱いているはず。しかもその相棒がお気に入りの車なら、ドライブがてら、どこまでも気ままに走って行きたくなってしまいます。

スノーボーダーとして活躍する成澤佳央梨さんも、そんな自由なライフスタイルに憧れる1人。友人とのグループキャンプを数回経て、今回、初めてのソロキャンプに挑戦。旅の相棒は、女子からも絶大な人気を誇るアウトドア車「スズキ・ジムニー」です。行き先は自身の出身県である神奈川。丹沢にある「ウェルキャンプ西丹沢」(山北町)。広大な敷地に四季折々の自然が楽しめる人気のキャンプ場です。初めてのことだらけのソロキャン、いったいどうなってしまうのでしょうか?

桜が満開のベストシーズン。テーマは「お花見キャンプ」!

桜が満開の様子
都内からジムニーでのドライブを満喫した成澤さんは、道中にある「道の駅 足柄・金太郎のふるさと」(南足柄市)で食材をゲット。地元で採れた新鮮な野菜やクラフトビールなど、ウキウキしながら夕食の買い出しを済ませ、キャンプ場に向かいます。

撮影日はちょうど桜が満開で絶好の花見日和。せっかくだからと、テーマを「お花見キャンプ」に決め、桜の木の下にテントを設営します。
テントを設営する成澤さん

▲インナーテントを1人で組み立てられ、喜ぶ成澤さん

実は成澤さん、テントを1人で設営するのは今回が初めて。テントを含めたキャンプギア一式はhinataレンタルを利用しました。苦戦しながらも、説明書を読み込んで、何とかインナーテントを組み立てると、すでに達成感でいっぱい。「慣れちゃえば簡単です!」。残りは順序よく設営して、サイトを完成させました。
焚き火を楽しむ成澤さん

▲初めての「ソロ焚き火」に挑戦

設営が終わったら、次はキャンプの醍醐味である焚き火にも挑戦。暗くなる前に火起こしを完了させ、しばし火を眺めながら休憩。いよいよ夕食の準備に取り掛かります。
ステーキを焼いている様子
しいたけを焼いている様子
道中で買ってきた食材を焼きながら、クラフトビールで晩酌開始。メインディッシュは「キャンプと言えば肉だよね」とふんぱつして買った分厚いステーキ肉とシイタケです。夕食では道の駅で手に入れた「ニンニク塩」が大活躍。ジューシーなお肉と肉厚のシイタケに感動しながら、どんどんビールが進みます。
ソロキャンプでの焚き火
食後は焚き火を見ながらひと息。お腹も満たされ、誰にも邪魔されないチルタイムを満喫します。焚き火を見つつ、眠くなったら寝てもいい。何もかも自分のペースで決められる、ソロキャンプの魅力に成澤さんもだんだんと引き込まれていきます。
朝起きて伸びをする成澤さん

▲朝一番の気持ちいい空気を吸い込む

翌朝、日差しとともに目覚めた成澤さん。胸いっぱいに澄んだ空気を吸い込み、お湯を沸かしてコーヒーを飲みます。気分のおもむくまま、ゆっくり自然と向き合って心身ともに癒された成澤さん。「楽しかった!次のキャンプは何しようかな〜」とすっかりソロキャンの楽しみに目覚めた様子です。
▼今回成澤さんが行った「ウェルキャンプ西丹沢」の詳細はYouTubeのROXY Channelをチェック!
※食事の様子がわかる後編の動画は4/20(火)公開予定

女子ソロキャンプはストレスフリーなウェアが必須

成澤さんが着用したのはROXY(ロキシー)の新作ウェア

ロキシーを着る成澤さん
ロキシーのロンパース

サロペット10,450円(税込)

ストレッチの効いたコットンツイル素材で抜群の着心地。撥水素材で汚れにくいので、アウトドアに最適です。ショルダーストラップはブランドロゴの入ったゴム素材を使用。シンプルな中にアクセントの効いた、大人アクティブな着こなしができます。

\Tシャツに合わせるだけでかわいいサロペット/

ヴィクトリアオンラインで見る

ロキシーのジャケット

ジャケット11,000円(税込)

オリジナルデザインのボタニカル柄がかわいい一着。撥水加工でポケッタブル仕様、さらにUVカット加工と多機能なので、キャンプの防寒・雨対策にもってこい。軽量で収納時もかさばらず、落ち着いた色味なので年齢問わず着やすいのが魅力です。

\キャンプに1着持っておきたい羽織りもの/

ヴィクトリアオンラインで見る

ロキシーのTシャツ

Tシャツ3,850円(税込)

体型を拾わないボックスシルエットのTシャツ。前面のプリントは山と太陽をモチーフに、アウトドアをイメージしたもの。抗菌防臭、UVカット加工が施されているので、夏場に一着あると重宝します。

\夏の大定番、白T!/

ヴィクトリアオンラインで見る

ロキシーのウェアを店頭で購入するならヴィクトリアへ!

ヴィクトリアのロゴ
ロキシーのウェアは下記のヴィクトリア各店で購入可能です。

・ヴィクトリア 御茶ノ水本店
・ヴィクトリア イオンモールむさし村山店
・ヴィクトリア スポーツモール越谷イオンレイクタウン店
・スーパースポーツゼビオ ららぽーと新三郷店
・スーパースポーツゼビオ オリナス錦糸町店

実際に手に取ってから購入したい人はお近くの店舗へ足を運んでみてください!

リラックスウェア×気ままなソロキャンドライブ=最高!

誰の目も気にせず、自分の好きなことが楽しめるソロキャンプ。お気に入りの服を着て、お気に入りの車でドライブすれば道中からテンションが上がります。まだ挑戦したことのない人は、この機会にぜひ試してみてください。きっとソロキャンプの魅力にやみつきになるはず!
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ