技巧派ブランド「フェニックスライズ」が軽量焚き火台をリリース!上・下段の使い分けで火を極める一台

キャンプ用品

メイン

出典:フェニックスライズ

「火」に特化した技巧派アウトドアブランド「フェニックスライズ」が、火力のコントロールを容易にした焚き火台「フェニックスグリル」をリリース。数ある軽量焚き火台の中でも、その使い勝手を考え尽くしたデザインは前評判も高く、今もなお受注生産が続く人気となっています。

東北が生んだ技巧派ブランド「フェニックスライズ」

青森県八戸市の西に位置する五戸町の金属加工会社で、精密プレス金型と高精度プレス部品を手掛ける「サンライズエンジニアリング」。東北が誇る高い加工技術を活かして2020年に生まれたのが、アウトドアブランド「フェニックスライズ」です。

アウトドアの中でも、薪ストーブなどの「火」に関するギアにこだわり、これまで培ってきた技術を応用。そのブランド名は洗練されたキャンパーの間にも届くようになっています。

多彩な用途で大活躍を約束する「フェニックスグリル」

新作の焚き火台「フェニックスグリル」の最大の特長は、軽量性を実現しながらも、さまざまなシチュエーションに対応している点にあります。

①上段・下段の使い分けで、火力を調整

上段下段

出典:フェニックスライズ

鉄板や串など調理器具をセットできるアーム部分は、上・下段の2段構造。高さを使い分けることで、火力の強さや食材に応じた温度調整ができます。

②アームも調理道具の一つ。燻製料理も手軽に

燻製料理

出典:フェニックスライズ

棒状のアームは高さで火力を使い分けるだけでなく、これも一つの調理器具として活用できます。特に、開発者のおすすめは、アームに直接ベーコンを吊るした「ベーコンの燻し」!

③パーツを外せばクッカースタンドとして大活躍

クッカースタンド

出典:フェニックスライズ

折り畳み式のアームを畳んで、火床を外せば、直火で使うときの五徳に早変わり。

④火床の高さが2段階

低い

出典:フェニックスライズ

高い

出典:フェニックスライズ

スタンドの脚部分は折り畳みで140mmと193mmの2段階の調節ができるため、さまざまな調理やキャンプスタイルに対応します。

⑤串をペグ代わりに風防を作る

風防

出典:フェニックスライズ

直火用のクッカースタンドとして使用する際は、付属の串をペグ代わりに、火床パネルで簡易的な風防を設置できます。

コンパクト・軽量でも安定感は抜群

サイズ

出典:フェニックスライズ

ステンレス製で重さ約670gの本体は、収納時には約11mmの薄さになるコンパクトさ。携帯に便利な収納袋も付属し、「キャンプだけでなく、トレッキングにも手軽に持ち運べます」(開発者)。軽量な本体ながら、メインのスタンド部分とアームのパーツが一体になっているため、安定感も抜群です。

基本情報

セット内容

出典:フェニックスライズ

収納サイズ:約11×193×316mm
使用サイズ:約333×265×437mm (「高」で使用した場合)
重さ:約670g
価格:15,400円(税込)
購入はこちら:フェニックスライズ公式サイトを見る

※4月末ごろから順次発送中

「フェニックスグリル」から始まる「TBシリーズ」とは?

新作の焚き火台「フェニックスグリル」は、「フェニックスライズ」の新シリーズ「TBシリーズ」の一作目。

「TB」とは、"TAKIBI"、"TABIBITO"、"BUSH CRAFT"、"BUKOTSU"、"TSUGARU BUSHMAN"など、"T"と"B"で始まる言葉からインスパイアされて生まれた造語。「軽量性と耐久性、使い勝手の良さを第一に」というコンセプトのもと、続々と新商品を開発中。「TBフォーク」「TB五徳」も受注を開始しています。

▼開発者が「TBシリーズ」を使用してキャンプを楽しむ公式YouTube動画はこちら

多用途な軽量焚き火台はフェニックスライズにあり!

上・下段を使い分けることで、火力のコントロールを容易にした焚き火台「フェニックスグリル」。数ある軽量焚き火台の中でも、多用途な機能性を求めるなら、行き着くのはこの一台かもしれません。
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪