伝説のテント「moss TENTS」がバイカーズパラダイスとコラボで復活!?現代に蘇った名品の正体

キャンプ用品

モステントのコラボモデル

伝説のテント「moss TENTS」を日本で昨年に復刻させたモスジャパンが、二輪愛好者向けの事業を展開する「バイカーズパラダイス」とコラボ。ソロキャンパー向けの新幕をリリースしました!クラウドファンディングサイト「Makuake」では3月5日から発売される予定で、芸術品と言われたテントの精神を蘇らせたテントが手に入るチャンスです。


 目次


現代に蘇った伝説のブランド「moss TENTS」

「moss TENTS」は、アメリカの画家と彫刻家でもあるビル・モス氏(1923〜94年)が設立。同氏は、1955年に世界初のドーム型テントをリリース。以来、「テントは人間が住むことのできる芸術作品」という同氏の名言の通り、数々のデザイン賞を受賞する名テントを次々と生み出してきました。MoMA(二ューヨーク近代美術館)に永久展示されている名品もあるほどで、キャンプ界の美術作品と言われていました。

ビル・モス氏が他界し、ブランドは2001年に消滅。しかし、モスジャパンが当時のmoss TENTSを再現しようと膨大なアーカイブ資料から考査を重ね、2020年11月に正式に日本で復活。ビル・モス氏の精神を現代に蘇らせました。

コラボしたのは、二輪コミュニティを提供するバイカーズパラダイス

alt

出典:@Press

二輪向けの事業を展開する「バイカーズパラダイス」は2019年8月、日本初のバイク乗りに特化したコミュニティスペースとして、ドライブイン施設を静岡県の南箱根にオープン。「バイカーズパラダイス南箱根」と名付けられた同施設には、約20,000㎡の敷地面積に約3,000台のバイクを収容できる駐車場を用意。ライダー同士が情報交換などで仲間を増やしていくコミュニティの場を提供しています。

2021年は、モーターサイクルの裾野を広めるべく、アウトドア業界などの関連する分野との連携を強化。その核の一つが、伝説のテント「moss TENTS」とのコラボアイテムの展開でした。

異色のコラボで実現した伝説のアイテム

ソロキャンパー向けテント【STARLET】

alt

出典:@Press

ソロキャンパー向けテント「STARLET」は約2.7㎡の広さをした軽量自立型テント。日本製のmoss TENTSのナイロン生地は抜群の耐水圧性能を誇り、ソロのキャンプでの活躍を約束。生地の色は、1985年当時のmoss TENTSが生産していたTan、White、Burgundyの3色で再現し、当時のmoss TENTSの雰囲気を味わえます。

ポールには1980年当時と同じEASTON社製の7075ジュラルミンAlum合金を採用。moss TENTSの流線型の構造に最も適している伝統的な作りになっています。収納時は長さ約40cm、直径13cmにまで小さくできます。

【基本情報】
販売価格:132,000円(税込)
alt

出典:@Press

alt

出典:@Press

タープ【PARAWING 12ft.タープ】

alt

出典:@Press

1960年オートキャンピングを世界に先駆けて発信したmoss TENTSの名品タープで、シンプルなデザインと美しい曲線美を誇っています。対角線の長さは約3.7m。mossデザインの特徴とも言える美しい双曲構造は、雨や風を効率的に逃してくれます。

シンプルの中にどこか悠々とした雰囲気があり、青空の下で映えるタープです。

【基本情報】
販売価格:66,000円(税込)

折りたたみチェアの名作ブランドともコラボ

バイカーズパラダイスは、米国シカゴでキャンピングカー用のオーニングの製造から始まり、折りたたみチェアが不動の人気を誇るZip Dee(ジップディー)社ともコラボ商品を展開。ジップディー社がハンドメイドで培った信頼をもとに製造した折りたたみチェアは、50年以上にわたって愛されています。

日本では、mossTENTなどを取り扱うソロスタージャパンが販売契約を結び、2020年に日本市場に本格的に参入。キャンプシーンでも、じわりとその存在感を示すようになっています。

バイカーズパラダイスのコンセプトに沿った3色チェア

alt

出典:@Press

▲Manteo Cardinal(バイパラの美しい夕日をモチーフ)

Colonnade Juniper(草や土など大自然のイメージ)

出典:@Press

▲Colonnade Juniper(草や土など大自然のイメージ)

alt

出典:@Press

▲Cooper Black(ジェントルマンの休日)

Zip Deeの定番アイテムであり、50年以上も米国で重宝されている銘品Folding Chair(折り畳み椅子)をもとに開発されたチェア。無駄のないシンプルなデザインとフォルムが人々の目をひきつけ、人気を集めています。

カラーは、バイパラの美しい夕日をイメージした赤基調のManteo Cardinal、草や土など大自然のイメージした薄緑基調のColonnade Juniper、ジェントルマンの休日をイメージした黒基調のCooper Blackの3色展開。キャンプスタイルやサイトのカラーに合ったものを選べます。

チェアをよりくつろげる形に変身させる延長フットレスト

alt

出典:@Press

Zip Deeチェアの前方に取り付けることのできるA-Lounge Extension(延長フットレスト)は、リクライニングチェアのように両足を伸ばしてゆったりと座れるアクセサリー。非常にシンプルで頑丈な構造で、簡単に取り付けられ、テントの設営後や食後に一休みしたい際に重宝します。

日本向けに開発された折り畳みサイドテーブル/フルセット用専用キャリーバック

alt

出典:@Press

alt

出典:@Press

天然オーク材と高価なクロームメッキ加工のスチールパイプを使用した折り畳みテーブル。「シンプルな構造とヴィンテージマテリアルによってこそ頑丈で美しく愛着のもてる製品になるはず」という思いから、あえて妥協なしに良質の木材を使用。シンプル、かつ美しい商品が誕生しました。
alt

出典:@Press

セット全てを収納できる専用キャリーバックにも抜群の耐久性と撥水性のある丈夫な素材を使用。キャンプやピクニックなど、あらゆる場所へ簡単に持ち運びができるようになっています。


4点セットでは、「チェア」「チェアに装着する延長フットレスト」「サイドテーブル」、それら全てを1つに収納できる「キャリーバッグ」がセットに。4点のフルセットで156,000円(税込み)に納得できる、気品あるアイテムがそろっています。

Makuakeの販売は3月5日スタート

そごうの展示風景

▲そごう横浜店での展示風景

伝説のテントブランド「moss TENTS」や「Zip Dee」と、バイカーズパラダイスがコラボした商品は、「そごう横浜店」で3月8日まで、タープとともに世界に先駆けて公開され、3月30日まで販売されます。クラウドファンディングサイト「Makuake」でも3月5日〜3月30日に販売されますが、売り切れる可能性が高いため、迷っている時間はなさそうです!

一般公開の詳細はこちら:そごう横浜店
購入の詳細はこちら:Makuake(3月5日開始予定)
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪