テンマクデザインの炎幕DX EVOがワイルドキャンプにおすすめ!

キャンプ用品

テンマクデザイン 炎幕 DX EVO

出典:Amazon

人気テントメーカーのテンマクデザイン。特にワイルドなキャンプスタイルが好きなソロキャンパーに支持されているのが炎幕シリーズです。火に強い生地で、焚き火を楽しむにはうってつけのテントです。そんな炎幕シリーズでもよりハイスペックな炎幕DX EVO。今回は炎幕DX EVOの魅力について紹介します。


 目次


テンマクデザインの炎幕シリーズ最強のテント

テンマクデザイン 炎幕 DX EVO

出典:Amazon

テンマクデザインの人気テントシリーズの炎幕。ソロ用のテントとして非常に人気のシリーズです。人気の理由は「炎幕」との名前の通り火に強いこと。焚き火好きなソロキャンパーにはぴったりのテントです。そんな炎幕シリーズでもハイスペックなのが炎幕DX EVO。今回は炎幕DX EVOの魅力や、普通の炎幕との違いについて紹介していきます。

通常の炎幕との違い

炎幕DX EVOは通常の炎幕から進化した点がいくつかあります。ここでは炎幕DX EVOの魅力を通常の炎幕と比較しながら紹介していきます。

フライシートの素材が進化しより火に強く

テンマクデザイン 炎幕 DX EVO 生地

出典:Amazon

炎幕TCがコットンとポリエステル混紡のTC素材なのに対し炎幕DX EVOはコットン生地とポリエステル生地の切り返しに。メインのフライシート部分はコットンなので炎幕TCよりも火の粉の影響を受けなくなりました

サイズは変わらず

テンマクデザイン 炎幕 DX EVO サイズ

出典:Amazon

テントの設営サイズは330×190×(h)130cmと炎幕TCと変わらず。2人がぎりぎり横になれるサイズです。2人で使うよりは、余裕を持ってソロキャンプで使う方がおすすめのサイズ感です。

冬キャンプにはDX EVOがおすすめ

炎幕DX EVOの最大の特徴はキャノピーを立ち上げた時のサイドウォール。通常の炎幕TCにはないパーツです。サイドウォールがあることで、横からの風の吹き込みを防ぎます。このことで、キャノピーの下で焚き火をしても安定して火を焚くことができます。焚き火で暖まりながらキャンプできるので、冬キャンプには炎幕DX EVOがおすすめです。

炎幕DX EVOでワイルドなキャンプを楽しもう

炎幕DX EVOは焚き火を楽しむなど、ワイルドなキャンプスタイルのソロキャンパーにはぴったりのテントです。通常の炎幕も非常にいいテントですが、焚き火などをたくさん楽しむ方はぜひ炎幕DX EVOを検討してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像 テンマクデザイン 炎幕TC テンマクデザイン 炎幕 DX EVO
商品名 炎幕TC テンマクデザイン 炎幕 DX EVO
商品リンク Amazon で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪