hinata

>

キャンプ用品

>

スノーピーク

>

【新作】大型シェルターに画期的タープ、BIGな焚き火台!スノーピークの2021年新作商品が目白押し

【新作】大型シェルターに画期的タープ、BIGな焚き火台!スノーピークの2021年新作商品が目白押し

キャンプ用品

スノーピークの2021年新作

数多くのキャンパーから愛されるアウトドアブランド「スノーピーク」。2021年の新作商品で発表したのは、テントやタープ、焚き火台など、目玉のアイテムから、あるとうれしい小物まで盛りだくさん!シンプルなデザインの中に、より多くの人に「野遊び」を楽しんでもらおうとする、スノーピークならではの意気込みが感じられます。

目 次

さらに大きいパーティーサイズが登場!「焚火台LL」

スノーピークの2021年新作
焚き火界のパイオニア的存在である、スノーピークの「焚火台」シリーズ。これまでS、M、Lの3サイズが発売されていました。そして今回、なんとさらにひとまわり大きいサイズの「焚火台 LL」が登場します!容積は、Lサイズの約2倍。
スノーピークの2021年新作
LLサイズなら燃料をどんどん放り込めるので、薪だけでなく、流木を使ったりとワイルドな楽しみ方ができそう。大家族やグループでの宴会が盛り上がりそうな焚き火台です。
【基本情報】
  • サイズ:633×633×440(h)mm
  • 収納サイズ:882×810×42mm
  • 重さ:11.0kg
  • 価格:29,800円(税抜)

後付けで二次燃焼が叶う!?「フローガ L」

スノーピークの2021年新作
「焚き火の匂いが苦手」「煙で服が燻されるのが嫌」。そんな声を多く聞いて開発されたのが「フローガ L」です。スノーピークの焚火台Lに装着するだけで、燃える薪から発生する可燃性ガスを再燃焼させる二次燃焼が可能になる優れもの。焚き火特有の匂いや煙をなくします。
スノーピークの2021年新作
高温に耐え、かつ組み立てや収納も簡単です。二次燃焼特有の舞うような炎も見もの。
【基本情報】
  • 商品名:フローガL
  • サイズ:475×475×90(h)mm
  • 重さ:4.8kg
  • 価格:15,600円(税抜)
スノーピークの2021年新作
本体にケースは付属していますが、より丈夫なケースを求める方にはこちらもおすすめです。
【基本情報】
  • 商品名:フローガL 収納ケース
  • サイズ:195×395×180(h)mm
  • 重さ:390g
  • 価格:5,800円(税抜)

みんなで囲んで豪快料理「鉄板焼 エンバーナー」

スノーピークの2021年新作
焚き火を囲みながら食べるスキレット料理やダッチオーブン料理の味は最高ですよね。そんな体験を卓上でも実現してくれるのが「鉄板焼 エンバーナー」です。極厚の鉄板でありながら、本体自体はとても薄くて低いのが特徴。ダブルウォールマグから着想を得て、本体を二重構造にすることで輻射熱を大幅に軽減し、 卓上でも調理のしやすい高さを実現しています。
スノーピークの2021年新作
鉄板を外せば、卓上バーナーとしてダッチオーブン やスキレットも使用できます。分厚い肉やごろっと大胆に切った野菜も、この鉄板なら自宅の庭先などでも難なく楽しめます!
【基本情報】
  • サイズ:360×330×90(h)mm(ホース、器具栓を除く)
  • 出力:2500kcal/h
  • 付属品:グリドル、収納ケース
  • 価格:25,800円(税抜)

優しい灯で室内を照らす「HOME & CAMP ランタン」

スノーピークの2021年新作
家とフィールドの境目をなくすアイテムがラインナップされる「HOME&CAMP」シリーズからは、ランタンが登場。自宅では基本的に照明の場所が固定されていますが、キャンプでは灯りを自由に持ち歩けるもの。「家でもあかりが持ち運べたら、素敵」。そんな発想から生まれました。
スノーピークの2021年新作
大きな特徴は、上下を逆転することで使い方が変えられること。通常時、ランタンの真下は影になってしまいますが、ひっくり返すことによって広範囲が照らせます。小さな工夫がうれしい逸品。
スノーピークの2021年新作
【基本情報】
  • サイズ:[本体のみ]直径124×245mm、[充電台込み]直径130×260mm
  • 重さ:[本体]500g、[充電台]250g
  • 連続点灯時間:[最大光量使用時]4時間、[100lm使用時]23時間
  • 最大照度:300lm 程度
  • 付属品;充電台
  • 価格:13,980円(税抜)

スノピ史上、最大級のロッジ型シェルター「グランベルク M/L」

スノーピークの2021年新作
今回1番の注目アイテム「グランベルク」。「ゆったりと自然を楽しむ、豊かに過ごす」というコンセプトで開発された大人数用シェルターです。Mサイズは4人家族でゆっくり過ごせる広さ、Lサイズは何組かの家族やグループで集まって宴会幕として使うのがおすすめです。
スノーピークの2021年新作

▲写真はLサイズ。

特徴的なのは、サイドウォールが広くメッシュパネルにできること。夏は涼しく開放感ある空間になっています。巻き上げるとさらに広々としたタープのような使い心地に。とにかく床面積が広く、レイアウトも自由自在。コットンのようなポリエステルの生地感や、クラシカルなロッジスタイルが、よりリラックスできる空間に誘います。
スノーピークの2021年新作

▲写真はLサイズ。

【基本情報】
  • 商品名:グランベルク M
  • 付属品:インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又 用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリー バッグ、インナールームケース、フレームケース、 ペ グ ケ ー ス
  • 対応人数:3〜5名
  • 価格:188,000円(税抜)
【基本情報】
  • 商品名:グランベルク M インナーマット
  • 付属品:収納ケース
  • 価格:33,800円(税抜)
【基本情報】
  • 商品名:グランベルク L
  • 付属品:インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又 用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリー バッグ、インナールームケース、フレームケース、 ペ グ ケ ー ス
  • 対応人数:5〜7名
  • 価格:238,000円(税抜)
【基本情報】
  • 商品名:グランベルク L インナーマット
  • 付属品:収納ケース
  • 価格:39,800円(税抜)

タープの既存概念を打ち砕く「メーヴェ L」

スノーピークの2021年新作
オープンタイプのタープといえば、これまでは中央が高く、端が低いのが当たり前でした。ですが、人の導線上となる端が低いと実は過ごしにくいということに気づいたスノーピーク。テーブルが置かれる中央を低く、人の導線上を高くした画期的な形状となったのが「メーヴェ L」です。

さらにレクタとヘキサそれぞれの利点を活かし、地面とタープの距離が短くなるため影が逃げにくく、また雨がタープの下に吹き込みにくい仕様になっています。人がいるところから一番遠い場所に雨が落ちるのもうれしいポイント。正面から見ると羽ばたいているように見えることから「メーヴェ(カモメ)」と命名されました。
【基本情報】
  • キャリーバッグサイズ:78×18×21(h)cm
  • 重さ:4.4kg
  • 対応人数:6名
  • 付属品:自在付ロープ(二又用10m×3、二又用7m×1、3m×2)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
  • 価格:42,800円(税抜)

さらに洗練された、新作が待ち遠しい!

スノーピークの気になる新作アイテムを、ピックアップして紹介しました。どれもこれも、一つ取り入れるだけでキャンプライフがワンランクアップしそうなものばかりです。お気に入りが見つかったら、発売まで随時公式ページを待ちましょう!

公式はこちら:スノーピーク
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード