キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ハンディライトで暗い夜も安全安心!おすすめ商品5選

ハンディライトの画像

出典:Amazon

キャンプなどアウトドアシーンでは、夜の明るさを補うことが大切。ハンディライトは、手元や少し先を照らすのに役立つため、欠かさず用意したいアイテムの一つです。この記事では、暗い時間を快適に過ごすのに不可欠なハンディライトの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。

ハンディライトが活躍するシーン

キャンプサイトでは、夜の明かりが不足しがち。テントの調整や設営をしている間に暗くなってきた場合、スマートフォンのライトだけでは心もとなく感じるでしょう。そのほか、ランタンなどほかの光源の充電不足や電池切れ、就寝後に何かを取り出したいなどの場合にも、ハンディライトが欠かせません。

ハンディライトの選び方

ハンディライトで最も注目したいのは、「明るさ」「電池の持ち」などです。また、散策を考えている場合には、「どのくらいの距離まで照らせるのか」を知っておくとよいでしょう。フラッシュライトなどに用いられる明るさの単位はルーメン(lm)で、目安は以下の通りです。 ・45ルーメン:足元、手元が照らせる ・200ルーメン:一般的なフラッシュライトの明るさ。数十メートル先が確認可能 ・400ルーメン:室内が見渡せる。手元で使うにはまぶしすぎる

キャンプなど アウトドアに持ってこいです。
山に行く時 絶対持っていくべき。
もしも遭難して 夜これを照らしたら かなりの確率で発見されそう。

ハンディライトには、自分が周りを照らすだけでなく、「他人が光を見つける」という用途も考えられます。アウトドアの際、月が明るい場合などには、ハンディライトが不要な場合があるかもしれませんが、万一を考慮して身近に携えておくと安心です。

暗闇を照らすアウトドア向けハンディライト5選

まとめ

ハンディライトは、手に持って活動するのに欠かせないアイテム。キャンプなどのアウトドアでは、1人1本持っていてもよいほどです。ハンディライトは、手のひらに収まり200g以下のものが主流。光源はランプを使っているものもありますが、最近はLEDが主流で充電できるタイプも多い傾向です。状況により、長寿命モードと明るさが強いモードを使いわけて快適な夜の時間を過ごしましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像ジェントス 充電式アルミフラッシュライトFLP-1809オーライト M2R Pro WARRIORシュアファイア E1B BACKUP WITH MAXVISIONストリートライト スコーピオンHLレッドレンザー P7
商品名ジェントス 充電式アルミフラッシュライトFLP-1809オーライト M2R Pro WARRIORシュアファイア E1B BACKUP WITH MAXVISIONストリートライト スコーピオンHLレッドレンザー P7
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事