軽量で組み立て・分解が簡単!ブッシュクラフトの焚き火台を解説

キャンプ用品

ウルトラライトスタンド

出典:Amazon

ブッシュクラフト株式会社から発売された焚き火台「ウルトラライトファイヤースタンド」。フルサイズの焚き火台としては世界で最軽量。さらに組み立ても簡単で、ソロキャンプやツーリングキャンプにも最適。今回はウルトラライトファイヤースタンドについて紹介します。


 目次


ブッシュクラフトの焚き火台とは

ブッシュクラフト株式会社から発売されている焚き火台は「ウルトラライトファイヤースタンド」です。フルサイズの焚き火台としては世界最軽量で、その重さは352g。フルサイズの焚き火台というのは火床の面積が1,500平方センチメール以上の焚き火台のことで、このサイズの焚き火台であれば、ほとんどの五徳に対応します。

また、耐久性能も高く、ウルトラライトファイヤースタンドをうっかり踏んづけてしまっても破損の心配はありません。さらにウルトラライトファイヤースタンドは組み立てと分解が非常に簡単です。組み立て方は火床のメッシュにサイドバーを取り付け、ステーブルスキッドにセットするだけ。収納時の分解方法は焚き火台を捻るだけです。

つまりブッシュクラフトの焚き火台は軽量で、耐久性能が高く、組み立てと分解が非常に簡単な焚き火台といえます。

ウルトラライトファイヤースタンドの特徴

ウルトラライトファイヤースタンドのコンセプトは「直火の代用」。そのため、高さは8cmと低く作られています。素材はフレーム部分がチタンで作られており、火床がステンレスメッシュで作られているため非常に軽いです。また、組み立て分解も簡単なため、荷物を少しでも減らしたいソロキャンプやツーリングキャンプに最適。対応人数は1〜4人なので、家族や友人とのキャンプでも使えます。火床の面積が1,540平方センチメールあるためSサイズからLサイズまですべての五徳に対応。これ1台でさまざまなスタイルのキャンプに対応できます!

部品が破損してもピンポイントで購入できる

ウルトラライトファイヤースタンドは火床のステンレスメッシュ、サイドバー、ステーブルスキッドの3種類の部品で構成されています。焚き火台は火を扱うキャンプギアで、繰り返し使用することで部品が劣化もしくは破損します。部品が1箇所のみ破損した場合、ウルトラライトファイヤースタンドを丸ごと買い直すのは非常にコスパが悪いですが、ウルトラライトファイヤースタンドはパーツごとに販売されているため、破損した箇所のみ購入できます。

ウルトラライトファイヤースタンドで焚き火を楽しもう!

ブッシュクラフトの焚き火台は軽くて丈夫に作られており、組み立てと分解が非常に簡単で、荷物を少しでも減らしたいソロキャンプやツーリングキャンプに最適です。また、直火をコンセプトに作られているため、焚き火をロースタイルで楽しみたい方におすすめ!近年キャンプ場では直火での焚き火を禁止するところが増えていますが、できるだけ直火スタイルに近い焚き火を楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 Bush Craft ブッシュクラフト ウルトラライト ファイヤースタンド 35×44 Ver.1.0 29205 Bush Craft ULFS 35×44 純正 ステンレスメッシュ Bush Craft ULFS 8×44 純正 ステーブルスキッド 2本セット シルバー フルサイズ ULFS 35×44 純正 サイドバー 2本セット
商品名 ウルトラライトファイヤースタンド ステンレスメッシュ ステーブルスキッド 2本セット サイドバー 2本セット
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

焚き火台 アウトドアブランド

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪