ジメジメした今年の夏だからこそ知っておきたい!キャンプで快適に眠るための有能アイテムをご紹介

 ノウハウ

シュラフ

今年は例年に比べて梅雨が長く続きましたが、いよいよ本格的な夏が到来。暑くてジメジメしているこの季節のアウトドアは、特に眠りづらい時期でもあります。「せっかくキャンプに来たのに、快適に眠れず逆に疲れてしまった…」。そんなことにならないように、今回は涼しく快適に眠れるアイテムを紹介します!


 目次


暑くてジメジメ…。快眠できない!

キャンプ場

出典:僕は生き急がない

湿気が多く、気温も高い日本の夏。他の時期に比べ、キャンプで快適に眠ることはハードルが高いもの。標高が高くないキャンプ場では、一睡もできないことがあるかもしれません。せっかくのキャンプでそんなことが起こらないように、快適に眠るためのギアを選んでぐっすり眠れるようにしましょう!

快眠な眠りを作る、お役立ちアイテムはこれだ!

意外と知られていない?シュラフシーツが大活躍!

メインのギアではないシュラフシーツは、暑かったり、湿度が高い時期にぴったりの快眠アイテム。寒い時期にはシュラフの中に入れますが、暑ければ単体でも使えます。ジメジメしていてシュラフを使わずに寝たいけど、体が冷えるから何か掛けるものがほしい…。そんな時に活躍するのがこのアイテム。通気性に優れ、掛けていても苦にならないものが一般的。吸湿性も備えているため、夏の寝苦しい夜にぴったりのアイテムです。

通気性の良い環境を作ろう

暑い時期は、風通りを良くすれば寝苦しさを解消できます。普段はテントを使っている方なら、シェルターやタープで寝てみたり、シュラフからコットに変えてみたりと、風の通り道を意識してみましょう!

体を冷やしてくれるアイテムを使おう

シーツや通気性に頼らなくても、簡単に涼しくなれる方法もあります。それは、体を冷やしてくれるアイテムを使うこと。扇風機や冷えシートなどを使えば、場所や気温に左右されることなく簡単に快適な寝所を作ることができます!

キャンプシーズンを思い切り楽しもう!

テントと青空と湖と入道雲

出典:僕は生き急がない

自然が生い茂って気温が高く、様々なアクティビティもできる今はまさにキャンプシーズンです。せっかく楽しんだのに眠れなくて次の日はしんどい思いをする、そんなことがないように、快適な寝所を作り、思い切りキャンプを楽しみましょう!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪