二輪にも四輪にも!ギアを楽に運べる花岡車輌「フラットカート」がビームスで展開

 キャンプ用品

車からサイトまで距離があると大変なキャンプ用品の持ち運び。テントなどの大型品に、焚き火用の薪、調理道具など、持っていく道具は多岐にわたります。そこで活躍するのがカート。特に花岡車輌(しゃりょう)の新作カートは、状況に合わせて二輪にも四輪にもなる機能性と、他にはない「トランスフォーム感」が注目を集めています。


 目次


業務用カートを製造するメーカーの「趣味向け本格ギア」

物流分野をけん引する日本メーカー

花岡車輌のロゴ

花岡車輌は、産業用や空港用の物流で使える台車やカートを製造する国産メーカー。創業は1933年(昭和8年)と古く、2019年にはプロ仕様の台車「ダンディXシリーズtypeXA」でグッドデザイン賞を受賞。性能だけでなく、デザイン面でも高く評価されています。

趣味向け本格ギアをリリース!

花岡車輌のフラットカート

花岡車輌の新商品のカート「FLAT CART 2×4」は、二輪と四輪の2種類の使い方ができるおしゃれな小型車輌で、自宅やアウトドアでも使えるように設計されています。取り扱いがセレクトショップの草分け的存在、bPr BEAMSという点も興味深いです。

使い方と合わせてスペックをチェック

荷物をたくさん運びたいときは四輪タイプ

車輪径は固定車輪(ハンドルの反対側)が12.7cm、自在車輪(ハンドル側)が8.6cmで、耐荷重は約120kg。頑丈な設計なので、収納ケースやハードクーラーなどを重ねて持ち運べます。

固定車輪側にあるプレートを畳めば、テーブルやハイチェアといった長ものも載せられます。長ものは、一般的なアウトドアワゴンだと飛び出してしまい、運んでいる途中で落ちてしまうことがあるため、安定して持ち運べるのは便利。ハンドルを一番低く調整すれば子どもでも押せるため、親子で協力しながら一緒に運べます。

小回りのきく二輪にもトランスフォーム!

花岡車輌のフラットカート

二輪での使用は、四輪のカートや代車と比べて小回りが利き、ビルやフェスなど狭い場所での移動で活躍。車輪が大きいことから、キャンプ場でのある程度の段差も難なく乗り越えられます。

マンションに住むキャンパーは、細い廊下や狭いエレベーターで、階下まで荷物を下ろすのに苦労しがち。アウトドアワゴンをガラガラと引くより、2輪にしてスムーズに持ち運べたほうが安心です。

花岡車輌のフラットカート

プレートの大きさを考慮すると、小型のクーラーボックスやソフトクーラー、正方形に近い形の収納ケースを運ぶのにちょうど良いです。またハンドルを長めに設定し、スーツケースのような運び方であれば、本体に傾けて運べるので、長ものを載せるのにも便利。二輪での耐荷重は70kg。

まるでトランスフォーマー?!楽ちん収納

花岡車輌のフラットカート

特筆すべきは厚み。収納時のサイズはわずか13cm。車載時の隙間や家の棚などに収納できます。収納方法はいたってシンプル。まずハンドルを畳み、次に本体下にあるレバーを引いて後輪を収納すれば完了です。

花岡車輌のフラットカート

公式ホームページにこの収納方法が掲載されており、わずか5秒で収納するシーンは圧巻。手軽に扱えるのはもちろん、ガチャガチャとパーツを操作し、トランスフォームさせるのも楽しそうです。

【基本情報】
商品名:FLAT CART 2×4
4輪時サイズ(約):幅38.5×奥行63×高さ20cm、ハンドル高67、79、91cm
2輪時サイズ(約):幅38.5×奥行25(有効22.5cm)、ハンドル高110、122、134cm
収納サイズ(約):幅38.5×奥行13×高さ64cm
重さ(約):7.4kg
価格:13,200円(税込)
商品の詳細はこちら:花岡車輌
予約受付はこちら:bPr BEAMS

一般発売は10月下旬。予約も受付中

フラットカート

出典:花岡車輌

二輪と四輪の2種類の使い方ができ、収納力にも優れたFLAT CART 2×4。一般発売は10月下旬の予定で、現在ビームスの公式ホームページで予約を受け付け中。アウトドアワゴン以上に使い勝手の良い台車をお探しの人は、購入を検討してみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

アウトドアブランド 特集

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪