おうちキャンプアイテムならおまかせ!キャプテンスタッグの担当者に聞くおすすめギア【アウトドアにStayhome】

 キャンプ用品

キャプテンスタッグのアイテム

幅広いアウトドアアイテムを展開する総合アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」。自宅でアウトドア気分を楽しむ「おうちキャンプ」で活用できるアイテムも多数あります。今回は広報の吉田直城さんに取材し、家はもちろん、外でも積極的に使いたくなる3つのおすすめアイテムを教えてもらいました。


 目次


総合アウトドアブランドの自負

キャプテンスタッグのロゴ

鹿のロゴでおなじみのキャプテンスタッグは、新潟県三条市を拠点する総合アウトドアブランド。約1万点を製造しており、「業界トップレベルの品ぞろえ」を誇ります。近年は家でも外でも使えるおしゃれなアイテムのラインナップも拡充しており、キャンパーの間でも存在感を高めています。

キャプテンスタッグが教える家でも外でも使える3アイテムとは!?

今回取材を受けてくれたのは、キャプテンスタッグで広報を担当し、新潟を拠点に多様なアウトドアを趣味にする吉田直城さん。おうちキャンプでおすすめのアイテム3点を厳選してもらうとともに、アウトドアブランドならでは新型コロナウイルスへの取り組みも教えてもらいました。

吉田直城さん

キャプテンスタッグ広報担当

吉田直城さん

広報・web担当。キャンプやカヌー、バイク、カメラなど、アウトドア全般なんでも楽しんでます!

テント石田

hinata編集部

テント石田

キャンプや登山にも行けず、ギアばかりポチっとしてしまう日々。

ブラックラベルアルミ背付きベンチ+アルミ背付きベンチ用リラックスクッションカバー

黒の「鹿ベンチ」

まず吉田さんがまっさきにおすすめするのが、オールブラックバージョンのブラックラベルアルミ背付きベンチ(通称鹿ベンチ)と、専用の「クッションカバー」(写真下)の組み合わせ。簡易的に広げられるのに、ソファーと同様の座り心地を体感でき、家でも快適にアウトドア気分が楽しめます。

キャプテンスタッグのベンチ
吉田さん

吉田さん

約20年の歴史ある鹿ベンチですが、初めてフレームまで塗装をしたモデルです。専用のクッションカバーをつければ、家のソファも必要ないぐらい。キャンプでも家のリビングのようにくつろげます!

テント石田

テント石田

ベンチとクッションを合わせて1万円ほどなのも、これからキャンプで使いたい人にもうれしいですね!

キャストアルミホットサンドトースター〈IH対応〉

キャプテンスタッグのホットサンドメーカー

おうちキャンプで使う人が増えているホットサンドメーカー。キャプテンスタッグの「キャストアルミホットサンドトースター」はアルミキャストにステンレス鋼を挟むことでIHに対応。オール電化の家でもキャンプの朝食の定番、ホットサンドの味が楽しめます。

吉田さん

吉田さん

IH対応ではないホットサンドメーカーは、ハンドルの重さで五徳に載せるとかたむくこともあります。こちらはステンレス鋼を挟んでいるので重さがあり、安定感があるのが特長です!

テント石田

テント石田

焼く部分が上下に分かれるので、食パン以外の調理にも活躍しそうです。

吉田さん

吉田さん

小さめのフライパンとしても使えるので、ウインナーや餃子など、いろいろな料理が手軽にできますよ!

ダッチオーブン22㎝

キャプテンスタッグのダッチオーブン

キャンプで使う調理器具の代表格が「ダッチオーブン」。鋳鉄であるダッチオーブンも、IHに対応しています。無水で弱火で放っておくだけで、うまみを閉じ込めたオーブン料理が簡単にできます。

吉田さんによると、料理に鉄分が溶け出すため、鉄分不足の補足にも最適。野菜を皮の付いたまま料理するのがおすすめ。旨味や栄養をそのまま閉じ込め、圧力鍋のようにトロトロにやわらかくなった素材を楽しめます。普段から家でも使っておくことで、さびを防ぐシーズニング効果も。たまのキャンプにも使いやすくなり、一石二鳥です。

吉田直城さん

吉田直城さん

キャンプ感を味わうには、やはりダッチオーブン。野菜の形がなくなるまで煮込んだコクのあるカレーが私の定番料理です。

テント石田

テント石田

まずは落ち着いて料理ができる家で、キャンプ料理のレシピを考えたり、試したりして、次のキャンプで披露できるといいですね!

アウトドアメーカーだからできる貢献

医療現場で必要な物資が足りなくなる中、大阪大はクリアファイルで作る「フェイスシールド」のパーツの3D図面(知的財産)を無償公開。キャプテンスタッグもこれに賛同し、さらに呼気による結露を防ぐ改良版を開発しました。3Dプリンターがなくても、テントロープを使うことで代用できる案とともに、キャプテンスタッグの公式サイトで公開しています。

▼キャプテンスタッグのフェイスシールドについての動画はこちら

テント石田

テント石田

フェイスシールドで呼気の抜けまで考えているのは、アウトドアメーカーならではです。

吉田さん

吉田さん

アウトドアメーカーとして、一からプロダクトデザインをできるのが、キャプテンスタッグの大きな強みです。作り方は動画にまとめてあるので、医療関係者の皆さんにぜひ活用してほしいと思っています。

子供のためのおうち時間にも配慮

キャプテンスタッグが公開しているペーパークラフト
キャプテンスタッグが公開しているペーパークラフト

キャプテンスタッグは、おうち時間の応援のため、「ペーパークラフト」のデータも無償公開。5月の第1弾は「紙相撲」と「キャンピングカー」。今後、毎月新しいアイテムを公開する予定です。キャプテンスタッグ公式サイトでダウンロードできます。

吉田さん

吉田さん

次回の公開は6月はじめを予定しています。あの有名商品も、ペーパークラフトで再現されるかもしれません!?

キャプテンスタッグが伝えたいこと

テント石田

テント石田

もちろんアウトドア派の吉田さんですが、自宅ではどのような「おうちキャンプ」を楽しんでいるのでしょうか?

吉田さん

吉田さん

庭でのバーベキューですね。こんろが汚れないように、我が家は網でなく、鉄板を愛用しています。

テント石田

テント石田

細かいところまで考えているのが、アウトドアマンならではですね。多くの地域で緊急事態宣言も解除されましたが、家にいる時間は新型コロナウイルスが感染拡大する前より長くなりそうです。早く存分にアウトドアを楽しみたくはないですか?

吉田さん

吉田さん

キャンプは、自然の中に身を置いて、各々が「楽しみ」を見つける遊びです。どんな環境でも、いろんな「楽しみ」を見つけて遊べるのが本当のキャンパー!どんな時でも、人生を楽しみましょう!

テント石田

テント石田

家でも外でも使える多種多様な商品を取りそろえているキャプテンスタッグのアイテムなら、おうち時間が充実しそうです。

吉田さん

吉田さん

アウトドアブランドとしてGO OUTSIDEをテーマにしていますが、 今はSTAY HOME、ENJOY LIFE!家の中でアウトドアアイテムをいろいろ試して、本番のキャンプに備えてみてください!

家でも外でも楽しもう

総合アウトドアブランドとして、家でも外でも楽しめるアイテムを多数展開しているキャプテンスタッグ。今年からは地元、新潟県三条市にある八木ケ鼻オートキャンプ場のネーミングライツを取得。気軽に遠出ができるようになったら、山と川に囲まれたこのキャンプ場に、吉田さん一押しのアイテムを家から外に運び出してみてください。

キャプテンスタッグのアイテムが気になる!

公式サイトを見る→

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪