異色のガレージブランド「sanzoku mountain」がキャンパーを魅了する理由

 キャンプ用品

sanzokuのキャンプギア

Instagramから火が着いた横浜発のガレージブランド「sanzoku mountain(サンゾクマウンテン)」。“心地よい焚き火”をコンセプトに掲げる同ブランドのオリジナルギアは、質実剛健そのもの。焚き火台やランタンハンガー、トライポッドなどは全て鉄で精製。ほぼメンテナンス不要で、錆びは経年変化として楽しむ考えです。それでいて壊れない頑丈さ。キャンパーの感性を刺激するプロダクト思想と、他の追随を許さない無骨なデザインは、どのようにして生まれたのでしょうか。


 目次


2人のキャンパーが自作

無いモノは作る

焚き火で調理

sanzoku mountainを立ち上げたのは、横浜市に住む渡會誠治さんとSANZOさん。2人とも建築関係の仕事をしているキャンパーです。焚き火は直火テーブルにローチェア。火を間近で見て感じるスタイルでした。ある日、焚き火をそのまま料理に使いたいと考え、三角形の五徳を自作。普段から木材や鉄を扱う2人ならでは視点でした。

改良を重ね製品化

焚き火テーブルの進化系「derutas」

sanzokuのderutas

derutaは建築資材L形アングルから精製した焚き火テーブル。建築技術を応用し、溶接するなどして改良を重ねました。足の長さを180mm、270mm、350mmの3パターンとし、スタッキングも可能に。さらに強度を確保するため、溶接からレーザー加工の一体型へ。こうしてderutaの進化版「derutas(デルタス)」が誕生しました。

繊細な炎に心奪われる焚き火台「mouncos」

丸型の焚き火台マウンコス

2017年から開発に取り組んでいたのが、丸型の焚き火台「mouncos(マウンコス)」。燃える炎が目視できるように、穴開け加工を施した焚き火台です。美しく繊細な炎の線に心を奪われるデザイン。近年、直火禁止のキャンプ場が増えている中、極力直火に近い形で焚き火を楽しむために作られました。

sanzokuの焚き火台で調理

大人数で焚き火を囲うために作られたのがLサイズの「mouncol(マウンコル)」。そしてSサイズとLサイズの中間にあたるMサイズ「mouncom(マウンコム)」を立て続けに開発。ユーザーがそれぞれの楽しみ方を写真に収め、インスタグラムをにぎわせています。

無骨なランタンハンガー「shock」

ランタンハンガーshock

ランタンハンガーはそもそも種類が少なく、どれも上品なデザインばかりでした。「もっと無骨でビンテージ感があるものを」との思いから作られたのが「shock(ショック)」です。くの字に曲げたランタンハンガーは、ランタンが美しく見えるような設計。また、重心も計算されており、絶妙なバランスでキャンプサイトを魅せます。

sanzoku mountainリアルアドバイザーで、自身もsanzokuユーザーである、アウトドアインスタグラマーjawscj7さんは「どれも自分好みのデザインに仕上がっている。shockはランタンとの相性が抜群。吊るすハンガー自体もしっかりデザインされている。例えばderutasは焚き火台をまたぐように使って火力の調整ができるなど、sanzoku mountainのギアは使い方が自由。ユーザーのフィーリングに応える設計で一生使えるキャンプギア」と太鼓判を押しています。

職人の知識と熱意

趣味の領域を超え

sanzokuの焚き火台

渡會さんとSANZOさんは趣味の延長でギアを開発していました。ところが生産には当然、コストがかかります。改良を重ねたギアは、自身たちだけではどうすることもできず、鉄工所に依頼するようになりました。多くの時間とコストをかけており、一時は生産を止めることも考えたそうです。

最終的に2人が出した答えは「徹底的にやる」。「職人の道具に対する熱い気持ちがあった。決して、お互いの建築業をおろそかにするつもりはない。本業もsanzoku mountainも全力を尽くす」(SANZOさん)。とはいえ、当初は不安があった2人。ただ、Instagramで拡散されて多くの人が見てくれるようになり、試行錯誤を重ねた職人の知識と熱意が形になったギアの知名度は、今もなお拡大し続けています。

“火”は消えない

夜闇で揺れる焚き火

sanzoku mountainのギアは、ブランドHPオンラインストアと、一部のガレージストアサイトのみで販売。一つひとつを手作業で生産しているため、大規模な販売チャネルの確保は控えています。「目標とするブランドは無い。他と同じことをしないのがsanzoku mountain」とSANZOさん。現在は“食”に着目し、shockを利用した「山賊焼き」などの提案をしています。

取材を終えて

一度灯した火を消さない職人は、キャンプ場でのフィールドテストに余念がありません。現場でインスピレーションを得て、職人の技術でモノを生み出すガレージブランド、sanzoku mountain。多くのキャンパーが魅了される理由は、二人の妥協なき姿勢にありました。

公式オンラインストア:sanzoku mountain

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪