テントファクトリーのテーブル全種を解説!2020年最新まとめ

 キャンプ用品

出典:楽天

テントファクトリーのテーブルは様々な種類があることをご存じでしょうか?天然木を使用した温かみのあるウッドラインシリーズや無骨なデザインのメタルメッシュシリーズ、キャンプには欠かせないスタンダードモデルのキャンピングファニチャーシリーズなど、テーブルについてご紹介します。

LINEの友だちを追加

 目次


テントファクトリーのテーブルの魅力

出典:楽天

「アウトドアブランド」と聞くと「モンベル」や「コールマン」などの有名ブランドが思いつきますが、「テントファクトリー」もアウトドアブランドのひとつです。「テントファクトリー」の最大の魅力はリーズナブルな価格帯で高品質なアイテムが揃っているところではないでしょうか。今回は便利で高品質な「テントファクトリー」のテーブルの魅力に着目して魅力をお伝えします。

ホームセンターやアウトドアショップでよく見かけるテーブルはスチール製のタイプが多いです。「テントファクトリー」は天然木を使用した温かみのあるテーブルを販売しており、キャンプでの無骨なイメージから温かみのあるゆったりした時間を演出してくれます。また、焚火をグルっと囲んだタイプのテーブルや天板をメタルメッシュにした軽くてシンプルなデザインのものまで取り揃えているのが特徴です。

「コールマン」から販売されている120cmのアルミスチール製のテーブルが約12,000円ですが、「テントファクトリー」の120cmのメタルメッシュテーブルは約8500円前後で販売されています。価格が安いからといって品質が低いわけでもないのは利用する側としては嬉しいですね。

テントファクトリーテーブルの口コミをブログでチェック!

出典:楽天

メインテーブルが1つ変わるとサイトの雰囲気は大きく変わります。

最近ではベージュやブラウン系カラーのテントやタープが多くなってきているのでそれらのカラーに合うようにメインテーブルをアウトドアの雰囲気に馴染みやすいウッドテーブルにすることでサイト全体の印象もアップすることでしょう。

とりカマキャンプ

食事を取る際に囲うメインテーブルが変わると雰囲気が大きく変わるようです。温かみのある天然木のテーブルに変更すれば、キャンプサイト全体が温かみのあるキャンプを楽しむことができそうです。逆に無骨でシンプルなデザインのものに変更すると、シンプルでオシャレな雰囲気を出すことができるでしょう。所持しているテントや道具に合わせても良さそうです。

大きくて丈夫なので使い勝手はとてもいいです(^-^)
欠点は大きいのでパッキングが面倒で、メンテしないと金属部が錆びる気がします

いつでも持って行くとは限りませんがいいテーブルじゃないかな~

mikan.のバイクブログ

いくらデザインが良くても、使い勝手が悪くては意味がありません。テーブルは大きい方が使い勝手が良さそうですが、パッキングに工夫が必要になります。使ったあとはしっかりとメンテナンスをして長く使えるようにしておきたいですね。製品自体が丈夫で多少雑に扱っても壊れないようです。

テーブルとして使ってみて、このFDテーブルシェルフのうりでもあります、前側の棚は

この棚があってすごく便利でした~。とか思いませんでしたので、残念でなりませんw

あってもなくてもいいんじゃねwみたいな感じヾ(°∇°*) オイっ。

でも、ないよりは、あったほうがよかったはず。と一応書き添えておきますw

キャンプですよ!笑って楽しくやってます

FDテーブルに小さい棚がついたタイプのFDテーブルシェルフですが、特に決まった使用用途はありません。アイデア次第でとても役に立つ棚に変身できそうです。キャンプへ行くたびにいいアイデアが浮かぶかもしれませんね。

テントファクトリーのテーブルの種類

ウッドラインのテーブル

出典:楽天

「ウッドライン」シリーズは天然木を使用して作成したキャンプファニチャーです。ユーカリ、ポプラ、ヨーロッパケヤキ、プライウッド(合板)の4種類の素材を使用しています。天然木の温かい雰囲気をそのままにデザイン設計されており、様々なキャンプシーンだけでなく、室内にも合うデザインとなっています。プライウッド(合板)を使用したモデルは自由に色を塗ったり絵を書いたりとカスタマイズが可能です。加工は難しいですが、自分オリジナルのデザインを作ってみてはいかがでしょうか。

スチールワークス

出典:楽天

「スチールワークス」シリーズは熱に強い金属製のテーブルで、高温なものも気軽に置くことができます。デザインは無骨でシンプルなメタルメッシュ天板を採用しており、シンプルでオシャレな空間を作り出します。焚火を囲うように設置できるシリーズは囲炉裏スタイルでキャンプを楽しめます。折り畳んで持ち運びが可能ですが、金属製ということもあり重量はそこそこあります。専用のキャリーバッグが販売されているので利用するのも良いですね。

キャンピングファニチャー

出典:楽天

「キャンピングファニチャー」シリーズはキャンプで必要になるテーブル、チェアーのラインナップがあります。小さく折り畳める天板のメタルメッシュのテーブルは、高さが2段階に調整できる2WAYタイプです。天板が耐熱、耐水仕様のハードコートを施工したテーブルセットや、天板にメタルトレイが設置された便利なモデルなどたくさんの便利なテーブルがあります。チェアーは定番のディレクターチェアから2人掛けチェア、ベンチチェアなどスタンダードモデルも多く取り扱っています。

ウッドラインのテーブル

ユーカ

ウッドラインZEL

プライユニット

ウッドライン

「ウッドライン」シリーズだけでキャンプに必要なテーブル、チェア、ラックが揃います。テント内を温かみのある雰囲気にしたい場合は、やはり「ウッドライン」シリーズを選びたいですね。天然木のテーブルを目の前に大自然の中でキャンプを楽しむのも良いのではないでしょうか。

スチールワークスのテーブル

スチールワークス プレート

スチールワークス ラス

キャンピングファニチャーのテーブル

メタルメッシュ

無骨でシンプルなデザインの「メタルメッシュ」シリーズですが、シンプルながらの格好良さがあります。シンプルなデザインが好きな方にはたまらないシリーズではないでしょうか。メタルメッシュシリーズでキャンプ道具を揃えてみるのも格好良いですね。

ハードコート

スリムエックス

スパイダー

テントファクトリーのテーブルをチェック!

テントファクトリーのテーブルの魅力はいかがだったでしょうか?自分の好みに合わせて、ウッドライン、メタルメッシュ、キャンピングファニチャーと選ぶことができそうですよね。私個人の好みとしては、やはり天然木を使用したウッドラインが魅力的に感じました。ぜひキャンプでの楽しみ方、演出のしかたなどテーブルを使って変えてみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪