キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

本格的な登山でも軽くて安心!おすすめのエスパースのテント6選

エスパース

手軽なキャンプも楽しいのですが、キャンプをしていると徐々に本格的なキャンプや登山などのアウトドアに挑戦したくなります。過酷なキャンプの際には、持っていくアイテムはできる限りコンパクトで軽いものがおすすめ。そんなアウトドアにおすすめのエスパースのテントをご紹介します。

エスパースのテントは軽くて収納性も抜群!

エスパース

出典:Yasuo/flickr

本格的な登山キャンプをする場合、よりシビアの荷物選びが必要となります。日程が1日で終わらないことも多く、食料などの荷物が増えてしまうからです。場合によっては、持っていく道具によって、進退に影響するリスクもあるので、慎重になる必要があるでしょう。 特にテントや寝袋といったかさばりやすいキャンプギアは、できる限りコンパクトなものが求められるのです。コンパクトに収納できれば、空いた隙間に他の食料や飲料などを増やすことができます。さらに、軽量であればあるほど、道中の移動が楽になるでしょう。エスパースのテントは、軽量でコンパクトになるということで、本格的な登山キャンプでよく採用されています。

65Lの2気室のザックにとりあえず詰めてみました。おおむね10Kgになります。下のほうには、ダウンシュラフ3個。上には、ニーモのインフレータブルマット2個。210cm×120cmに切った2mm厚の銀マット2枚。カッパ上下。ソロクッカー1個。山専ボトル0.8L。
その隙間にちょうどテント本体が入りました

実際に購入した方も、その高い収納性を評価しています。

エスパースのテントは意外に居住性が高い

コンパクトなテントにつきものの悩みとしては、居住性が悪くなってしまうということです。コンパクトにするためには、一般的なキャンプのようなテントと比べると高さを低くして、コンパクトにできるようにする必要があります。 さらに、山の天気というのは荒れやすく、場合によっては突風が混じる嵐となることもあるでしょう。そのようなときに、背丈の大きなテントであれば、最悪の場合テントが壊れてしまう恐れがあるのです。 エスパースのテントは、安全性を考慮しながら、高さを確保しているため、比較的居住性が高いのが魅力の一つです。快適に過ごせるので、登山で疲れた体をしっかり休ませることができるでしょう。

エスパース・デュオ アルティメイト、こちらはテント高で居住性を高めています。床寸法はモンベルステラリッジ テント2型と同じ210×130ですが高さが115cmとモンベルステラリッジ テント2型より10cm高くなります。

実際に購入した方も、高さがあることを大変評価しています。

本格的な登山キャンプにおすすめのエスパースのテント6選

まとめ

本格的な登山キャンプをするのであれば、梱包もしやすく持ち運びも楽な、軽量でコンパクトなテントが必要不可欠となります。エスパースのテントは、非常に軽く小さく梱包できるだけではなく、機能的にも優れているので多くの方が愛用しています。ぜひ、検討をしてみてはいかがでしょうか?

今回紹介したアイテム

商品画像ESPACE(エスパース) エスパース・マキシムナノ 1-2人用ESPACE(エスパース) エスパース・マキシムナノ 4-5人用ESPACE(エスパース) デュオアルティメイトESPACE(エスパース) マキシムフライ 1-2人用ESPACE(エスパース) ソロアルティメイト(レインフライ付)  ESPACE(エスパース) スーパーライト Plus4-5人用(レインフライ付)
商品名ESPACE(エスパース) エスパース・マキシムナノ 1-2人用ESPACE(エスパース) エスパース・マキシムナノ 4-5人用ESPACE(エスパース) デュオアルティメイトESPACE(エスパース) マキシムフライ 1-2人用ESPACE(エスパース) ソロアルティメイト(レインフライ付) ESPACE(エスパース) スーパーライト Plus4-5人用(レインフライ付)
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事