【キャンパーこだわりの逸品】キャンパーの個性が光るDIYギア 後編

 ノウハウ

出典:Instagram(@goodluck_field_camp)

インスタグラムで、おしゃれでこだわりがつまった写真を投稿しているキャンパーさんに取材をする企画【キャンパーこだわりの逸品】。今回は、キャンパーさんの個性やこだわりがつまった「DIYギア」の後編です。キャンパーさんのDIYギアには、どのようなこだわりがあるのか、見てみましょう!


 目次


個性やこだわりがつまったDIYギアを聞いてみました!

インスタグラムにはおしゃれで、こだわりがつまったキャンプ写真がたくさん投稿されています。【キャンパーこだわりの逸品】DIYギアの後編では、フォロワー数を問わず、目を引く「DIYギア」の写真を投稿をしているキャンパーさんにお話をうかがいました。こだわりのつまったDIYギアは、どれもレベルの高いものばかり!ギアをDIYすることが好きな方や、これからDIYに挑戦したい方は、ぜひ参考にしてみてください☆

前編をご覧になりたい方はこちら!

キャンパーこだわりのDIYギア!

@goodluck_field_campさんのDIYギアは?

   

出典:Instagram(@goodluck_field_camp)

キャンプ場で美味しいごはんを食べることがキャンプの楽しみだという@goodluck_field_campさん。キャンプで食べる料理はいつもより美味しく感じますよね!料理が好きな@goodluck_field_campさんは、ゆっくりと料理を作る時間も楽しんでいます。設営の時から、周りの木や景色・状況・風向きなどを考えながら、どの方向から見ても自分が気に入るスタイルにしているそうです。

そんな@goodluck_field_campさんのDIYギアは、テーブルです!

   

出典:Instagram(@goodluck_field_camp)

@goodluck_field_campさんは、料理を並べた時、家族みんなで座った時に、どのくらいの大きさや高さがあったらいいのか、という点にこだわりローテーブルとハイテーブルを作成したそうです。また、テーブルの脚は持ち運びがしやすいよう、取り外しが可能になっています。DIYでは、自分が求めているテーブルを作れるところが良いですね!

スダ(@suda_nobu)さんのDIYギアは?

   

出典:Instagram(@suda_nobu)

ソロキャンプや奥さんとのデュオキャンプを楽しんでいるスダさん。休みの日以外は忙しいことが多いというスダさんは、キャンプ中はなるべく仕事のことを忘れ、ゆっくりと過ごしているのだとか。また、キャンプで使用するギアは自作したものが多いため、キャンプへ行くたびに使い心地を確かめ、改造したり新たに作ったりしているそうです。

そんなスダさんのDIYギアは、ミニムササビタープです!

   

出典:Instagram(@suda_nobu)

ムササビタープがヘキサになるよう、ミニタープを連結しています。ムササビタープの出番が無くなり、なんとかアレンジして広く使いたいと思い、ミニムササビタープを作ったそうです。こちらの写真は風の強い日に張った様子だそうですが、しっかりと安定させ使用することができたのだとか。なによりも、見た目がとてもかっこいいですよね!ミニムササビタープ単体でも使用ができるため、ソロキャンプでも活躍必至です◎

TERU(@t.s_craft)さんのDIYギアは?

   

出典:Instagram(@t.s_craft)

基本的に、アイアンギアを自作しているTERUさん。以前は、その無骨なデザインや存在感を重視していたそうですが、現在はソロで使えるコンパクトかつ便利なギアを考えて自作しているそうです。なんと、サンゾクマウンテンの焚き火台以外はすべて自作ギアなんだとか!キャンプ中に声を掛けられたり、インスタグラムでつながったキャンパーさんとキャンプをしたり、色んなキャンパーさんと交流されています。初対面の方が多い中、焚き火を囲んで大好きなお酒を飲みながらお話をするのが最高の時間だそうです。

そんなTERUさんのDIYギアは、焚き火ハンガーです!

   

出典:Instagram(@t.s_craft)

焚き火ギアの置き場に困るという悩みを解決したい、立ったり座ったりという動作を減らしたい、という想いから作られた焚き火ハンガー。チェアに座ったまま、手を伸ばせば欲しいものにすぐ手が届くという点や、アイアンだけれど軽くてコンパクトになり、ソロにも持っていけるという便利な点にこだわったそうです。また、焚き火ハンガーの定番である丸鋼を使わず、あえて角鋼を使うことにより、無骨感を強調したそうです。材料にまでこだわり、自分好みの雰囲気に合ったギアを作ることができるところもDIYの魅力ですね!

Yukkyna(@mokkochums)さんのDIYギアは?

   

出典:Instagram(@mokkochums)

家族5人でキャンプを楽しんでいるというYukkynaさん。子どもたちには原体験が大切だと考えおり、都会では学べないことを自然の中で学べるところがキャンプの魅力だと語ってくれました。また、キャンプやスノーボードなど、夫婦で同じ趣味を持つことも夫婦でいつも仲良くいられる秘訣なのだそうです!

そんなYukkynaさんのDIYギアは、りんご箱をリメイクしたBOXです!

   

出典:Instagram(@mokkochums)

自分達のオリジナルになるように、ステンシルなどで装飾をしているところにこだわりが感じられますね!蓋を付けることで、収納時や積載時に積みやすくなり、簡単なベンチとして代用も可能になったそうです。木材でできている分、少し重いのがたまにキズですが、収納力があるうえ、お家にそのまま置いていてもオシャレなところが気に入っているのだとか。りんご箱のナチュラルな雰囲気は、コットンテントやタープとの相性も抜群ですね☆

まとめ

インスタグラムで素敵な写真を投稿しているキャンパーさんに、こだわりがつまったDIYギアをうかがいました。今回は、DIYが得意なキャンパーさんが抱く、材料や装飾へのこだわりや、思わず真似したくなるDIYアイデアを見ることができました!次回の【キャンパーこだわりの逸品】もお楽しみに☆


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

DIY キャンプスタイル

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪