次世代バッグ!?アウトドアでもタウンユースでも使える「Shupatto(シュパット)」の魅力を紹介!

 キャンプ用品

バックが並んだ画像

出典:Instagram(@marna_inc)

キャンプ初心者、キャンプ経験者関係無く、キャンプグッズはアイテムが多いと考えている方も多いのではないでしょうか?それもそのはず。テントやギアの他にもバーベキューなど、食材だって必要になりますよね。少しでも持ち物を減らすためにもひとつで二役こなす、保冷バッグを使ってみるのはいかがですか?


 目次


キャンプの買出し、冷やすために移し替えるなんて面倒……

食品を入れている画像    

出典:Instagram(@marna_inc)

キャンプ飯といえばアウトドアの楽しみのひとつ!そのためには食材の買出しは必要不可欠。気合を入れて、ついついたくさん買い込んでしまうこともあるかと思います!ここでの落し穴は、冷やして保存するためにはクーラーボックスに入れ替えなくてはならないこと。これが地味に大変ですよね。そこでおすすめしたいのが「Shupattoの保冷バッグ」。それでは、魅力を紹介します!

Shupattoの保冷バッグがオシャレなのに優秀!

ピクニックランチをしている画像    

出典:Instagram(@marna_inc)

Shupattoの保冷バッグはこんなメリットがある!

通常のソフト保冷バッグといえば、銀色でスクエア型のいかにも保冷バッグ!というもの。しかし、Shupattoの保冷バッグなら何処にでもお出かけできるデザインです。さらに、普段の買出しに使うマイバッグとして、キャンプシーンであれば、買出しした際に保冷バッグに移し替える手間がいらない!という、大変便利なアイテムなのです。

大容量で普段の買出しからキャンプの買出しまでこなす

内側の素材はアルミ蒸着生地を使用し、冷やしておきたい飲料、傷みやすい食材などを数時間保存することができます。耐荷重は5kgで1Lのペットボトルが5本入り、サイズは約35×28㎝(Mサイズ(Sもあり))と容量も十分です。ピクニックやキャンプのように運ぶ物が多く、保冷が必要なシーンで大活躍間違いなしです!

個性的なデザインがキラリとヒカル!

カバンを背負っている画像    

出典:MARNA

幅広いウエアに対応できるカラバリ

カラーバリエーションはレッド、ネイビー、ストライプの3種類。普通のバッグと同じようにコーディネートを楽しめるのも、Shupattoならでは。デイリーからアウトドア、レジャーまでカバーできて、服に合わせやすいのも嬉しいポイントです。

一味違う個性的な形状で差をつける

トートといえば布と布を貼りあわせただけのデザインか、マチ付きが一般的。しかしShupattoではジャバラの独特なパターンを採用しているため、背負ったときの見え方が一味違います。デザイン性を兼ね備えつつ、実用性にも優れた個性派に変身です!

秀逸な設計!とにかく機能的!

バッグの折り畳み方の画像    

出典:MARNA

出し入れが自由自在なコンパクト設計

何と言ってもコンパクトに収納できるShupattoは名前の通り「シュパッ」と簡単に一瞬でたたむことができるのが特長。緻密に設計されたデザインは中身を出して、端を引張ることでジャバラにたたまれ、さらに丸めることでかさばらないコンパクトさを実現しました!

役に立つメッシュポケット搭載

内側にはメッシュの内ポケットが付いており、保冷バッグとして使う場合は保冷剤、普段使いなら小物入れとして使用できます。

まとめ

大きなクーラーボックスで場所を取られないためにも、収納できる保冷バッグを選びたいですね。これなら荷物は増えないし、マイバッグ、レジャーとして活用できるのでおすすめです。効率的な保冷バッグを使ってみてはいかがかですか?

賢く使えば一石二鳥!

保冷バッグについてはこちら


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪