hinata

>

アクティビティ

>

ハイキング

>

塩の道トレイルで歴史文化や自然にふれてみよう♡日本海から太平洋へ③

塩の道トレイルで歴史文化や自然にふれてみよう♡日本海から太平洋へ③

 アクティビティ

松本城

出典:Takeshi KOUNO / flickr

計11のコースがある塩の道トレイルですが、どれも魅力があり、できることなら全部挑戦したくなります。とはいえ、時間に限りがある方は、エリアをある程度限るのもひとつの方法。コース9~11と3つのコースを併せて楽しんでみませんか?美術館もあれば、神社や松本城などの歴史スポット、もちろん北アルプスの景色も楽しめますよ。


 目次


コース9~11の紹介...の前に!

前回、前々回の記事を見逃したという方はこちらをチェック▽

コース9~11の紹介

【コース9】散歩道を聴く、芸術の道 / 信濃松川駅~穂高駅

コース:信濃松川駅~池田~追分~貝塚~穂高神社~穂高駅
歩行距離:10.5km
標高差:74m

このコースには美術館や博物館も多く、芸術の道と言われています。追分からは有明山の景観を存分にお楽しみください。

   

Instagram (@fivestar.netcafe)

まず、信濃松川駅を出発して、しばらくいったら池田の辺りに浄念寺史跡があります。明治初期に、宮本の神宮寺の本堂を移したものなどです。その近隣にある十王堂史跡は、池田宿の南北入口にあり、共に宿場の主語のために祀られたという言い伝えが残っています。

   

Instagram (@combat08)

道の駅池田では、ハーブ苗やハーブ特産品を販売しているので、立ち寄ってみてはいかが?高瀬橋の上は、北アルプスの絶景を堪能できるスポットなのでお見逃しなく!

   

Instagram (@cipher100)

穂高駅近くにある碌山美術館は、東陽のロダンとして知られる近代彫刻家・萩原碌山の個人美術館です。そして歴史を感じさせる穂高神社も、おすすめスポットです。散歩しながらの10.5kmは、あっという間に感じられるかもしれません。

【コース10】農地を散策、生命の道 / 穂高駅~豊科駅

コース:穂高駅~穂高神社~柏矢町~成相~熊倉の渡し跡~豊科駅
歩行距離:9km
標高差:17m

   

Instagram (@momoyama2)

標高差はほとんどなく、開けた道を歩きながら北アルプスを望めて、気分爽快!わさび農場やそば畑など、農地らしい風景も満喫できます。穂高神社から柏矢町に向かう途中に、安曇野わさび田湧水群を発見。北アルプスの雪解け水が湧き出ています。

   

Instagram (@noguchibiyousitu)

柏矢町から成相に向かうとき、途中にある豊科近代美術館では、近代彫刻の巨匠・高田博厚と森鴎外ゆかりの画家・宮芳平の作品を常設展示しています。アートと堅く考えることなく、観て楽しめたらそれでOK!また、バラの花が美しい庭園にも惹きつけられます。

【コース11】城下町が佇む、繁栄の道 / 豊科駅~松本駅

コース:豊科駅~下田~養老坂~塩倉池~松本城~松本駅
歩行距離:8km
標高差:194m

国宝の松本城が聳え立つ城下町は、水が豊富に流れる街中散策も楽しめます。この松本城あたりでは、源智の井戸史跡を要チェック!城下町ができる以前から飲料水として人々に親しまれてきた名水です。

   

Instagram (@maruk127)

仏法寺のすぐ近くにある熊倉の渡し跡は、昭和30年代まで渡し舟があったところ。主要街道といえば、穂高から熊倉に出て養老坂を越えて松本、でした。そのとき、川を渡るために渡し舟が必須だったのです。古道の面影がある養老坂は、松本市アルプス公園内の散策道になっているので、お時間ある方は立ち寄ってみてくださいね。

   

Instagram (@cla_cima)

松本城近くにある、旧開智学校も観光スポットとして外せません。明治6年に開校した旧制小学校で、日本で最も古い小学校のひとつ。何とも趣のある素敵な小学校で、国の重要文化財にも指定されているのも納得。

   

Instagram (@umeme666)

そして、いよいよこのコースのメインともいえる松本城です。現存する五重六階の中で、日本最古という国宝の城。北アルプスの山々を背景に水堀に姿を映す天守は、まさに絶景です。さらに漆塗りの黒と漆喰の白のコントラスト、月見櫓など、見所がいっぱい!松本城の歴史や伝説も盛りだくさんなので、知れば知るほど興味深くなるでしょう。

塩の道トレイルを安全に楽しむために

現在はだいぶ市街化が進み、かつての塩の道をたどるのも難しい箇所もあります。塩の道に精通したガイドが付くツアーもあるので、不安がある方はぜひ活用してください。糸魚川エリアガイド、小谷村エリアガイド…といったように、それぞれの地域に根差したガイドたちがいます。地域の魅力をより深く知りたい、という方にもおすすめ。

   

Instagram (@5894mdiayiuki)

公式マップや観光マップは、トレイルを散策する際に必須アイテムです。とはいえ、災害などで道が崩れて危険箇所になることも、ないとはいえません。あくまで、マップは参考ツールとして活用すること。あとは、自分で判断するようにしましょう。

そして、歩いている最中に、ハチやマムシ、イノシシや熊と遭遇することも考えられます。事前に市町村のホームページなどで最新情報を入手し、少しでも危険だと思ったときは、トレイルを見送ることも必要です。塩の道トレイルを安全に楽しむためにも、無理なことはやめてくださいね。

おわりに

塩の道トレイルは情緒たっぷり。歴史遺産や北アルプス山脈などの雄大な自然、目の前にどこまでも広がる田園風景と、塩の道の歴史を感じながら歩く時間は、とても贅沢なひととき。ときには、せわしい日常から離れて、エネルギーを充電することも必要です。古き良き時代に思いを馳せながら、塩の道トレイルを歩いてみませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

トレイルラン ハイキング


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪