hinata

>

アクティビティ

>

ダイビング

>

ダイビングに温泉に!東京から50分で行ける離島、魅惑の八丈島

ダイビングに温泉に!東京から50分で行ける離島、魅惑の八丈島

 アクティビティ

ダイビングで両手を広げる男性

出典:Pixabay

飛行機で1日3便、羽田から55分で行ける魅惑の島。それが八丈島です。世界的に有名なダイビングスポットであり、冬でも黒潮の温かい水温でたくさんの生き物に出会えます!ダイビング初心者でも楽しめる八丈島の魅力や、実際に潜るために必要なレンタルなどのノウハウを紹介します!


 目次


八丈島はこんな所!

八丈島の地図    

出典:八丈島観光協会

伊豆諸島の島のひとつ、八丈島。行政区分では東京都ですが、一年を通して暖かい気候でダイビングを始め、海と山のアクティビティを存分に楽しめます。島全体が富士箱根伊豆国立公園に指定されており、三原山と八丈富士の2つの火山を有するひょうたん型をした島です。

八丈島へのアクセス方法は飛行機か船の2つ!

東京から飛行機で...55分!

飛行機の窓から見た空と飛行機の羽    

出典:Pixabay

東京羽田空港からひとっとび!直行便での飛行時間はおよそ55分です。1日3便運行しています。あっという間に八丈島に到着です。

1日1便、のんびり派には船の!

大型の船    

出典:Pixabay

八丈島には船でも行けます。ただし、こちらはおよそ11時間と長い船旅になることを覚悟して!

平均気温17.2度!『常春の島』八丈島の気候

アロエの花が咲く冬の八丈島

八丈島のアロエ    

出典:八丈島観光協会

『常春の島』と呼ばれているだけあって、冬にアロエの花が咲き誇っています。平均気温17.2度はだてじゃありません!トロピカルな眺め、南の島でバカンス♡ここが日本の、しかも東京都だなんて面白いですね。

どの季節も海を見ながらヨガ!

海をバックにヨガをする女性    

出典:Pixabay

八丈島ではいつも温かいからこそのツアーが、いつでも企画されています。
その中でも女性に人気があるのは、海を眺めながらのヨガタイム!自然の中で気持ちよく深呼吸して、からだの中からリフレッシュしましょう!11月でも薄着でいられる温暖な亜熱帯気候のおかげで、日頃こわばりがちな関節もゆるりと伸びそうです。

そんな自然の癒しパワーに満ち溢れた八丈島でのダイビング。期待に胸膨らみます!

ダイバーの憧れ!八丈島ダイビングの魅力とは

   

Instagram (@kadonoyuki)

“八丈ブルー”という言葉、ダイビングに詳しい人なら聞いたことがあるかもしれませんね。

島の周辺全てがダイビングポイントと言っても過言ではない八丈島の魅力。それは、自然が織りなすダイナミックな海底アーチ、黒潮が育む多種多様な海の生き物たち、そして八丈ブルーの海...。一度体験すると、その魅力に誰もがはまってしまいます。多くのダイバーが毎年通い続けてしまうのも、納得の美しさがそこにあります。

八丈島で会える希少な海の生き物たち

八丈島の海には、700種類以上もの生物が生息していると言われています。透明度60mを誇る青い青い海の中、たくさんの命の輝きを間近に感じられるのが魅力です。

友禅織の美しさをまとうユウゼン

   

Instagram (@uiui.88)

ユウゼンは、世界で八丈島と小笠原にしか生息していないとされる、日本の固有種です。からだの模様が友禅染に似ていることから“ユウゼン”と呼ばれているそう。群れになっている様子をダイバーの間では「ユウゼン玉」と呼んでいます。

ウミガメとこんなに近くで泳げるなんて♡

   

Instagram (@aya.tamura.98)

八丈島では島の周りにたくさんのウミガメが生息しています。人を怖がらないので、ダイビング中に近距離を泳いでいるウミガメに出会うことも多いそう。世界の楽園、ハワイではウミガメはご先祖様の化身、守り神だと信じられ大切にされていますが、日本でもウミガメと一緒に泳げる海があるんですよ!

ザトウクジラ!

ジャンプするザトウクジラ    

出典:Pixabay

なんと、なんと!ザトウクジラの目撃情報が近年増えているそうです。ザトウクジラは標準的な個体では体長が11~15m、体重30tほどになる中型のクジラです。一年をかけて回遊する習性があり、南極周辺から繁殖時期には赤道近くのオーストラリアなどへと移動しています。

八丈島では2015年11月頃から姿をたびたび目撃されているそうで、2017年のお正月にも目撃情報がありました。出会えるのは稀なことだそうですが、もし出会えたらラッキーです!

これでも東京都!美しいサンゴが生きる海

   

Instagram (@kakkokani)

サンゴは海の中で石のようにじっとしているので、植物の仲間のように見えますが、実際は小さな動物が集まって作られた生命体のコミュニティなんです。固く石のように見える部分はサンゴの家のようなもので、生命体であるサンゴたちはこの家の中で生きていて、流れてくるプランクトンなどを食しています。

サンゴは美しい海でしか生きられないというのはよく知られています。八丈島のサンゴがいつまでも見られることを願ってやみません。

カメラ好きにはたまらない!カラフルな海野生き物たち

他にも多種多様な生き物に出会えます。ここからは色とりどりな八丈島の海の生き物を一気に紹介します!

サクラコシオリエビ

   

Instagram (@rankichi___photo)

一眼レフのマクロ撮影を利用。マクロで見ると、海の世界はより幻想的に見えてきます。

セソコテグリ

   

Instagram (@komakoma95jp)

キリンミノ

   

Instagram (@akaisaki.regulus)

キンチャクガニ

   

Instagram (@akaisaki.regulus)

キカモヨウウミウシ

   

Instagram (@rankichi___photo)

コンガスミとワレカラ

   

Instagram (@tmaezawa)

ツバメウオ

   

Instagram (@mo_saka0425)

八丈島でダイビングを楽しむには?

1.ダイビングショップに問い合わせ、予約する

公衆電話    

出典:Pixabay

まずは、八丈島にあるダイビングショップに問い合わせをして、器材の予約などの手配を行います。八丈島に着いてからダイビングショップを探し回るのは時間のロスが大きいので、必ず出発前、飛行機や船の手配と合せてダイビングの申し込みも行っておきましょう。

八丈島観光協会のサイトには、安心して利用できるダイビングショップが多数リンクされています。潜ってみたいポイントの近くにあるダイビングショップから問い合わせてみてください。

詳しくはこちら:八丈島観光協会

2.ダイビング前日は体調管理をしっかりと!

ログハウスのベッドで寝る女性    

出典:Pixabay

予約した時間に遅れないように、ダイビングショップに到着するようスケジュールを確認しておきましょう!当日の朝は早いです。前日はしっかり睡眠をとって、体調を整えてください。

3.いよいよダイビング!当日の流れ

砂浜に置かれたフィン    

出典:Pixabay

体験ダイビングの場合、まずダイビングショップに着いたら担当のガイドやダイバーさんと挨拶し、大まかな行程を確認、注意事項や器材の使い方など簡単な講習を受けます。そしてウェットスーツに着替え、エントリーポイントの海岸に向かいます!

八丈島の海岸はビーチポイントが多く、ダイビングをする際のエントリーは階段やスロープなど整備された場所からが入水することがほとんどです。いきなり船上からダイブしたり、ゴツゴツした岩の上を重い器材を背負って歩かなくても良いので、ダイビング初心者や体験ダイビングに挑戦したい人にも向いています。

   

Instagram (@ruriko1013)

体験ダイビングの場合、海に潜っていられる時間はタンクの酸素量でおよそ20~30分と設定していることが多いです。ダイビングショップや予約内容によっては、潜水を1日に2回ほど行うこともあります。

ダイビングが終わったら、ショップに戻って着替えて終了となります。
詳しくは各ショップにて確認してくださいね。

ダイビングだけじゃない!一年中楽しめる八丈島のアクティビティ

八丈島のほぼ全域が富士箱根伊豆国立公園に指定されています。そんな自然豊かな八丈島で楽しみたい観光情報を集めてみました。

1日600円の温泉チケットで八丈島温泉巡り♪

   

Instagram (@nikumaruko_chan)

島全体が活火山である八丈島は、温泉巡りができるほど島の随所に温泉があります。海を臨む展望風呂や足湯、秘境ムードの温泉など、どの温泉も個性的。

1日600円で温泉巡りができる温泉周遊券は、各温泉、八丈町保健福祉センターで販売しています。各温泉の営業日など詳しくは、八丈島観光協会のHPで確認できます。

詳しくはこちら:八丈島観光協会

八丈島でNO.1の観光地、底土海水浴場(そこどかいすいよくじょう)

   

Instagram (@aiaiai.sakana)

透き通った青さから“八丈ブルー”と讃えられる、八丈島の海。島の周りにはぐるりと海水浴場が設けられています。

7月1日の海開きから始まる海水浴シーズンになると、一番にぎわうのがこの「底土海水浴場」です。海水浴場から少し上がったところには、無料でキャンプ泊が可能な底土野営場があります。テントを張って、海水浴にバーベキューという過ごし方もできます。バーベキュー道具は、予め八丈島観光協会に申し込んでおくと有料で貸し出してくれます。

八丈富士でトレッキング

八丈富士でトレッキングをする人    

出典:八丈島観光協会

八丈島の豊かな自然を堪能できるトレッキングは、季節を問わずいつでも楽しめます!海を眺めながら、美しい緑の中を歩けるのできっと特別な思い出となることでしょう。

八丈富士は、ひょっこりと海に浮かぶひょうたん島ならではの、雄大なパノラマビューと広い空を堪能できます。

   

Instagram (@heremaohi)

八丈島には、ジャージー牛という種類の乳牛がたくさんいます。ここ「八丈富士ふれあい牧場」は、八丈富士の7合目にある牧場です。7合目まではドライブで登っていって、牧場内をゆっくり散策すれば、ふれあい牧場からは八丈島の空港、市街地、三原山、底土港、八重根港など島の全てを一望できます。

のんびりとした島の雰囲気そのままに放牧されている牛さんたち、見ているだけで癒されますね。

八丈島灯台を散策

   

Instagram (@peeeeeyama)

海を見ながら灯台まで散策するのは気持ち良さそう!景色を楽しみたい場合は、日の高い午前中のうちに散策しましょう。

また、灯台から少し離れた島の北端あたりにある「大越鼻展望台(おおごしはなてんぼうだい)」もおすすめです。白い灯台と見渡す限りの海、小島、トロピカルなアロエ園といった景色が望めます。

グルメにも注目!

亜熱帯気候で育まれた自然のめぐみ。海の幸、山の幸。八丈島は美味しいものの宝庫です!

ジャージーカフェのソフトクリーム♡

   

Instagram (@ig3082)

八丈島空港からほど近く、八丈植物公園を望む場所にある八丈島ジャージーカフェ。ここで食べられるソフトクリームは、八丈島の「ゆーゆー牧場」で自然放牧で育てられているジャージー牛の生乳のみを使っています。

牧場にあるのは、搾乳棟のみ。牛たちは天気が良ければ日向ぼっこをしながら海風に吹かれ、雨が降ったら森でお昼寝...。牛舎のない自然そのままの環境でのびのびと育つ牛たちからお裾分けしてもらった牛乳やモッツァレラチーズ、一度は味わってみたいです!

詳しくはこちら:八丈島乳業株式会社

皮ごと食べられる!八丈島フルーツレモン

   

Instagram (@23_duetre)

大きさの違いがわかりますか?左側が一般的なレモンで、右側の大きい方がフルーツレモン。超特大サイズのこのフルーツレモンは、八丈島のレモン生産農家さんが年月と手間ひまかけて品種改良し、水やりを欠かさず樹上で完熟するまで育てたものだそう。

そのおかげで皮は甘酸っぱく、丸ごと食べられるので皮に含まれる機能性成分もしっかり補給できるのだとか。八丈島でも冬の季節限定で出回る、とっても貴重なフルーツです。

島寿司

   

Instagram (@shimasyasinbu)

八丈島名物の「島寿司」は、醤油だれで漬けたメダイなどを、甘みが強めの酢飯と一緒に握ったもの。特徴的なのは、辛味はわさびではなく練りがらしという点。昔はわさびが手に入らなかったので、その代わりに練りがらしを使っていたそうで、その名残だと言われています。

まとめ

島全体が国立公園に指定されている、自然豊かな八丈島。東京から約300㎞と近く、羽田から飛行機でわずか55分で行ける穴場のリゾート地です。一年を通して水温も高く、体験ダイビングにも最適!一眼レフカメラで海の生き物を撮影してみたり、自然がつくる海底ケーブを探索したり。海に潜らない日はトレッキングや温泉巡り、グルメと楽しみ方は無限です!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集

  • テントのレンタル開始

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

5
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪