hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

コレで電池長持ち!気になる登山中のスマホ使用術って?

コレで電池長持ち!気になる登山中のスマホ使用術って?

 アクティビティ

スマホの画面

出典:MIKI Yoshihito / flickr

今や登山のときも、スマホはマストアイテムです。ですが、普段と同じ使い方ができると思ったら大きな落とし穴も。ちょっとした注意点さえおさえれば、いざというときにスマホが使えないという事態も避けられます。登山中、スマホを活用するためのポイントをまとめました。


 目次


登山中でも使えるスマホのメリット

裏向きに置かれたスマホ    

出典:Norio NAKAYAMA / flickr

登山中にスマホがあると、心強いことはたくさん。電話ができるだけだけでなく、ほかにもさまざまなメリットがあるのです。では、どんなメリットがあるのでしょうか?

緊急時の備えに

木が生い茂る山    

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

スマホを含め携帯電話の一番のメリットは、緊急時に活躍してくれること。万が一のときに誰かと連絡をとることができるのは、心理的にもかなり落ち着けるというメリットがあります。

例えばケガをしててしまい動けなくなったとき、道に迷ってしまったとき、もし1人だったら?携帯電話があれば所轄警察署や110番に連絡し、救援を求めることができます。スマホの場合は現在位置を知り、自分がどこにいるか、どのルートが正しいのかを知ることができるので携帯電話と比べてもかなり便利です。

登山経験者が語る、ひとりで危険な状況に陥ったときの対応法が気になる方はこちらもチェック▼

アプリで現在地や天気などがわかる

暗闇でスマホを触る人の手    

出典:Japanexperterna.se / flickr

山と高原地図は、スマホのアプリでもあります。便利なのは、電波が届かないところでもGPSで現在地がわかるところ。地図を広げるよりも便利という人もいるかもしれませんね。

そして、気になる天気を調べることもできます。何時から雨が降るかなどわかっていれば、それに合わせて登山中の行動スケジュールを変更することもできるので、登山される方にとっては大助かり。もし、これから向かうところに滑りやすいガレ場や鎖場などの危険箇所があって、数時間後が悪天候の場合、引き返す決断をとることもできます。

便利な登山地図、気になる方はこちらもチェック!▼

スマホ1台で自然を堪能できる

スマホで撮影した空    

出典:Kenichiro MATOHARA / flickr

周りに人工の光のない山なら最高の夜空を観察可能です。スマホを持っていれば、山での満天の星を眺めながら、あの星の星座は何だろうとアプリで調べることもできるのです。行動中に見かけた珍しい植物が気になったら、植物のアプリでチェック!ということも。せっかくの登山、天気予報アプリの他にも自然を楽しむことのできるアプリも入れておくと、楽しさが倍になりますよ。

登山中のスマホの扱い方

山の天気は変わりやすいので、たとえ天気予報で滞在期間がずっと晴れであったとしても、防水ケースを持参した方が安心です。防水ケースを購入する際は、ケースの上からタッチスクリーンの操作をしやすいか要チェック!操作性が悪く、袋から出して操作しなければいけないなんて意味がありません。

登山中、注意すべきはスマホの電波

2台のスマホ    

出典:Motohiko Tokuriki / flickr

以前よりは登山中でも電波がつながりやすくなりましたが、それでも視界が開けないところや高山になると、電波がつながらないこともあります。たとえ電波がつながらなくてもオフラインで使えるGPSのアプリをインストールしていれば、現在位置を把握できるので、事前にアプリを入れておきましょう。

登山中スマホの電池を長くするためのコツ

電源が入っていない2台のスマホ    

出典:Norio NAKAYAMA / flickr

こんなに便利なスマホですが、電池が切れてしまったらただのお荷物同然。登山中はスマホの充電を切らさないためにも、電池には細心の注意をはらいましょう。

登山中のスマホの充電は、予備の充電バッテリーがほとんど。山小屋では、登山客も多く、コンセントをプラグに差しての充電は難しいと思っていた方がいいでしょう。つまり、もし二泊三日だったらほぼ三日分の予備の充電バッテリーだけで持たせないといけないのです。電池が切れないようにするため、様々な方法をご紹介しましょう。

登山中、思わず足を止めて写真を撮りたくなるような壮大な風景に出会うこともあります。そんなときは、スマホで撮るのではなく、デジカメで撮ることがポイントです。写真を撮るときスマホを使わないだけでも、かなり電池を節約できますよ。

機内モードの活用やモバイルデータ通信のオフ

スマホのバッテリー    

出典:TAKA@P.P.R.S / flickr

機内モードに設定しておけば、スマホが電波を探さなくなるので、電波を探すための無駄な電力を節約できます。電波を探すためにつかう電池もばかにならないので、これだけでも結構な節電になります。機内モード中は電話もできませんので注意しましょう。

通話がかかってこなくなるのは困るという方は、モバイルデータ通信だけでもオフにするのをオススメします。モバイルデータ通信を切っておくとインターネットは使えませんが、通話は可能になります。ただし、メールやインターネットは使えないので、自分に合った方法で電池を節約したいですね。

気になる山小屋事情はこちら▼

スマホの画面を暗くする

少しでもバッテリーの減りを遅くするためも、スマホの画面を暗くしてみましょう。画面が明るければ明るいほど、電池の減りは早くなります。明るいうちは液晶画面を暗く設定しておいても良いのではないでしょうか。自動で液晶の明るさを調整してくれる機能もありますが、その機能も意外と電池を消費するので、簡単に設定を変更できる方は切っておくのが良いでしょう。

充電バッテリーや予備電池を忘れずに

そして充電器はもちろんのこと、予備電池も忘れずに、持参しましょう。日数に応じて、最低限の予備電池を持参すること。必要以上に予備電池を持参すると、荷物が重くなってしまうので気を付けてください。

まとめ

登山中の風景    

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

登山中の現在位置や天気の把握など、必要な情報収集をメインにして、ほかは控えめにすることで、スマホの電池の減りも防げるはず。

そして、せっかく大自然の中にいるのですから、いつもよりSNSなどで友達とのやりとりを減らしてみませんか?大自然を満喫できるという贅沢な環境の中で、のんびり過ごしたり、ほかの登山客と交流したりできるのも、楽しみの一つ。スマホを上手に活用しながら、楽しく安全な登山にしたいですね。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山 ハイキング


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪