hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

登山ガイドと行くツアーを活用しよう!憧れの山にも挑戦できる♪

登山ガイドと行くツアーを活用しよう!憧れの山にも挑戦できる♪

 アクティビティ

出典:arataman / flickr

憧れの山に行ってみたいけど、まわりにそこまで登山経験者いないし・・・というときは、登山ガイドツアーを活用してみるのはいかがでしょうか?これを読めば、登山ツアーがどんなものか、メリット・デメリットもわかります。選択肢の一つとして、登山ツアーも加えてみるのもいいかも?


 目次


登山ツアーを利用しよう!

登山ツアーは、モンベルやノースフェイスなどのアウトドアショップや旅行代理店が開催するツアーのことです。登山ガイドの人が、同行してくれる登山ツアーについて、具体的にご紹介します。

登山ガイドって?

登山ガイドの人は、登山のスペシャリスト!ただ登山するだけでなく、疲れにくい歩き方や、植物などいろんなことついて教えてくれます。

登山ガイドと山岳ガイドの違い

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

登山ガイドと山岳ガイドって同じ事でしょと思う人もいるかもしれません。でも、実は、ガイドできる範囲が違うのです。登山ガイドは登山道のみ、一方山岳ガイドは岩場などの危険個所も対象になります。山岳ガイドの方が取得するのは難しいので、まずは登山ガイドをとってから山岳ガイドにステップアップするという人も少なくないようです。

さらに、一度ガイドの資格をとれたからといって、永久に有効ではありません。3年毎に更新する必要があるので、そのたびに研修に参加しなければいけません。登山ガイドや山岳ガイドは、お客さんたちの命を預かる大事な仕事だともいえるので、常に研究熱心であり、スキルを高めることが求められているのです。

登山ツアーってどんなもの?

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

難易度別に分かれているので、初心者でも申し込みできるのが、登山ツアーです。地図の読み方や高山植物の知識、水分補給のとり方などは、登山に関する本や雑誌でも、知ることはできます。でも、実際に登山をしながら教えてもらうことは、比べ物にならないほど頭に入るし、貴重な体験になります。

   

出典:Wei-Te Wong / flickr

例えば、クラブツーリズムでは、女性だけの登山ツアーも充実しています。専属の女性登山ガイドが同行するので、同性ならではの安心感もあります。男性がいないから、ペースもゆっくり。もちろんグルメにもこだわり、美味しいモノ大好きな女性の期待に応えてくれます。

登山ツアーには、日帰りもあれば、泊まりもあります。最初からいきなり泊まりの登山ツアーにするより、まずは日帰りで慣らしてみるのがオススメです。日帰りツアーを何回か経験したら、泊まりのツアーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

登山ツアーのメリットとデメリット

   

出典:arataman / flickr

登山ツアーには、メリットもデメリットもあります。とはいえ、一度は体験してみることで、より自分に合うかどうかわかるはず。

安心感がある

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

やはり、プロの方がいるという安心感です。1人もしくは友達との登山のときと、気持ちが全く違うはず。ましては初めて挑戦する山だったら、なおさら安心感があります。

いろんな山に行ける

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

登山ガイドツアーを検索してみると、実にいろんなツアーがあります。自分では行こうと思ったこともない山もあるし、憧れの山もあれば、ちょっと遠くて行くのを諦めていた山もあるでしょう。1人では心細くても、ツアーならば行ってみよう!と思えるのが魅力です。

交通アクセスが便利

   

出典:Ryosuke Sekido / flickr

こういったツアーは、アクセスが便利なことが多いです。人数が多いため、専用バスで登山口まで行けたり、タクシーで相乗りしたりと、乗り換えなしでスムーズに登山口までアクセスできるので、面倒な手間がかかりません。

山友達ができる

いろんな山に一緒に行ける山友達がほしいという方には、ツアーはぴったりです。もちろん、参加者の年齢や性格は様々なので、必ずしも相性の合う山友達ができるとは限りません。でも、実際に一日もしくは数日の行動を共にすることで、参加者の絆が深まり、心の距離は縮まることでしょう。

山の知識が増える

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

登山ガイドの方は、本当に知識が豊富です。なるほど!と思うことや、山を楽しむための知識が身に付いて、自分にとっての自信にもつながります。ほかの参加者からも、いろんなことを教えてもらえることがあるので、山での活きた知識が格段と増えるはず。

費用は若干割高

もちろん、デメリットもあります。ツアーだから、交通や食事面でも楽できる分、費用は若干割高になります。そして、早めに予約する必要があるので、突然今週末のこのツアーに参加したい!と言っても、無理なことも多いでしょう。人気ツアーだと、すぐに満員になることも。気になっているツアー会社やアウトドアショップのツアー情報は、マメにチェックすることをオススメします。

マイペースに行動できない

例えばここでちょっとのんびりしていこうとか、お昼はもうちょっと後がいいかな・・・。などマイペースな行動はもちろん無理です。みんなとペースを合わせて行動するので、それが苦になる人にとってはキツいかもしれません。

登山ガイドツアーで登山する際の注意点

   

出典:陳姿宇 MEGU CHEN / flickr

登山ガイドツアーということは、ほかにも参加者がいるということ。みんなで気持ちよく登山をするためにも、迷惑をかけないように、いくつかの点に注意する必要があります。

体調不良のときは無理しない

まず、これは鉄則です。せっかくツアーに申し込んだから・・・と無理して行っても、みんなに迷惑をかけてしまいます。体調不良の状態で登山すると、事故にもなりかねません。残念ですが、体調不良のときは無理をせずゆっくり休み、また次の機会に万全の体調で臨みましょう。

登山するのは自分

登山ガイドさんがいるからといって、くっついていくという気持ちだと危険です。あくまで、登山するのは自分という意識を忘れずに。そのためには、事前にある程度の運動をして、体力をつけておくことも大事です。そして、自分が登山する山の最低限の知識は頭に入れておくこと。ガイドブックや地図で、事前にルートを確認しておいたり、荷物に不備はないか確認をすることも、必須です。一般の観光ツアーとはまったく違うものということを、よく理解しておかないと、ほかの参加者にも迷惑をかけてしまいます。

おわりに

メリットもデメリットもありますが、登山ツアーを経験したからこそ得ることができるものは、たくさん。自分の行動の幅を広げるきっかけでも、山友達をつくるきっかけでも、OK!登山を楽しみたいという気持ちがあるならば、まず一度登山ツアーを体験してみませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪