hinata

>

ライフスタイル

>

旅行

>

この冬行くなら銀山温泉!大正ロマンな温泉街に引き寄せられるそのわけとは?

この冬行くなら銀山温泉!大正ロマンな温泉街に引き寄せられるそのわけとは?

 ライフスタイル

山形県尾花沢市の温泉街・銀山温泉

出典:Tomoaki INABA / flickr

山形県尾花沢市の山深い中にある温泉街・銀山温泉。銀山川の両岸に大正~昭和初期に建てられた大正ロマンあふれるレトロな木造三階建、4階建の温泉旅館が建ち並び、ガス灯が灯る夕暮れ時にはまるでタイムスリップしたような別世界が広がります。NHKドラマ「おしん」の舞台となったことでも知られる銀山温泉は、豊富に湧き出る原泉、重要文化財に指定された旅館、地物の美味しいお料理と魅力が満載。この冬、情緒あふれる銀山温泉に足を運んでみてはいかがですか。


 目次


銀山温泉とは?

山形県尾花沢市の温泉街・銀山温泉    

出典:Tomoaki INABA / flickr

江戸時代初期にこの山形県尾花沢で栄えた大銀山「延沢銀山」に由来する銀山温泉。開湯は寛永年間で、銀山で働く工夫が、銀山川に沸く温泉を発見したことによります。銀山が閉山した後には、湯治場として賑わいましたが、大正2年に起きた銀山川の大洪水により、温泉街は壊滅しました。

しかし、昭和元年に行われたボーリングによって高温で多量のお湯が湧出し、温泉場としての賑わいを取り戻したのです。この時に建てられた洋風の3~4階建て木造建築の旅館は、昭和61年に制定された「銀山温泉家並保存条例」によって、現在でもノスタルジックな風情ある景観が残されているのです。

ほかのどこよりも銀山温泉!その理由

ライトアップされた山形県尾花沢市の温泉街・銀山温泉    

出典:tyoro / flickr

奥州街道から山間部へ12kmにある銀山温泉は、世間とは隔絶された桃源郷。銀山温泉の人気の秘密は、魅力溢れる景観、豊富な湯量の温泉、グルメの3本立て。中でも、景観は国内のみならず海外から訪れる観光客に人気です。ジブリのアニメ「千と千尋の神隠し」を彷彿とさせる洋風木造建築のレトロな旅館が立ち並ぶ街並みは、訪れる人を大正ロマンの世界へと誘います。

また、立ち並ぶ旅館の壁や戸袋に描かれたカラフルな鏝絵(こてえ)は一見の価値があります。これは、大洪水後の建て替え時に、各旅館が豪華さを競って施したもの。そして、歩道や旅館の入り口に敷き詰められている可愛いタイルも見逃せないポイントです。

この湯に入るべし!

   

Instagram (@eri_mat21)

銀山温泉に湧き出る温泉の泉質は、ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)です。出羽の名湯として知られる温泉の色は湯花が混ざった乳白色で、少し塩味があり、硫化水素臭がします。効能は、火傷、切り傷、筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、五十肩、打ち身、挫き、冷え性、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症、神経痛、病後回復、完成消化器病、疲労回復、健康増進となっています。

銀山温泉の温泉街の入口にかかる白銀橋の近くには、無料で利用できる足湯「和楽足湯(わらしゆ)」があります。まずは、ここで大正ロマンに思いを馳せながら旅の疲れを癒しましょう。のんびり歩いても20分ほどの温泉街には、2カ所の共同浴場と時間で貸し切ることができる貸切浴場があります。また、日帰り入浴が可能な温泉宿も多いので、宿泊できない場合でもお湯を楽しめるところが嬉しいですね。銀山温泉で日帰りの場合にも堪能できるお湯を紹介します。

女子には嬉しい貸切の共同浴場「おもかげ湯」

   

Instagram (@lulu_ms915)

源泉に一番近い貸切家族風呂の共同浴場です。4~5人が入浴できるサイズの浴槽で、50分間貸切にできます。女子会、ファミリー、カップルでのんびり気兼ねせず銀山温泉を堪能できます。向かい側にある「はいからさん通り」で受付をして入浴します。

■料金:50分 2,000円
■営業時間:10:00~17:00
■TEL:0237-28-3888

地元の人に愛される共同浴場「かじか湯」

   

Instagram (@mistadonut)

銀山温泉街の真ん中にありどこか懐かしさを感じる無人の共同浴場です。カランもシャワーもありませんが、熱めの源泉が豊富に出ている贅沢なお風呂です。

■料金:300円
■営業時間:8:00~19:00

入るなら2階のお風呂を「しろがね湯」

   

Instagram (@tyokop)

銀山温泉街入口近くにる2階建ての三角形の可愛いデザインの共同浴場です。1階と2階は男湯、女湯の交代制で、2階からは温泉街の景色を楽しめます。

■料金:500円
■営業時間:8:00~17:00

露天風呂からの絶景を見るには「瀧見館」

   

Instagram (@7m2106573)

四季折々の景色が楽しめる温泉街の一番奥にある旅館です。露天風呂から見ることができる滝の眺望が素晴らしいと評判の瀧見館には、日帰り入浴プランがあります。入浴+打ちたて・茹でたてのお蕎麦がセットになっている日帰りプランは、滝が見える開放感のあるお風呂と尾花沢の名産を堪能できます。宿泊すれば、川魚料理などの郷土料理を楽しめます。

■住所:山形県尾花沢市銀山新畑522
■TEL:0237-28-3399
■HP:瀧見館

この宿に泊まるべし!

   

Instagram (@shioring1006)

銀山温泉は、銀山川を挟んで両脇に温泉街が広がります。わずか200mほどの温泉街には、13件の旅館が所狭しと立ち並びます。電線ケーブルが地中化された美しい街並みの温泉街は、川風に吹かれながら浴衣と下駄でのんびり散策するのにピッタリ。情緒たっぷりの宿で古き良き時代に思いを馳せてみてください。

1日4組限定の宿「旅籠いとうや」

   

Instagram (@march_fb)

1階と2階にある源泉掛け流しのお風呂は、露天風呂・内風呂ともに貸切風呂となっていて、プライベートな空間でゆっくりお湯を堪能できる旅館です。旬の食材を活かした料理と温かいおもてなしが嬉しい宿です。

■住所:山形県尾花沢市銀山温泉447
■TEL:0237-28-2025
■HP:旅籠いとうや

天空の露天風呂で景色を堪能「昭和館」

   

Instagram (@derekchau.mo)

延沢銀山の麓にあり細やかなサービスに定評がある旅館です。木造風の3階建ての外観はそのままに、館内は鉄筋コンクリート6階建てにリニューアルされています。最上階にある天空の露天風呂にもエレベータで行かれるという嬉しい心遣い。旬の食材を活かした懐石料理も楽しみの一つです。

■住所:山形県尾花沢市銀山温泉
■TEL:0237-28-2151
■HP:昭和館

隈研吾デザインで知られる「藤屋」

   

Instagram (@kyongood)

銀山温泉の中心に建つデザイナー隈研吾氏の手による旅館です。お洒落でかつ街並みにマッチしたデザインの旅館は、入り口を入ると間接照明と竹を利用した美しい空間が出迎えてくれます。それぞれ趣向の違う5つの貸切風呂があり、ゆっくりと温泉を堪能できます。女性限定宿泊プラン、エステなど女子にはうれしいプランも人気です。

■住所:山形県尾花沢市銀山新畑443
■TEL:0237-28-2141
■HP:藤家

温泉情緒を堪能できる「旅館 永澤平八」

   

Instagram (@hidesuyooooo)

大正14年に建築されたレトロな旅館では、客室からは四季それぞれの銀山温泉の街並みを楽しむことができます。古き良き和モダンの館内には、年代物の家具や女将こだわりの小物内装類が並び、大正ロマンを身近に感じることができます。空いている時にはいつでも利用できる貸切露天風呂とこだわりの料理が気分を盛り上げてくれます。

■住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑445
■TEL:0237-28-2137
■HP:旅館 永澤平八

女子会プランが人気仙狭の宿「銀山荘」

   

Instagram (@kata_ay)

銀山温泉で一番広い露天風呂、東北唯一の露天寝湯風呂が自慢の旅館です。温泉街の手前にある静かな旅館です。大浴場は、露天風呂、内湯、露天寝湯の他に岩盤浴もあります。また、半露天寝湯付きの部屋と山形産黒毛和牛のしゃぶしゃぶがセットされた女子会プランは大満足間違いなし。

■住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑85
■TEL:0237-28-2322
■HP:銀山荘

この食事を味わうべし!

   

Instagram (@chiaoallen222)

銀山温泉の各旅館が提供する食事もとても美味しいものですが、やはり銀山温泉を訪れたらノスタルジー溢れるお店で地元ならではのグルメも堪能したいもの。銀山温泉でのイチオシグルメをご紹介します。

情緒たっぷりのそば処「伊豆の華」

   

Instagram (@himucl)

古民家を再生した歴史を感じられるそば処です。尾花沢のそば粉「最上早生」を使った手打ちそばが人気です。

■住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑440
■TEL:0237-28-2036
■営業時間:11:00~22:00(そば処は15:00まで)

滝も堪能できる「瀧見館」

   

Instagram (@kirisamesport)

尾花沢といえばそばの名産地として知られています。旅館の豪華な料理も魅力ですが、湯上がりには冷たいそばも粋です。挽きたて、打ちたて、ゆでたての十割そばが楽しめます。

■住所:山形県尾花沢市銀山新畑450-1
■TEL:0237-28-2164
■営業時間:11:00~14:00

こだわりのルーが決め手「スワローネ」

   

Instagram (@akymkzak1985)

レトロな和風建築の旅館「古勢起屋別館」の1階にあるカフェレストランです。じっくり煮込んだ山形県産黒毛和牛のA4ランクを贅沢に使用したこだわりのルーと特製ガラムマサラのコラボレーションから作られた古勢起屋ビーフカリーはどこか懐かしい味わいです。また、温泉卵が添えられた特製山形牛ハンバーグも評判の一品。どちらの料理にも、ライスには山形県特産の紅花が使用されています。

■住所:山形県尾花沢市銀山温泉417 古勢起屋別館1階
■TEL:0237-28-2322
■営業時間:10:00~13:30
■HP:古勢起屋

人気のカリーパン「はいからさん通り」

   

Instagram (@satowata512512)

白銀の滝の手前にある人気のカレーパンを販売しているカフェです。山形県産の小麦「ねばりごし」をしっとりした生地にスパイシーなカレーが入ったハリーパンは、銀山を代表するグルメの一つとして知られています。カリーパンの他に、ずんだあんパン、尾花沢すいかを練り込んだウオーターメロンパンも人気です。

■住所:山形県尾花沢市銀山新畑451
■TEL:0237-28-3888
■営業時間:9:00~18:00
■HP:銀山温泉 はいからさん通り

出来立ての豆腐を堪能「野川とうふや」

   

Instagram (@kumashika)

立ち食い豆腐、立ち食い生揚げ、立ち食い豆腐天の3種類を食すことができます。濃厚な豆腐は、旅館にも提供されています。

■住所:山形県尾花沢市銀山新畑427
■TEL:0237-28-2494
■営業時間:7:30~売り切れ次第終了
■定休日:不定休

景色はいつが美しい?

新緑、紅葉、雪景色と四季折々の風情が楽しめる銀山温泉ですが、おすすめは冬です。大正ロマンあふれる建物は雪景色に包まれるとさらに情緒たっぷりの佇まいを見せてくれます。雪降る夜、街にガス灯が灯ったら、そこは別世界。熱めの銀山温泉のお湯でカラダの芯まで温めて、散策に出かけてみてはいかがですか。

最後に

近代的な建築に様変わりする温泉街が多い中、古き良き時代の雰囲気をそのままに残している銀山温泉。わずか13軒ほどの旅館は、それぞれ工夫を凝らした特徴があって魅力たっぷりです。その中でも、特に女子に人気の旅館をご紹介しました。源泉掛け流しの名湯、銀山温泉で身も心も解放して明日への活力を養ってみませんか。


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪