行く前に絶対チェック☆ゲレンデあるあるから学ぶスキー初心者の必須心得8選

hinata

>

アクティビティ

>

行く前に絶対チェック☆ゲレンデあるあるから学ぶスキー初心者の必須心得8選

行く前に絶対チェック☆ゲレンデあるあるから学ぶスキー初心者の必須心得8選

 アクティビティ

スキーの季節がそろそろやってきます。はじめてゲレンデに行く!もしくは久しぶりにゲレンデに行く!そんな方にお教えしたいのがゲレンデでよくある失敗やよくある間違い、こんなこと知っておけば良かったなんて先輩方の声です。一度は行ったことがないと学べない”あるある”から、必須心得を学びましょう☆

ゲレンデに行きたい季節♡

   

出典:unsplash

空気が澄んでいて、はやりの音楽が流れていて、一面真っ白なゲレンデ!こんな景色の中で滑るスキー、スノボはさぞかし気持ちいいんでしょう♡めったに行けないせっかくの非日常体験で、苦い思い出は作りたくないですよね。後悔しないためにも、さっそくゲレンデ心得を見ていきましょう!

あるある1:「転んだ時にグローブの中に雪が入ると一気にテンションが下がる。」

   

出典:pixabay

スノボ、スキー熟練者でも絶対に転ばない人なんていません。そうでない方はなおさらです…。転ばないとケガしてしまう可能性もあるので転びそうなときはしっかり転んでほしいのですが、雪は入ってきてしまうものです。冷たいし、中に入り込んでなかなか取れないし…。ではそんなことがなるべく起こらなくするためにはどうしたらいいのか、対策をお教えします♪

①グローブを二重にする
いつも付けているグローブともう一枚グローブを重ねるという実に単純な解決法です。新たに購入できるなら、中のグローブはできるだけひじに向かって長いものを選びましょう!そしてウェアの中に着ている長袖のシャツ等の袖に重ねておくと完璧です☆グローブを2つも持っていないという方は普段使いの手袋でもだいぶ違いますよ♪

②袖の長いグローブを用意する
ひじに向かって長めの袖のグローブを一枚つけると、それだけでも侵入が防ぎやすくなります!新たに購入しなくても、元ある自分のグローブに袖を足す方法もあります。ロングソックスのかかとから下を切断してしまって、グローブの袖に縫い付けてしまうんです♪ウェアと重ねて装着すれば、驚くほど快適に過ごすことができますよ☆

あるある2:「知らない間に鼻水が垂れてきていて何も持っていなかったのでひたすら困った。」

   

出典:photoAC

ウェアに着替えたら、たいていのものはロッカーに置いていきます。でも後で持ってきておけばよかった!と後悔するものの一つがポケットティッシュです。寒い中でいっぱい動いていれば自然と鼻水が出てきます。せっかくのゲレンデでの楽しい時間なのに、鼻水のことを気にしていたくないですよね…。

ウェアにあるポケットは転んでも雪が侵入してこないようになっているものがほとんどなので、必ずポケットティッシュを忍ばせておきましょう!友達にもあげていたらすぐになくなってしまった!なんてこともよくあることなのでできるだけたくさん持っていきましょう♪ティッシュなら重たくなることもありませんからね☆

あるある3:「唇が乾燥しすぎて痛い…けど友達に借りるわけにもいかず割れてしまって切ない。」

   

出典:photoAC

持っていけばよかったもので、意外と見落としがちなものがリップクリーム。いつもなら携帯してるのにウェアの中には入れていかなかった…なんて失敗はありがちです。女の子ならカサカサな唇でいたくないですし、乾燥しすぎてぱっくり割れてしまうなんてことも考えられます。

それから、雪は反射でUVが普段よりもかなり浴びせられますので、出来ればUVカットのリップクリームにするといいでしょう!

あるある4:「晴れていたからあったかそうと思って軽装で行ったら後で寒くて後悔…。」

   

出典:pixabay

あるある5:「休憩の時にあったかいからスキーウェアを脱いだら格好が恥ずかしすぎた。」

スキー場の晴天はラッキーと思いきや、落とし穴がたくさん。山の天気はかなり変わりやすいので、さっきまで晴れていたのにいつの間にか雪が降っていて寒いなんてこともあります。

多めに上着を持っていくと安心ですが車やロッカーに戻るとなると大変なので、すぐに簡単に防寒できるものとしてネックウォーマーが有効です☆天気が変わったときだけでなく、リフトなどに乗っている間だけ寒いなんてときも、ポケットにしまっておけてかぶるだけで簡単に防寒できちゃうのでかなり便利☆また、滑っている間一番風を受ける顔を守ってくれるという面でも大活躍!必要なければたたんでポケットにいれておけば邪魔にならないので、絶対に用意していきましょう!!

   

出典:pixabay

朝から滑ってお昼はご飯休憩なんていうのがよくあるゲレンデのプラン。食事時に入った屋内がかなり暖房効いていて暑くて上着を脱いだら「あ…。」なんて恥ずかしいですよね。

とにかく防寒を!と思って見た目を気にしない服を選んでしまうと後悔しますのでせめてウェアのすぐ下の洋服は見られても大丈夫なものを着ていきましょう♪

あるある6:「帰路で景色綺麗だったね!と言われて思い出そうとしても景色を思いだせない。」

   

出典:pixabay

初ゲレンデは怖いことばかりでとにかくみんなに追いつくことで精いっぱい。足元ばかり見て、きれいな雪景色をちゃんと見れていないなんてこともよくあることです。

一生懸命頑張るのはいいことですが、雪山の上から眺める景色は最高なのでぜひ見忘れないようにしてくださいね♡思い出を残すためにもリフトで上まで着いたらぜひ一度滑る前にパシャリ☆あとで見返せて楽しいですし、SNS映えすることも間違いありません!男の子なら余裕なさげな女の子に景色見てみな、なんて言ってあげると素敵かもしれませんね♪

あるある7:「ゲレンデに出て30分くらいで足先の感覚がなくなる。」

   

出典:pixabay

寒さ対策はばっちり!と思ってゲレンデに出たら足先がもう感覚ない…なんて失敗はよくあること。 靴下をたくさん履いても、冷えやすい足先はすぐに冷えてしまうものです。出来れば対策したいところですよね。解決策は次の通りです!

足に貼るカイロ
足に貼るカイロは普通は足の裏に貼る用のものなのですが、足の甲側、先のほうに貼っておくと暖かさが全然違います♪甲側に貼ることで暖かさが伝わりやすく、動きの妨げにもなりにくいのでおすすめです!

あるある8:「帽子の中が蒸れてかゆい。」

   

出典:pixabay

ニット帽を寒さ対策でかぶる方は多いはず。安全対策のためにも、帽子はかぶってほしいものですが、なにせ蒸れてかゆいんです。毎回帽子を脱いでかいてたら大変ですし、髪型が崩れてしまうのが悩みだったり…。そんな時はこんな解決法はいかがでしょうか?

①バンダナを巻いてから帽子をかぶる
帽子が頭に触れている部分が一番かゆくなる部分です。そこにバンダナ等の布を巻いておくとかゆくなりにくいですよ♪女性でもターバンのようにうまく巻いてあげれば帽子を脱いだ時にもおかしくはならないので試してみてくださいね♪

②フリース地または中地だけフリース地になっている帽子を買う
ニットは蒸れてかゆくなりやすい生地です。フリース地のものに変えると良くなるでしょう。見た目はニット帽なのに裏地だけフリースになっている優れものもありますので、ニット帽にこだわりがある方はこちらもおすすめです♪

③ヘルメットに変える
最近は、ベンチレーション機能のあるヘルメットも売られていますので通気性もあって蒸れる心配もなし、防寒もしっかり、安全性も増します♪大人の方でもヘルメットをされている方はたくさんいらっしゃいますので恥ずかしいということもありません!心配な方はヘルメットにすることも考えてみてはいかがでしょうか♪

番外編:無くてもいいけどあると便利なモノ3選☆

①ヘアゴム

これは女性の方限定のあるといい小物。いつも持っているという女子は多いと思いますがゲレンデでも活躍するのでお忘れなきよう♪一生懸命滑って転んだり、帽子をかぶっていると髪型は崩れてしまいます…。帰りに着替え終わったとき、ヘアゴムがあると髪をまとめてしまえるので楽ですよ♪ショートヘアの方は少量の髪でも結べるようなものにするといいでしょう☆

②あめ

運動すると糖分が欲しくなります。スキー・スノボでも一緒です☆ゲレンデでリフトに乗っているときに食べる飴は格別なんです♡転んだ時などに粉々にならないように、転んでもつぶれにくい胸ポケットなどに入れておくといでしょう♪

③ミニ財布

お財布をゲレンデに持っていきたいとなった時に長財布や大き目のお財布だとポケットに入らなかったり、入っても邪魔だったりします。ですがご飯や飲み物が欲しい時にロッカーや車に財布を取りに戻るのは面倒ですよね。そんな時に役立つのがミニ財布です。必要な分だけのお金を入れてゲレンデに持っていきましょう♪

まとめ

   

出典:pixabay

これでもう大丈夫!これだけはしたくない!という失敗さえ避けられれば、多少の失敗は笑い話や思い出として残ります♪ゲレンデでの楽しい思い出を今年も作ってくださいね♡

メイン画像出典:unsplash


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

スノーボード キャンプ初心者 写真
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner