各ブランドの目玉商品を徹底攻略!アウトドアブランドごとの特徴は?

hinata

>

キャンプ

>

各ブランドの目玉商品を徹底攻略!アウトドアブランドごとの特徴は?

各ブランドの目玉商品を徹底攻略!アウトドアブランドごとの特徴は?

 キャンプ

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

「キャンプ用品を揃えたいけれど、どんなブランドの何を揃えればいいのかわからない」こんなお悩みを持つ方も多いはず。実は、アウトドアブランドには、ブランドごとに得意分野があります。各ブランドごとの特徴を知ると、より効率的に機能性の高いアイテムを揃えることができるのです。そこで「今年こそ、キャンプデビュー」を考えている女子におすすめのキャンプ用品人気ブランドの特徴や得意アイテムをご紹介します。

高機能+おしゃれ+リーズナブル 注目のアウトドアブランド11選

1.名実ともに人気NO.1ブランド コールマン(Coleman)

   

出典:Coleman Japan(コールマンジャパン) / Facebook

何と言っても人気・認知度NO.1のアウトドアブランドがコールマンです。1899年、W.C.コールマン氏が一つのガソリン式のランプを手にしたことからスタートしたのが、コールマン社の前身となる「ハイドロカーボン・ライト・カンパニー」でした。当初はランプのレンタル業でしたが、のちにランプとストーブの販売をメインに発展。そしてテントやタープなどのキャンプ用品全般を開発。現在ではウエアからシューズまであらゆるアウトドア用品を手がけている世界のトップブランドです。そのコールマン社が、ファッショナブルで機能性も重視したブランドMonro社とコラボし、アウトドアとインドアのボダーレスなスタイルを提案する新しいブランド「INDIGO LABEL」が今、アウトドア女子から注目を浴びています。

☆おすすめアイテム☆

2.メイドインジャパンの老舗 スノーピーク(snow peak)

   

出典:スノーピーク

世界にその名を知られるものづくりの街、新潟県燕三条で誕生したスノーピーク。5万坪のキャンプ場を併設した本社からは、オリジナルの登山用品を開発し山好きから注目を集めました。また、アウトドアをライフスタイルととらえた発想から、家族との絆を深めるための豊かな時間としてのキャンプを提唱、ラグジュアリーでハイエンドなキャンプギア作りを行っています。また、オートキャンプブームを日本に巻き起こしたアウトドアブランドとしても知られています。

☆おすすめアイテム☆

3.豊富なラインナップが人気 モンベル(mont-bell)

   

出典:flickr

日本のトップクライマー辰野勇氏により、世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発を目指し、山仲間とともに設立されたブランドがモンベルです。「機能美、軽量、迅速」をコンセプトに、本格的な登山用品からタウンユースのウェアまで豊富な商品の開発を行っています。「モンベルの歴史は、近年のアウドトア用品の進化の歴史と言っても過言ではない」とそのハイクオリティな商品は、世界中のアウトドア愛好者に認められています。ガーデニング、農作業用品から雪山登山用品まで、ファッション性と機能性に富んだライナップが豊富に揃っています。

☆おすすめアイテム☆

4.バーベキュー用品が得意 ロゴス(LOGOS)

   

出典:LOGOS / Facebook

「水辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとするロゴスは、「屋外と人をつなぐ第一ブランドでありたい」という願いをロゴマークのメイプルリーフに込め、日本独自の文化をアウトドアに取り入れた日本を代表するアウトドアブランドです。「合理的な機能性、使いやすさ、親しみやすいデザインカラー、手頃な価格帯」をコンセプトに商品開発を行うロゴスの得意アイテムは「岩塩プレート」などのオリジナルのバーベキュー用品。その他にも、テント用品から防災グッズまで高機能でコストパフォーマンスの高い商品ラインナップが魅力です。中でも、2016年秋デビューしたグランピングのレンタルシステム「LOGOS GLAMOROUS」は、キャンプ女子が注目すべき、これまでにない新しいグランピングスタイルです。

☆おすすめアイテム☆

5.火の回りの商品が豊富 ユニフレーム(UNIFLAME)

   

出典:ユニフレーム

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと、新潟県燕三条で創設されたユニフレームは、日本の風土、文化を背景にしたアウトドアスタイルを創り続けています。「いつも自然と仲良くしていきたい」という気持ちを、さまざまな道具を通じて応援すような商品開発を行っています。ガスランタンなどのカセットガス商品、誰でも手軽に炭おこしができるチャコスタ、スモーカーなど火の回りの商品が豊富にラインナップされています。そのなかでもファイアグリルは、バーバキュー、焚き火、調理と1台でなんでもこなし、デザインも美しいことから、キャンプには欠かせないアイテムとしてベストセラーになっています。

☆おすすめアイテム☆

6.本格派からタウンユースまで豊富 ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

   

Instagram (@tnf_march)

アメリカ・サンフランシスコで小さなアウトドアメーカーとして誕生したノースフェイス。スリーピングバッグに最低何度の気温まで快適に使用できるかという「最低温度規格表示」を明記したことから、高い信頼を獲得し、一躍人気アウトドアブランドに成長しました。また、現在のダウンパーカーの原型ともいえるシェラ・パーカを開発、発売したことで知られ、本格アウトドアだけではなく、タウンユースとしても幅広く取り揃えている総合アウトドアブランドです。

☆おすすめアイテム☆

7.キャンプ用食器の老舗 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

   

出典:キャプテンスタッグ

バーベキューコンロ、アウトドア用の食器関係を主に展開するブランドとして誕生したキャプテンスタッグ。現在ではテーブル、チェア、テント、シュラフからサイクル用品、カヌー用品、ガーデン用品まで幅広いジャンルの開発を行うアウトドア・キャンプ・レジャー用品の総合ブランドに成長しました。使いやすさと購入のしやすさを第一に考える庶民派ブランドとして人気です。

☆おすすめアイテム☆

8.テントの老舗 キャンパルジャパン(CAMPAL JAPAN)

   

出典:Campal Premium Store in YodobashiCamera Saitama / Facebook

100年の歴史を持つ、日本のキャンプ業界のパイオニアともいえるテント専門メーカー「小川テント」が、2015年よりキャンパルジャパンと名称を変更しました。工業用テントからファミリー向けテントまで幅広いラインナップのテント専門メーカーということもあり、そのクオリティの高さ、耐久性は他メーカーの追随を許しません。快適性にも優れているので、一生モノとして愛着を持って使えるテントとして人気があります。

☆おすすめアイテム☆

9.日本生まれのおしゃれアウトドアブランド ドッペルギャンガー(DOPPEL GANGER)

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

「簡単だから誰でもできる」「家でも使えるから、時々しかアウトドアをしなくてもコスパが高い」「雑貨みたいに持っているだけで楽しいし、おしゃれ感覚で使える」をモットーにしたドッペルギャンガーは、気楽でユニークなアイテムを提案するトータル「ソト遊び」ブランド。女子でも簡単に使えて、機能は充実しているコストパフォーマンスの高いアウトドアブランドとして人気があります。

☆おすすめアイテム☆

10.チェアなら絶対外せないブランド ヘリノックス(Helinox)

   

出典:ヘリノックス

世界中の名だたるアウトドアブランドにテントやトレッキングポールを供給する、ポールのリーディングカンパニー「DAC社」が立ち上げたアウトドア家具ブランドが、ヘリノックス。優れた強度と柔軟性を持つ超軽量アルミニウムポールを採用したデザイン性抜群のチェアは、世界中のキャンパーを虜にしています。

☆おすすめアイテム☆

11.コスパとデザイン性が人気 ケシュア(Quechua)

   

出典:Decathlon(デカトロン) / Facebook

モンブランの麓で製品開発を行うケシュアは、安全で革新的かつリーズナブルな製品作りをモットーに環境保護に着目した製品を提供するアウトドアブランド。袋から出して広げるだけのポップアップテントで一世を風靡したケシュアは、フランスならではのおしゃれなデザインとコストパフォーマンスに優れたブランドとして人気があります。

☆おすすめアイテム☆
キャンプの必需品 リビングスペースタープ

   

出典:store.decathlon.co.jp

キャンプでは欠かせないタープ。ケシュアのタープは独自開発の遮光・遮熱素材「FRESH」を採用し、太陽熱を反射、日差しからの暑さを軽減してくれます。また、モスキートネットドアを採用し、嫌な虫からも身を守ってくれます。

まとめ

今回は特に「使いやすい、軽量、カラフル」にこだわって商品をご紹介しましたが、ピックアップしたブランドには、本格的なアイテムもたくさんあります。また、アウトドアブランドはまだまだ他にもあります。キャンプに行く前に、それぞれのブランドの特性を理解して、欲しいアイテムのコストパフォーマンスを比較しながら「選ぶ楽しみ」も味わってみてはいかがですか。


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner