ランドロックが人気の理由を徹底解析!他のテントと比較して分かる魅力は?

hinata

>

キャンプ

>

ランドロックが人気の理由を徹底解析!他のテントと比較して分かる魅力は?

ランドロックが人気の理由を徹底解析!他のテントと比較して分かる魅力は?

 キャンプ

出典:スノーピーク

キャンプ初心者も上級者もこだわってほしいのが、大切な時間を過ごすスペースとなるテント。最近は、使いやすさや快適さなどの観点で高い満足度を誇る、ランドロックが人気になっています。「ランドロックって何?」「普通のテントと何が違うの?」とお悩みの方、「そろそろテント買い換えようかな?」と思っている方必見! 今回は、ランドロックとテントを徹底比較します。

ランドロックはスノーピークの大人気製品

   

出典:スノーピーク

ランドロックとは、居住スペースとベッドルームが一体化したテントのこと。多くのテントがワンルームであるのに対し、ランドロックは1D(ものによっては1DK)なので、ゆったりとした空間でキャンプを楽しむことができます。写真のようにインナーシートを敷いて、折り畳みローテーブルを置けば屋外とは思えないほどのリビングスペースができ、広い出入り口で外と中の行き来がしやすいので、小さなお子様連れのキャンプも安心です! 

   

出典:スノーピーク

フレームがなく吊り下げ式のインナーテントを設置すれば、大人4人が寝ても十分な広さを誇るベッドルームが完成。広さは約370㎝×240㎝あり、天井は190㎝もあって立ったまま移動することができるので、テントにありがちな狭い空間で雑魚寝といった雰囲気はありません。最近ではホテルに泊まるよりも高級なグランピング施設が人気ですが、ランドロックがあればそういう場所にわざわざ行く必要はないかも!? それほど広々とした空間なのに、人数分のテント&タープよりも占有面積は狭くて済むというからすごいですよね。

   

出典:スノーピーク

大人数で使う場合は、インナーテントをはずせばOK! 625㎝×405㎝の空間にロングテーブルとイスを置いてパーティー会場のように使うも良し、自転車やカヌーなどアクティブギアを置くも良し、大好きなワンちゃんと一緒に過ごすも良し、広い空間があることで、キャンプがさらに快適に楽しくなります。

   

出典:スノーピーク

さらに左右両サイドのD型ドアパネルと前後のパネルには、大型のメッシュパネルを採用。風による本体ストレスを軽減し、虫よけにもなり、換気もできる一石三鳥のデザインです。これだけのメリットがあるランドロックが、スノーピークで大人気なのも納得。一度使ったら、普通のテントには戻れなくなりそうです。

他のテントとランドロックを比較してみた

ランドロックを使うメリットについて書いてきましたが、最近はほかのテントも昔とは比べ物にならないほど進化しています。そこで具体的な商品名を挙げながら、他のテントとランドロックを比較してみましょう。

スノーピーク「アメニティドーム」との違いは?

   

出典:スノーピーク

アメニティドームの一番大きな特徴は、テント全体の地上高が低いこと。ランドロックが200㎝を超えるのに対し、アメニティドームは一番大きいLサイズでも165㎝しかありません。大人の男性が立つのは難しい高さなので、小さなお子様を抱っこしながらの出入りなどは厳しいでしょう。

   

出典:スノーピーク

なぜその高さになっているかというと、耐風性を高めるため。屋外に建てるテントは常に風との闘いなので、使い勝手を優先するあまり高さを出すと、風にあおられて飛ばされたり、フレームの破損や崩壊につながったりする可能性があります。アメニティドームは高さをなるべく抑え、さらに天井を丸いシルエットにすることで、風がテントの上をうまく通っていくように設計。そのクオリティが特にキャンプ初心者の方から評価され、アメニティドームは“ファーストテント”として発売以来スノーピークのベストセラーになっています。

一方でランドロックもフレームのクロス部分にテープを巻き、そこから張り綱をペグダウンすることで高い耐久性を確保。直径19mmのジュラルミンA6061を採用したメインフレーム素材は強度があるのにしなり、ストレスを逃がしてくれるので安心です。

コールマン「ウェザーマスター」との違いは?

   

出典:coleman.co.jp

“コールマンの最高峰”ともいわれているウェザーマスターシリーズ。その名の通りどのような天候にも対応できるよう、耐水性、換気性にとても優れ、春夏は高温多湿で雨が多く、秋冬は風が強くて気温が下がるという過酷な自然環境の日本でも、四季を通してキャンプを楽しめるよう設計されています。

   

出典:coleman.co.jp

通常モデルよりやや高めの価格設定ですが、それも納得の品質の高さが特徴。たとえばフライシート(屋根部分)の耐水圧は約3,000mmとテントの中で最強クラスを誇り、雨水や夜露が浸みてくるのを防いでくれます。さらにウェザーマスターシリーズはベンチレーションシステムを採用。まるでテント自体が呼吸をするように空気の対流で空気循環を行うことで換気作業を楽にし、気温の寒暖差による結露の発生を防ぐことに成功し、通気性だけでなく保温力にも優れていて、全天候に対応できるアイテムです。

一方、ランドロックは150Dポリエステルオックス生地を採用し、耐水圧1,800mm、天井部などは耐水圧3,000mm、さらに遮光ピグメント加工も。数字では負けますが、通常の利用ならまったく問題ありません。

スノーピーク「トルテュライト」との違いは?

   

出典:スノーピーク

ランドロックよりも一回り小さいトルテュライトは、これひとつで居住スペースと寝室スペースをつくりだすことができるので、テントとタープ、両方そろえる必要がないのが魅力。吊り下げ式のインナーテントは、リビング側で横の長さが300cm、横が220cm、奥行きが220cmと広々。4人家族(大人二人、子ども二人を想定)が過ごすには十分な広さがあります。重量がトルテュPro.よりも5キロ以上軽く、収納ケースがコンパクトなので、持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

また、接続部分が色分けされているので、説明書を読み込まなくても感覚的に設営が可能。価格から性能まですべてにおいて、初心者に優しいのが特徴になっています。ただ、長期的な目で見ると、お子様が大きくなったときの手狭感は否めません。テントを張るのも慣れなので、トルテュライトを買うなら、ランドロックを買っておいたほうが長く使えそうです。

比較から見えたランドロックの魅力とは

   

出典:スノーピーク

テントに望むものは人それぞれですが、「とにかく快適に過ごしたい」「まるで家のような広々空間を確保したい」という人には断然ランドロック。価格的にも設営の難しさ的にもキャンプ慣れしている人向きではありますが、これからどんどんキャンプに出掛ける予定のある方や、小学校高学年以上のお子様がいるご家庭は、最初からランドロックを買っておいて損はないでしょう。グランピングほど人工的でなく、昔のキャンプほどワイルドでない“野遊び”が楽しめるランドロック。これならキャンプに慣れていないお子様や女性も、日常から違和感なく楽しめますね。

まとめ

   

出典:スノーピーク

自然と触れ合い、非日常空間を楽しめるキャンプ。食事をしたり、家族や仲間と語らったりなど、長時間過ごすことになるテントは、しっかりニーズを満たしたものを選びたいですよね。決して安い買い物ではないので慎重になりがちですが、一緒に使う人や使うシーンを想像しながら探すと選びやすいかも知れません。お子様の教育にも役立ち、忘れられないたくさんの思い出を作ってくれるキャンプに、お気に入りのテントを持ってさっそく出かけてみませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪