hinata

>

ピクニック

>

水筒はデザインにも機能にもこだわりたい!おしゃれマイボトルでアウトドアを楽しもう♪

水筒はデザインにも機能にもこだわりたい!おしゃれマイボトルでアウトドアを楽しもう♪

 ピクニック

オレンジ色の水筒

出典:Gerard Massey / flickr

最近、オシャレでデザイン性にこだわった水筒を使う方増えてきましたよね。女性、男性問わずマイボトルを日々の生活で持ち歩く人も年々増えています。お気に入りのマイボトルを持ち歩くだけで、気分も上がり日々の生活もアウトドアもよりいっそう楽しいものとなりまよね。そんな気分が上がるオススメのマイボトル10選と、押さえておきたいポイントをご紹介します!


 目次


水筒はデザインにもこだわりたい

オレンジ色の水筒    

出典:Gerard Massey / flickr

最近の水筒は、とにかくデザインがオシャレなものが多く、アウトドアや職場など場所を選ぶことなく持ち歩く必須アイテムのような存在にもなってきています。毎日持ち歩くアイテムだからこそデザインもとことんこだわりたいものですよね。

今では昔の水筒のイメージはなく、形や柄、サイズなども使う人の用途に合わせたものを選べるほど、デザインも豊富になっています。また、飲み口も色々で、フタがコップになるタイプや、片手で開け閉めでき、直飲みまたはストロータイプになっているものまで様々です。機能性にすぐれていてもデザインが気に入ったものでなければ持ち歩いていても楽しくはないですよね。どんな場面で使用するかで選ぶデザインは変わってきます。柄や形、サイズ感などとことんこだわり、お気に入りを見つけましょう♪

デザインは大事だけど押さえておきたいポイントは

保冷、保温効果

熱い時期には冷たい飲み物を、寒い時期には温かい飲み物を飲みたいもの。季節によって必要な性能が保冷、保温か分かれてきます。水筒には必ずついている性能と思っている人も多いのではないでしょうか。メーカーや製品によって発揮できる性能はかなり違います。

アルミ製やプラスチック製のものは保冷、保温効果はなく、メーカーや製品によって保冷力、保温力の性能や時間も変わってきます。用途に合わせて購入ときには保冷、保温性能が付いているか付いていないか確認する必要があります。

パッキン

水筒を持ち歩くとき、カバンの中で水筒の中身がこぼれてしまいビチャビチャになってしまったなんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。パッキンはこぼれてしまうことの防止と、保冷力、保温力を高める働きをしているものです。ただ、洗浄するのが以外と大変なので、常温で、カバンに入れずに使用する方にはパッキンが付いていない方がお手入れは楽でしょう。用途に合わせて、自分にぴったりなものを選ぶこともポイントですよ!

容量

それぞれのメーカーやデザインによって中に入る容量は変わってきます。小さくてスリムで持ち歩くにはよくても、中に入る量が少ないのは出先でまた足さなくてはいけなくなります。アウトドアでは容量が多く入るタイプのものを選び、オフィスで昼食時や休憩時にしか飲まないようであれば小さめの容量なタイプを選ぶこともポイントです。

洗いやすさ

水筒の中にコーヒーや紅茶など香りの強いものを持ち歩くと、水筒の中ににおいがのこってしまいます。今販売されている水筒の中には、強い香りの飲み物を入れても匂いうつりのしない素材を使用しているものもあるので、チェックしてみてください。また、使い終わった後必ず洗わなくては衛生面的によくありません。広口タイプの水筒で、丸洗いできるものであればそういった心配も解消されます。

人気のおしゃれ水筒10選

まとめ

いかがでしたか?アウトドアでペットボトルを持ち歩くよりも、冷たいものは冷たいままで、温かいものは温かいままで持ち歩ける水筒はいいですよね。水分補給には欠かすことのできない水筒はエコにも節約にもつながるとっておきのアイテムです。お気に入りのマイボトルを持ち歩けば楽しさも倍増することでしょう!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

山ガール 登山 デート ファッション
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪