hinata

>

キャンプ

>

キャンプ初心者

>

これだけは揃えておきたい!初心者に教える10種のキャンプ用品

これだけは揃えておきたい!初心者に教える10種のキャンプ用品

 キャンプ

寝袋の中でコーヒーを飲む女性

出典:zhukovvvlad / ゲッティイメージズ

キャンプ初心者は、どんなキャンプ用品をそろえていいかわからなくて当然です。キャンプ用品は、キャンプをするシーンに合わせていろいろ必要になります。今回はキャンプ初心者におすすめする、どのキャンプでも、これだけは揃えておきたいキャンプ用品を10種類紹介していきます。


 目次


キャンプ場では何をする?

テントの前で楽器を叩いて歌を歌う子供    

出典:LuckyBusiness/ゲッティイメージズ

キャンプには何が必要?と、考える前にまずはキャンプ場に着いてから帰るまでのおおまかな流れを把握しておきましょう。まず、キャンプ場に到着したら初めにキャンプのメイン居住スペースとなるテントやタープの設営を行います。設営が終わって荷物の整理などした後は、キャンプの本当の楽しみとなる時間。自分なりのセッティングや遊び、休息などいわゆる自由時間となります。

自由時間のあとはバーベキューや食事の準備にとりかかります。ここでの注意事項として初心者はバーベキューをするとき、炭を起こす時間が結構かかるため明るい時から時間に余裕をもって行うこと。夕方薄暗くなってきたらランタンの準備をし、夜に必要な灯りの準備を行います。寒さが予想される場合はこの時点でたき火の準備もしておきましょう。

その後夕食の準備をし、バーベキューやお酒を飲んで、語って。楽しい時間を過ごします。眠たくなってきたら徐々に片づけを始め、テントの中でシュラフを活用し、最後にランタンなどの灯りを消し就寝となります。

翌日の朝は、出発までの時間となるので炭をおこすのはできるだけ避け、コンロなどを活用し、朝食の準備をしましょう。朝食を食べ終えたら片づけを開始し、最後にテントを撤収しごみなど無いよう確認したらキャンプ終了となります。おおまかなキャンプの流れが大体把握できると必要、不必要な物が大体わかってきますね。

必須のキャンプ用品10種

【設営】タープ

まず初めにキャンプ開始とともに始めるのが、設営です。荷物を置くためや場所の確保としても使用でき、重宝できるとっておきのアイテムがタープです。タープは日差しが強いときの日よけとしてや急な天候の変化で雨が降っても対応できるアイテムとして必須アイテムとなっています。キャンプの強敵は先の予定を立てるにあたり予想できない気候の変化です。安定な時期のキャンプには欠かせないもののひとつです。

【ゆっくり・のんびり】ハイ・ローチェア

一通りタープの設営などが済んだら、ゆっくりと自然の中で休息する事もキャンプの楽しみのひとつです。ゆっくり、のんびりと自然に身をまかせるのも悪くないですね。そんな時に役に立つアイテムがハイ・ローチェアです。キャンプを通して必ずと言っていいほど必要な場面が多いチェアは今では数多くのデザインのものが発売されています。自分に合った身体も心もリラックスできるアイテムを探し、持っていくのはワクワクしますよね♪自然の中でゆっくりお気に入りのチェアでお昼寝も気持ちいいです!

【食事】バーナー・コンロ・バーベキューセット

キャンプ料理の定番はやっぱりバーベキューですよね。バーベキューコンロは家族や友人と大勢でのキャンプには欠かせないアイテムではないでしょうか。キャンプで迎える朝は炭をおこす時間はなるだけ省略したいものです。でも、温かいコーヒーや朝食は素早く準備したい。そんなときに活躍するのがコンロやバーナーです。燃料も一緒に持ち歩くことでアウトドアに強いバーナーか、風や寒さに弱けれどお手軽に始められるコンロ。どちらかを持っていくことで快適な朝の時間を過ごすことができるでしょう。

【食事】テーブル

キャンプをする際、レジャーシートを敷き地べたに座わるスタイルはあまりみかけません。通常のキャンプではテーブルと椅子を使用し、バーベキュー料理を楽しむのが一般的です。テーブルとチェアが一体化したタイプのものはファミリー層に人気があり、大勢で楽しむキャンプではキッチンテーブルを利用するキャンパーも多く見られます。

【食事】食器・調理道具

   

出典:rakuten.co.jp

キャンプでの食事で欠かせないひとつとして食器と調理道具もあります。忘れてしまってはせっかくの楽しみの食事もできなくなってしまうので、忘れずにもっていきましょう。キャンプでは、紙皿や紙コップではなく、折りたたみ式のものを使うのが基本となってきます。持ち運びにも便利で使わないときはコンパクトに収納できるアイテムがキャンパー達の間では人気となっています。

【食事】水タンク・クーラーボックス

   

出典:rakuten.co.jp

キャンプに欠かすことが出来ないのが料理に使ったり、手を洗ったり、飲料水としても重要な「水タンク」と、夏場のキャンプには欠かせない「クーラーボックス」です。キャンプ場などを利用する場合はその場所ごとに水道や洗い場が設置されているところも今では多く見られるのでそういった場合は水タンクは必要はありませんが、料理に使う際はキャンプ場にある水道が飲料水として使えるものなのかの確認も必要です。

クーラーボックスは夏場、食材を保存するために必ず必要なアイテムで、アウトドアでは冷蔵庫役割をはたします。。保冷剤をいくつか入れるかもしくは水を入れたペットボトルを凍らせたものを入れて保冷するのもいい方法です。保冷剤の役割を果たし終え中の氷が溶けた時は、飲み水や、料理、後片付け時に洗い流す水としても重宝します。

【灯り】ランタン

夜に近づくにつれ必要になってくるのは、灯りですよね。キャンプでは灯りを用意しないと手元などを照らすことはできません。陽が長い時期では利用する時間は短いですが、日が短い時期のキャンプでは必須アイテムと言っても過言ではありません。

また、ランタンでの灯りをテント内で照らすことでキャンプならではの幻想的な灯りを体験できることでしょう。ランタンの灯りでキャンプならではの自然と融合できる時間を楽しむことができるアイテムです。

【たき火】たき火台・炭

ランタンと同じく灯りのひとつでもありますが、暑い時期のキャンプだとしても普段の生活とは異なり、急激な肌寒さに困惑することもあるでしょう。そんな時に役に立つものがたき火台です。炭や拾い集めた薪を使用し、ストーブ替わりになるもので、寒さ対策として重宝されています。行く時期や場所にもよりますが昼間と夜の寒暖差は自然の中でよくあることです。事前に気温の変化をチェックし、対策のひとつとしてたき火台を使用することをおすすめします。

【睡眠】テント・グランドシート

キャンプと言ったら忘れてはいけないアイテムがテント!キャンプではテントが身体を休めるための家の役割を果たす必須アイテムです。今では様々な人数や場所に適したテントが数多く販売されています。人数や場所にあったテントを選ぶ事をオススメします。

また、テントと合わせてグランドシートの準備もオススメします。テントを直に使用するよりテント自体の床面の傷つきや汚れの防止、雨の侵入を防ぐ役割や、テント内の湿気の遮断などの役割を果たすアイテムです。テントも決して安いものではないので、テントの保護とテント内で快適な時間を過ごすためには必須ですよ!

【睡眠】シュラフ(寝袋)

シュラフとは普段の生活の中で布団の役割を果たすもの(寝袋)です。シュラフは季節や気温、キャンプする場所に適したものがそれぞれあり、その日の疲れを癒すキャンパー必須アイテムです。想像以上にコンパクトに持ち運びができることが魅力で温かさや通気性の良さ、その場に合ったものを選ぶ事で快適な睡眠を得ることが出来ます。体力の回復の為に必要な睡眠。その睡眠をよりよいものにするためにシュラフ選びは慎重に、自分の行くキャンプにあったものを選ぶことが大切です。

最後に

いかがでしたか?快適で楽しいキャンプにするためにも、計画しているキャンプに適した必要道具を揃えることもキャンプに繋がる楽しい時間ではないでしょうか。事前準備からキャンプを楽しみ、本番は更なる楽さを実感してみてはいかがでしょうか。用意する道具ひとつでキャンプの楽しみ方は大きくかわってきます。是非、キャンプの時間を満喫し、最大の楽しさを実感してください!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪