高尾山の次は大山へ!丹沢大山国定公園の一角から富士山を見渡そう♪

 おでかけ

岩山を登る男性

出典:Ken_ichi Kaizuka / flickr

高尾山の次は、神奈川県伊勢原市のシンボルである大山(おおやま)に登ってみませんか?パワースポットとしても人気で、初心者にもおすすめの山です。今回は、大山への便利なアクセスなどの基礎知識から、大山登山に必要なもの、代表的なルートやその魅力をご紹介します。

江戸時代にも人気だった大山登山

阿夫利神社    

神奈川・伊勢原市のシンボル、大山は標高1,252メートル。高尾山が約600メートルなので2倍くらいの高さの山です。古くから山岳信仰の対象とされ、江戸時代には庶民の間で「大山詣り」が人気でした。更に遡ると、縄文時代に祭りに使ったとされる土器も山頂からたくさん出てきたことも。

きついな~っていう登りの最中に「昔の人たちもこうやって登ったんだろうか」とか、「江戸時代の大山詣りってどんな服で登ったんだろう」などなど、いろいろ考えてみると、歩いているだけで歴史を感じられるかもしれません。山を登りながら、少しだけ山岳信仰の歴史に思いを馳せてみるのも楽しいかも♪

大山のハイキングコースマップ    

伊勢原駅からバスで約30分ほど走った先、大山ケーブル停留所からすぐの場所に案内図があります。近くにトイレもありますよ♪私が着いたのは9時15分頃でした。

ここからケーブル駅までは約15分。お土産のお店や食べ物、宿などが両側に並んでいるこま参道を歩きます。階段が続きますが、周りのお店や階段に書いてあるクイズなどをしながら進めばあっという間にケーブル駅に到着!

男坂と女坂のわかれ道

男坂と女坂のわかれ道    

9時30分頃。こま参道を15分くらい歩いて男坂と女坂の分岐に到着♪今回は男坂を選びました。案内図によると阿夫利神社下社まで男坂は30分、女坂は40分となっています(休憩なしの時間です)。

階段が急な男坂

男坂の階段    

男坂は初っ端から急な階段が多い印象でした。階段も坂もガシガシ登りたい!という方にはおすすめです☆所要時間が約30分とそれほど長くないので、途中で登るのが嫌になることはないはず!

大山を通常のルートで登る場合は、男坂か女坂のどちらかの道を選ぶのですが、男坂の下りは急なので、高いところが苦手な人には不向きかもしれません。自分にあった道を選び、安全に山登りを楽しんでくださいね。

男坂の登山道    

その先、いにしえの登山道。今はかなり歩きやすくなっていますが、昔の人たちはどんな道を歩いて神社を目指したのでしょうか。

階段を歩くときのポイント☆

山の達人と一緒に山を歩いたとき「無理に足を引きあげて(はね上げて)階段を登ると疲れるし、足の筋肉にも負担になる」とアドバイスをもらいました。気持ち的にも「急がねば」と焦って登ってしまう人は気をつけてみてください。

コツはほんの少しだけ前傾姿勢で、自然に足が階段に置かれる感じで体重移動を繰り返すことです。焦らず自分のペースで。呼吸や疲労感も変わってくるので、一度試してみてください♪

大山山頂への道

大山山頂への階段    

またまた急な階段が登場。阿夫利神社下社を正面に見て左側を進んで行くと、山頂に繋がるこの階段に出会えます。登ってみると、ちょっと下を見るのが怖いくらいの傾斜があります。

山頂までにある天狗の鼻突き岩

天狗の鼻突き岩    

途中で出会える名所、天狗の鼻突き岩。岩の左側にある穴が名前の通り、天狗が鼻を突いてあけた穴だといわれているそうです。大きさは人の拳が入るくらい。なんだか不思議ですが、訪れた人はぜひ穴を確認してみてください♪

山のなかに聳える鳥居

山のなかにある鳥居    

ゆっくりゆっくり歩いたので時間は正午ごろ。頂上にあるお茶屋さんの横に「振り向けば富士山」という看板があったので、振り向いてみたものの雲が多くて見えず……。でも、やっとここまで来ることができた達成感は本物でした!

阿夫利神社の公式ページによると「絆を取り持つ神」と伝えられているそうです。大山は別名「雨降山」と呼ばれていて、山頂にはその由来となっている年中水がしたたっているという霊木があります。こちらも見どころです♪
HP:大山阿夫利神社

山頂からの相模平野の風景♪

山頂からの相模平野の風景    

山頂に着いたらぐるっと散策してみてください♪お茶屋さんやお弁当が食べられる広場などは人でいっぱいでしたが、奥にあるトイレ付近に絶景ポイントがありました!人が少なく、眺望が開けていて、いくつかベンチもありますよ。筆者が登頂した日はラジオか何かの中継をやっていたようで、少し騒がしかったのが残念でした。普通の静かな時間だったら体も心もリフレッシュできるので、おすすめですよ♪

登山中のオアシス!お茶屋さん

大山の茶屋    

こちらは、阿夫利神社下社のお茶屋さんです。お茶屋さんに限らす、登山中の休憩・水分補給は大切です。汗をたくさんかくときには塩分の補給も必要。スポーツ飲料のほかに塩あめなどを用意しましょう。水分は“喉が渇く前に少しずつ飲む”ことが大切です。熱中症にはくれぐれもご注意を!きゅうりは頂上のお茶屋さんにもありました。

大山登山 持ち物の基本は登山靴・ザック・レインウェアの3点

道に置かれた登山靴とリュック    

登山では基本的に「ザック(リュック)」「登山靴」「レインウェア」が必要です。まずはこの3点を準備しましょう。そのほかの細かい持ち物については、人によって異なる部分もあり得ますが、この3点については基本的に変わりません。

晴れているときは「レインウェア」は要らないと思われがちですが、そこが落とし穴になることもあります。今回の大山登山でも、登っているときは晴れていて暑かったのに、山頂に登ってからだんだん雲が多くなって、帰りにはパラパラと雨が降ってきました。

下山途中で少し会話した女性は「雨具を持ってきていなかったから急いで下りてるの」と焦っていました。夏なのですぐに低体温症になるようなことはないでしょうが、やはりある程度登山道が続く場所では、雨具なしでは不安です。重くても荷物に入れておかないと、思わぬところで危険にさらされてしまいます。

ザック(リュック)……写真のザックは35〜40リットル入る大きさなので、日帰りの山登りには30リットル以下のもっと小さなザックで十分です。

登山靴……写真の靴は足首までサポートするしっかりとした登山靴です。大山登山にはここまでのサポート機能はいらないかもしれませんが、歩きにくい靴は絶対にNG!急な階段や木の根がボコボコしている道がたくさんあるので、山用の靴を履きましょう。

レインウェア……大山では本当に晴れ→雨になってしまいました。天気予報をしっかりチェックすることも大切ですが、当てにしすぎると危険なことも。

大山登山のざっくりプランニング

丹沢・大山フリーパスを活用しよう!

大山までのアクセスで小田急線を使う方は、ケーブルカーや伊勢原駅からのバス、周辺施設で使える「丹沢・大山フリーパス」が便利です。フリーパスは「ケーブルカー」を含むか含まないかで値段が違う2種類があるので、ご注意を!小田急線の駅の券売機で販売しています!
小田急HP:小田急

またこのフリーパスは周辺施設の優待や割引きが利きます。その年、その時期によって割引内容が異なりますので、要チェックです!

丹沢・大山フリーパスの優待・割引き可能な施設:小田急

ケーブルカーに乗るか乗らないか 男坂か女坂か?

ケーブルカーに乗るか乗らないかで、登山の時間配分は大きく変わってきます。また今回は男坂のコースを選びましたが、地元の人によると秋の紅葉シーズンは断然、女坂がおすすめだそうです。大山寺周辺の真っ赤に染まるもみじがすばらしいと有名なのと、七不思議も気になるので次回は女坂を歩くつもりです♪

女坂、七不思議の看板    

ランチは持参がおすすめ

高尾山と比べるとお茶屋さんが多くありません。山頂には小さなお茶屋さんが1軒だけです。人が多いときは並ぶのも大変なので、できるだけ持って行った方がよさそうです。ゴミはすべて持ち帰ることもお忘れなく!

ヤマビルに関する情報

丹沢に発生する陸に住むヒルです。雨や雨が降ったあとに動きが活発になるそうです。以前掲載されたヤマビルに関するページがあるので、不安な方は確認してみてください。ちなみに、弱点は「塩」です。対策できるところはしたいですね。
神奈川県公式ホームページ:神奈川県

大山までのアクセスは?

大山までのアクセスで小田急線を使われる方は、ケーブルカーや伊勢原駅からのバス、周辺施設で使える「丹沢・大山フリーパス」が便利です☆しかもこのフリーパス、なんと2日間有効!なかなか2日間たっぷり時間をかけることは難しいですが、遠方から泊まりでこのエリアを楽しむ人にとってはかなりお得です。ぜひ活用してみてください。

小田急HP(丹沢・大山フリーパスについて):小田急

まとめ

少し前に話題になったパワースポット。そんな最近の流行りよりもさらにずっとずっと昔から信仰の山として、たくさんの人たちに大切にされてきた大山。実際に足を踏み入れてみると、所どころにその片鱗をうかがうことができます。懐が広く深い大山の歴史や、丹沢の自然に触れることができた日帰り登山でした。

高尾山は「ミシュランガイド」に選ばれてから有名になりましたが、大山もまったく引けを取っていません。むしろ歴史や眺望という点では、より魅力的に感じました!神奈川の大山を高尾山の次に登る山として、ぜひ候補に入れてみてください♪


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪