はじめての高尾山登山にチャレンジ!開運ありグルメありの「表参道コース」をご紹介☆

hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

はじめての高尾山登山にチャレンジ!開運ありグルメありの「表参道コース」をご紹介☆

はじめての高尾山登山にチャレンジ!開運ありグルメありの「表参道コース」をご紹介☆

 アクティビティ

高尾山といえば「パワースポット」「ミシュランガイドで三つ星」「温泉」などなど話題がつきない東京の自然観光スポットです!標高が高くなく、初心者でも気軽に登山に挑戦できます。今回は、はじめての高尾山登山へ行くために役立つ情報や必要な持ち物、魅力などをご紹介します。

高尾山の頂上を目指そう!

   

上りはベーシックな1号路、「表参道コース」(全長3.8キロ、おおよその目安として上り90~100分、下り80分)とも呼ばれているコースを歩きました。山道は歩きやすい舗装路がほとんど。太陽に照らされてキラキラまぶしい緑の葉やびっくりするくらい巨木の根っこ、小鳥のさえずりなど普段見られない豊かな自然にも触れることができます♪

   

道中では、遠くの方に見える新宿のビル群などの景色が楽しめます。晴れていて空気が澄んでいる日には、頂上の大見晴園地から富士山を見ることだってできるんです!また表参道というだけあって神社やお土産物屋さん、お茶屋さんも充実。それに登頂までにトイレが5ヶ所もあるなど、登山入門者には安心かつとっても魅力的なコースですよ。

●高尾登山電鉄公式サイトでは登山全コースやマップをダウンロードすることができます。
登山全コース:高尾登山電鉄
コースマップ:高尾登山電鉄

まずは登山靴にザック(リュック)、雨具を準備!

   

登山の三種の神器といわれるのが「ザック(リュック)」「登山靴」「レインウェア」。まずはこの3つを用意して、初登山に挑みましょう!写真のザックは35~40リットル入る大きさですが、日帰りの山登りには30リットル以内のもっと小さなザックで十分です。

ザックはどんな山に登ってみたいのかによっても選び方が変わってくるので、お店で店員さんに相談しながら、実際に背負ってみて、自分の体に合うものを選んでください☆

高尾山を皮切りに山デビューしたいと考えている人にとっては、道具選びも楽しいものです♪安い買い物ではないので、長く使えて愛着の持てそうなものを選ぶことで山登りのテンションもアップしますよ!まずは見た目から入る人もそうじゃない人も、機能性の高い山登りの道具を揃え準備万全にして、いろんな山へ出かけてみましょう!

ザック(リュック)
なんでもいいから手持ちのカバンでサクッと高尾山に登りたいという人もたくさんいるとは思いますが、高尾山といえども山登り。距離だってそれなりに歩きます。最低限の荷物をしっかり入れることができて、両手が空くもので登ることをおすすめします。

登山靴
写真の靴はかなりしっかりしている登山靴ですが、表参道コースは舗装路がほとんどなのでここまでちゃんとした登山靴は必要ないかもしれません。それでも歩きにくい靴は絶対にNG!足が痛くなったり、靴擦れができたりと快適に登れなくなってしまうとせっかくの登山も台無しになってしまいます。これから登山を始めるために靴選びもとっても大切。ザック同様、お店で十分に吟味してみてください。

レインウェア
山の天気は変わりやすいものです。晴れていたと思ったらいきなり雲に覆われて雨が降り出すなど、地上よりもわかりにくく、油断すると場所によってはとっても危険!ですので。レインウェアを持っていることは大切ですよ。雨だけではなく防寒にも役立ちます。雨予報のない晴れた夏でも注意しましょう。

●高尾登山の持ち物・服装・準備・マナーなど:高尾登山電鉄

表参道コースの自然を体感!

   
   
   

1号路(表参道コースは)は道幅も広く、舗装されているのでとっても歩きやすい道です。いくら歩きやすいとは言っても登りには約100分と、それなりに時間がかかります。夏は特に熱中症に充分に注意。水分補給はしっかりとして予防してくださいね☆

スポーツ飲料など水分をたくさん持って行くと重いですが、水がなくなってしまう心配を考えると、夏の暑い日に登る場合は、500ミリリットルのペットボトルを2本は持っていると安心です。喉が渇きやすい人はさらに1本追加するくらいの気持ちが大切です。

汗がたくさん出る場合は、塩分の補給も必要です。スポーツ飲料のほかに塩あめなども用意するといいですよ!そして“喉が渇く前に少しずつ飲む”ことが大切です!

   

途中、ケーブルカーの山上駅付近に自動販売機もありますが、もちろん歩き始めから持参するべし!登る日の気温や湿度などを考えて用意しましょう!最高気温が30度以上の真夏日などは、ここに到着するまでに500ミリリットルのペットボトル2本くらいは用意しておくと安心です。

   
   

樹齢450年の「たこ杉」とその横にある「開運ひっぱり蛸」。開運を引き寄せるために、登山客たちが次々に蛸の頭をなでていました。この日の高尾山は親子連れでにぎわっていて、私もしっかり蛸の頭をなでてきましたよ。イイコトがありますように♪

   

高尾山・薬王院にある 願叶輪潜(ねがいかなうわくぐり)の石碑。10人以上の人が並んでいたので、今回は断念しました!この石碑をくぐった後、願いが届くように大錫杖を打ち­鳴らします。煩悩を除去し、知恵を授かるというご利益があるそうです。自分のお願い事を強く念じながら、名前と住所も念じるとさらにいいという話も。とっても人気のスポットです。次回こそはっ!

公式サイト:高尾山薬王院

   

願叶輪潜のすぐそばにあったお茶屋さんで一服♪ぶどう酢入りのソフトクリームとお団子をゲット。酸っぱさと冷たさが暑さでへばっていた身体を生き返らせてくれましたー。お団子もぺろりと食べて、最後のひとふんばり!いざ頂上へ。

山頂からは富士山の眺望も!

   

私は何回か高尾山に登っていますが、高尾山の頂上から富士山が見えた確率って低い気が……。でもきっと運がいい人は見えます!空気が澄んでいる冬場には、ダイヤモンド富士も見えるそうですよ。富士山を見ると、なんだか不思議と得した気分になるのってどうしてでしょう?(この写真には中央にうっすらと富士山が映っています)

   

頂上にも食べ物屋さんがあります。うどんやそば、かき氷などなど。もちろん自動販売機や売店も。お弁当を持参しなくても頂上にお店があると嬉しいですね♪頂上だけでなく手前にも食事ができるお店がありました。

復路は同じ道でも、別の道でも!

   

高尾山頂上をたっぷり楽しんだら、次は下山です。体調はどうでしょう?時間や天候は?同行のお友達の意見も聞いてみましょう。体力的に心配とか、早く下山したい場合には、ケーブルカーやリフトを使うこともできます。

同じ道を戻る選択肢もあります。その場合は来た道を戻ればよいので気分的に楽です。それと道もほぼ舗装されているので、往路同様歩きやすくて身体的にも楽ですね♪

   
   

別の道を歩くことも可能です。今回私は、「稲荷山コース」を下山コースに選びました。こちらの道は、「表参道コース」とは違って舗装されていない山道。より登山らしいコースを楽しみたい人はこちらがおすすめ!

状況によって復路のコースを選べることも高尾登山の魅力ですね♪時間と体力、コースの特徴から選びましょう。

●1~6号路、稲荷山コースの詳細:高尾登山電鉄

登山後、疲れた体にうれしい温泉♪

   

高尾山口駅の切符販売機のすぐ横に温泉の入口があります!登山で疲れた身体を温泉で癒してください。登山客が多いときは混むのではないかという心配もありますが、下山後すぐ&駅すぐはそれでも魅力的!

公式ホームページ:京王高尾山温泉 極楽湯

高尾山登山のプランニング!

1. 誰と一緒に、いつ登る?

たとえば、台風の日に当たってしまった、一日中雨っぽいという場合には、いさぎよく日にちを変えた方が登山を楽しむことができます☆せっかく決めたのだからと強行すると思わぬ事故の元に。柔軟に計画を立てましょう! 

2. コースや大まかな歩行時間などをチェック

高尾山登山はさまざまな選択肢があります。コースタイムや景色などのコース上の魅力をチェックしながら、大まかに時間に余裕を持ったプランを立てましょう!ランチの時間も忘れずに。

3. 持ち物はできるだけ軽く!

荷物は軽く!でも必要なものは省かずに、が鉄則です。初めてだとあれもこれもと荷物が多くなりがちですが、重い分だけ歩くのが大変だし、体力も奪われてしまいます。飲みものに続いて大切なランチについて考えるのも登山の楽しみのひとつといえます♪ゴミはすべて持ち帰ることもお忘れなく。

4. 温泉には入る?入らない?

温泉に入る場合は着替えなどが必要です。駅にコインロッカーがあり、預けることも可能ですが、数に限りがあるので要注意!登山と温泉はセットというくらい、山に登ったら温泉に入りたいと思ってしまいます♪もし入らない場合でも、Tシャツの替えがあれば、帰りの電車で快適に帰ることができますよ。足元も登山靴からサンダルに履き替えると快適です♪

魅力いっぱいの高尾山へ出発しよう♪

はじめての高尾山登山に向けてお伝えしてきましたが、準備は整いましたか?私が登ったときには、スタンプラリーの親子イベントをやっていて、小学生とその親たちがたくさん登っていました。お子さんたちは「まだ?」と言ってぐずったりしながらも、一歩一歩前に進んで、頂上まで辿り着いていました!

自分のペースで、休みながらでもゆっくり「頂上まで登る」という気持ちさえあれば、目的の地に辿り着けるのが、登山の魅力のひとつなのかもしれませんね。不思議と頂上まで登ってランチを食べていると「疲れたけど、なんか気持ちいい」「おにぎりがいつもより美味しい」と笑顔になれるんですよね☆

高尾山には、ほかにもたくさんの魅力があります!はじめて高尾山に登る人は、事前に得た情報を頭の片隅に置いておきながらも、実際に登って感じる、自分だけの高尾山の魅力を発見してほしいなと思います!きっとあなたも高尾山のリピーターになってしまうはずです♪


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

登山 ハイキング キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪