hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ジェントス

>

日本トップシェアのジェントスと他ブランドを比較!ジェントスのおすすめランタン8選!

日本トップシェアのジェントスと他ブランドを比較!ジェントスのおすすめランタン8選!

 キャンプ

山中のテント

出典:ジェントス

ジェントスは、LED製品でトップシェアを誇る人気のブランド。LEDライトやランタン、ヘッドライトなど豊富なラインナップと、快適な光量、使いやすさとコスパが人気の秘密です。今回はそんなジェントスの魅力とおすすめのLEDランタン・ライトをご紹介します!


 目次


ジェントスとは

光が手からもれるている様子    

出典:ジェントス

ジェントスは、LED製品を扱う日本のブランドです。私たちの生活において、光は必要不可欠な存在。”暮らしに欠かせないパートナーグッズ”をテーマに、アウトドア、ライフスタイル、工場、レスキューなど、様々なシーンにおいて最適な光を提供しています。

ジェントス製品の魅力は品質の高さと豊富なラインナップです。光量や点灯時間といった性能、ペンライトやヘッドライト、ランタンやデスクライトといった多種多様なアイテム。そして比較的お値段が安いことも特長の一つです。ジェントスは日本でトップレベルのLED製品を生み出しています。

比較のポイントは?

ジェントスのランタンにも種類は様々。比較するためのポイントは3つ挙げられます。

明るさ

ランタンのもっともきにするべきポイントがそのランタン明るさ。ランタンをどのようなシーンで使うかによって必要な明るさが変わってきます。ジェントスでは明るさを「ルーメン」で表しており、一般的には、

・テントサイトなど、屋外で使うメインランタン:200~250ルーメン以上
・テーブル付近など、手元を照らすテーブルランタン:100ルーメン以上
・持ち歩き持ち歩きや寝室用のテントランタン:100ルーメン未満

と言われています。ジェントスのランタンは性能が高く、ルーメンの高いものが多くなっていますが、シーンによって向いている明るさがあることを前提に、最適なランタンを選ぶようにしましょう。

サイズ

明るさと同様に、どのようなシーンで使うかによって最適なサイズも変わってきます。広範囲を大きく照らしたい場合には、サイズの大きなランタンが最適ですが、テーブルランタンが大きすぎては邪魔で仕方がありません。また、テントランタンの場合、天井からつるすことなどもあります。サイズが大きく重すぎるとテント内では使いにくくなるので、注意しましょう!

電池

LEDランタン特有の比較ポイントが電池。電池が切れてしまうとランタンの役割を果たさなくなるため、電池の寿命がどれくらいの期間で来るのかを確認しておかなければなりません。また、サイズや重さに関わってきますが、電池の種類にも注意が必要です。単一から単四まで、間違えずに持っていくことはもちろん、単一電池だと持っていくのに多いし重たいしで手間に感じてしまうこともあります。

ここからのランタン紹介ではこの3つの比較ポイントを意識して、どのランタンが最適か探っていきましょう!

【口コミ付き】おすすめのランタン8選

近年のアウトドアブームで注目されているのが、ジェントスのLEDランタンです。アウトドアブランドからも多種多様なLEDランタンが発売されていますが、ジェントスのLEDランタンはその中でもトップレベルの昨日を備えています!デザインはシンプルでスタイリッシュなものが多く、初心者からベテランの方まで、多くのキャンパーさんにおすすめできるランタンです。

 

我が家の使い分けとしては、就寝時はインナーテントでLow点灯。真っ暗だと何かあった時に怖いので。キャンプ時に夜間トイレの移動ではHighモードなどで使用しています。
キャンプ時は夜中点灯しっぱなしだけど、10ヶ月は電池は持ちますね♪

greedcamper
 

良いところ>
なんといってもコストパフォーマンスの高さ。トータル的に品質も良く実用的な商品。まず買っても”損した(やってもた)”などにはならないでしょう。
悪いところ>
電池の裏フタを閉める時に少し面倒。本体とフタにある矢印を、その都度見ながら閉めるのはちょっとね。これ以外で悪いところが見当たらない。

greedcamper
 

LEDランタン=テーブルランタン
この概念を覆すLEDランタンですっ!!
ダイヤル式のボタンを採用しているので明るさの調整は無段階調整が可能!!
あなたのお好みの明るさに調整できます♪
白色or暖色の切り替えが可能♪
作業の時は白色、キャンプの時は暖色がおすすめですよ

ナチュラム
 

ここがいい
●シーンに合わせて4種類の光が選べる
●EX-777XPよりコンパクト
●単3電池を使用するので 電池を用意しやすい

もうちょい
●単3電池はうれしいが 6本て。。。多すぎない?
●もうちょい安いと助かります

あっちゃんの うちキャン
 

白色光の場合、側方30cmで395luxの明るさを発揮するガスランタンのSOTOのST-233を上回ってしまいました。暖色ではST-233の方が明るいので、まだST-233を使う意味は有りますが、徐々にLEDランタンで全部まかなえる時代になりつつあるようです。

Percussion cap
 

明るさに関しては、もう誰も文句言わないでしょ?だって、600ルーメンですよ。本なんてもっと暗くても余裕で読めますwGENTOSの光色調整機能を持った、中型ランタンSOL-013Cも明るいランタンですが、暖色では圧倒的に016Bの方が明るく、白色光ではやや013Cの方が明るいようです。他に対抗できる明るさのランタンは無いので、暖色で明るいランタンが欲しかったら016B、暖色に拘らず白色でも良いから明るいランタンが欲しいなら013Cと言ったところでしょう。

Percussion cap
 

ソロキャンプやテント内に適したランタンです。
影ができないので性能以上に明るく感じます。
デザインも良く雰囲気も悪くないと思います。
電池を入れた状態でイワタニプリムスのマイクロガスランタン+ミニOD缶と同じ重量&照明時間ですので、登山でランタンの明るさを求める人にも選択肢に入ると思います。

Amazon
 

これからLEDのメインランタンを購入するならEX-000Rがおすすめです。明るさも最強で強靭、スマホを充電できる優れもの。まさにキャンプ向きのランタンです。

魅惑のキャンプ
 

デザインはかぐや姫のなよ竹をイメージでもしているのでしょうか、まさに光る竹です。
インテリアとして室内に置いておいても問題ない形状でしょう。
明るさと配光を見ると作業用ランタンというよりもテント内の補助光的な使い方になると思います。
スイッチは蓄光素材を使用しているので消灯後仄かに光っています、突発的な停電にも対応できるやさしい設計ですね。
防水性能はIPX4と生活防水程度です、小雨程度なら良いですが湿度には大変弱いみたいです。
値段帯から見てもファミリーキャンプ程度の使用を考えたランタンでハードな使用には適しません。
室内の緊急的使用にしても浴室などの湿度の高い場所の使用は控えたほうがよろしいでしょう。

Amazon

ジェントスのランタンはメインランタンとしても使える!

最大1000ルーメンのランタン

ここまでジェントスのランタンを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?個々のアイテム紹介でも少し触れましたが、ジェントスのランタンは非常に明るいものが多く、メインランタンとしても使えます。LEDランタンと聞くと、あまり明るくなく、せいぜいテーブルの周辺を照らす程度というイメージがありましたが、もうその時代も終わりです。

一般的に、野外で使うメインランタンは最低でも200~250ルーメン必要と言われていますが、ジェントスのランタンの多くはこれをクリア。先に紹介したEX-1000CやEX-000Rのように最大1,000ルーメンもの明るさを誇るものまであります。メインランタンを買い換えよう!と思っている方、これからキャンプを始める!という方は、ランニングコストが高く明かりの色まで選べる上に、十分な明るさをもつ、ジェントスのランタンがおすすめですよ♪

【番外編①】ハンズフリーのヘッドライト!

ジェントスにはランタン以外にもおすすめが!一つ目が「ヘッドライト」。暗いところで作業をするのに最適で、暗い場所を出歩く時もヘッドライトならば両手をふさがず明るく照らせるので安心です。キャンプ、釣り、登山などのあらゆるアウトドアや、夜の庭で作業するなんて時にも活躍するヘッドライトを少しご紹介です。

ヘッドライトについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

【番外編②】使いやすさ抜群のペンライト

2つめのおすすめが「ペンライト」。キャンプなどのアウトドア、車のメンテナンスなどの作業、停電時などの非常灯として、使い勝手がいいのがペンライトですよね。片手で扱いやすく、しかも明るい!ジェントスのペンライトの中でも、特に人気の2シリーズからおすすめの商品を少しご紹介!

ペンライトについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

もっとたくさんのランタンをチェックしたい方はこちらの記事をチェック!

まとめ

人々の生活に欠かせないLEDライト。夜になっても快適に活動するためには、ジェントス製品は要チェックです!


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪