hinata

>

ライフスタイル

>

猛暑でもお部屋は涼しく快適に!ゴーヤで緑のカーテンを作ってみよう

猛暑でもお部屋は涼しく快適に!ゴーヤで緑のカーテンを作ってみよう

 ライフスタイル

ゴーヤ

出典:pixabay.com

育てて楽しい食べて美味しい、ゴーヤで作る緑のカーテンについてご紹介していきます。緑のカーテンの効果やゴーヤの育て方、ゴーヤを使ったレシピなどなど。これを読めばきっとあなたも緑のカーテンを作ってみたくなるに違いありません☆

緑のカーテンにチャレンジしよう

ゴーヤ    

出典:ivva / flickr

近年お家の軒先やベランダ、公共施設などでよく見掛ける緑のカーテン。これは、蔓(つる)性の植物をネットに這わせたものです。この緑のカーテン、ただ単に日差しを遮って部屋を涼しくするだけのものと思ったら大間違い!いろんな魅力がいっぱい詰まっているんです。暑い夏に向けて、今年はゴーヤで緑のカーテン作りにチャレンジしてみませんか?

緑のカーテンの効果

森林    

・日除け
直射日光を遮ることにより、部屋の中(カーテンの奥)の温度を下げてくれます。

・打ち水効果
水は蒸発する時に周りの熱を奪うので、気温が低くなります。これが打ち水効果。植物は根から水を吸い、葉から蒸発させるのですが、この時に打ち水効果と同様、周りの温度を下げてくれるんです。

hinata読者のみなさんなら、キャンプやハイキングはお好きですよね?その時、ただの日陰よりも、木漏れ日のある空間の方が心地良く感じていると思います。

そう、緑のカーテンは、お部屋に木漏れ日を造り出してくれるんです。緑のカーテンを通して入ってきた空気はひんやりとしていて、真っ暗にはならず、柔らかな光が射し込みます。

そんな風にイメージすれば、分かりやすいと思います。

土に刺さったスコップ    

出典:pixabay

また、緑のカーテン作りに付随して、土いじりは五感を刺激し、リラックス効果を高めると言われています。“園芸セラピー”と言って、医療や福祉の現場でも積極的に取り入れられているんですよ。

ゴーヤをおすすめする理由とは

ざるに乗ったゴーヤ    

出典:デルモンテの野菜苗 / Facebook

緑のカーテンの大半はゴーヤで作られていますが、どうしてゴーヤなんでしょう?ゴーヤで緑のカーテンを作る理由は以下の通りです。

・成長が早い
・病害虫に強い
・葉がたくさん茂る
・葉が柔らかい
・生育期間が長い
・実が食べられる

つまり、ゴーヤは比較的簡単に育てられ、柔らかな葉が適度に光を取り入れてくれ、スタミナのつく実が収穫でき、日差しが弱くなる秋頃まで枯れずにいてくれる、というわけです。

ゴーヤの緑のカーテンの作り方

それでは早速、ゴーヤで緑のカーテンを作ってみましょう!
用意するものは、ゴーヤの苗、プランター、園芸用の土、鉢底石、化成肥料、支柱、ネット。

地植えをする場合は、堆肥を入れて耕し、畝を作る必要があります。ベランダではなくお庭で栽培する場合も、まずは地植えよりもプランターでやってみる方が簡単かもしれません。ただし、プランターの場合は地植えよりもしっかりと水遣りをしなければなりません。

ネットはいろいろな張り方がありますが、育てる場所に応じて工夫しましょう。なるべくたるまないようにピンと張って、倒れないように固定します。

太い支柱を組んで枠を作り、ネットを張って壁に立てかけています。

上階からネットを吊り下げる方法。下に角材やブロックなどの重しをくくりつけましょう。

ベランダに張られたネット    

すだれ用のフックを利用する方法も。

ネットの準備ができたら植え付けです。

並べられたプランター    

出典:デルモンテの野菜苗 / Facebook

買って来た苗は小さくても、驚くほど大きく成長します。けれども、そのためには水と栄養が不可欠。「えっ、この苗にこんな大きなプランターを使うの?!」と思うぐらいのプランターを用意して、たっぷり土を入れてあげましょう。

土の袋の下に水抜き用の穴をあけて、そのまま袋に植える方法もあります。写真にある土の袋は、そのまま植えることを前提としているので、底にマチがあってどっしりと置けるようになっています。

名称:キッチンガーデン培養土 果菜用(肥料入り) 15L
価格:1,190円
購入はこちら:デルモンテ キッチンガーデン培養土 果菜用 15L

植え付け後は、特にプランター栽培の場合、しっかりと水遣りをしましょう。乾燥防止に根元に藁(わら)や籾殻(もみがら)を敷くのも有効です。葉の色が薄くなってきたら、肥料切れのサイン。ただし、肥料が多すぎるとかえって植物にとってよくないので、頻度や量はお使いの肥料の説明書きをよく読んであげてくださいね。

網にゴーヤのつるを巻き付ける様子    

緑のカーテンを作る上でとても大切なのが摘心。先端を指でつまんでちょん切ってしまいましょう。こうすることで、脇芽が伸びて、どんどん枝分かれするので、葉っぱがたくさん茂ります。

ゴーヤの蔓は勝手にネットに巻き付いていきますが、出来るだけまんべんなくネットを覆うように誘引してあげるのもポイントです。

ゴーヤを使った絶品レシピ

ゴーヤが収穫出来たら、さっそく食べてみましょう。採れたての野菜の美味しさは格別ですよ♪

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー    

出典:kikkoman

ゴーヤと言えばやっぱり外せないのがゴーヤチャンプルー。定番中の定番ですが、簡単で美味く栄養満点!三拍子揃っています♪
詳細はこちら→kikkoman

ゴーヤのチンジャオロース

ゴーヤのチンジャオロース    

出典:suntory

ゴーヤと並んで美味しい苦味野菜と言えばピーマン。いつもはピーマンを使って作るチンジャオロースをゴーヤに替えてみたら?もうご飯が止まりません☆
詳細はこちら→suntory

ゴーヤと生ハムのバーニャカウダ風サラダ

ゴーヤと生ハムのバーニャカウダ風サラダ    

出典:suntory

シャキシャキ感が失われない程度にサッと茹でたゴーヤのサラダ。にんにくを効かせたバーニャカウダソースで、サラダなのにスタミナ満点♪
詳細はこちら→suntory

ゴーヤ以外にもこんな植物で緑のカーテンを

アサガオ

アサガオ    

出典:克年 三沢 / flickr

誰もが一度は育てたことがあるであろうアサガオ。一年草のアサガオは種を採取して翌年も育てられます。宿根の西洋アサガオは晩秋まで咲き続けます。

風船かずら

風船かずら    

出典:Tatsuo Yamashita / flickr

白くて小さな花が受粉すると可愛い風船を膨らませる風船かずら。中にはハート模様のタネが入っています♪

他にもへちまやシカクマメなども簡単で緑のカーテン向きです。

我が家の緑のカーテン

ベランダに置かれた植物    

リビングの前にゴーヤが2つ(袋栽培)と、西洋アサガオ

ベランダに植えられた植物    

子供部屋の前に西洋アサガオ(買って来た苗)と、去年採取した種を蒔いたアサガオと風船かずら。ちなみに奥の大きなプランターはメダカとヌマエビのビオトープ。

プランターに植えられた植物    

最後に、窓辺ではありませんが、ゴーヤとキュウリとメロン。キュウリは蔓で伸びますが、葉っぱの落ちるのが早いので、緑のカーテンには不向きです。

まとめ

以上、緑のカーテンの効果と作り方、ゴーヤのレシピなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?苗は園芸店やホームセンターなどで購入するほかに、エコの観点から配布会を開いている自治体もあるので、一度お住まいの地域の広報やホームページもチェックしてみては?この夏はいつもよりも涼しく快適に過ごしちゃいましょう!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

DIY キャンプ料理 夏キャンプ


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪