【葛西臨海公園】バーベキューから水族館まで一日中遊び尽くせ!魅力を徹底解説☆

hinata

>

キャンプ

>

【葛西臨海公園】バーベキューから水族館まで一日中遊び尽くせ!魅力を徹底解説☆

【葛西臨海公園】バーベキューから水族館まで一日中遊び尽くせ!魅力を徹底解説☆

 キャンプ

葛西臨海公園は、バーベキューから潮干狩り、水族園に観覧車と、都内とは思えないほどアクティビティが充実したスポット!雨の日もテントの貸し出しなどでバーベキューを楽しめたり、天候に左右されず一日中楽しめるところなんです◎そんな葛西臨海公園の魅力を紹介します!


 目次


葛西臨海公園へのアクセス

   

出典:公園へ行こう

JR京葉線の葛西臨海公園駅から公園の入り口は歩いてすぐですが、公園はとても大きいので歩きやすい服装で来られるのをおすすめします。駅のロータリーにはコンビニエンスストアやファーストフードショップがあります。

所在地:江戸川区臨海町六丁目
開園日:常時開設※サービスセンター及び各施設は年末年始は休業となります。
入場料:無料(一部有料施設あり)
  

混雑に注意!電車での来場がおすすめ

   

駐車場は第一駐車場から臨時の第二駐車場、第三駐車場までありますが、土日祝日など混雑する時は入庫するまでに時間がかかる事があります。第一駐車場が満車になると第二駐車場に案内されます。冬場でも休日は第一がすぐに満車になるため、これからの季節は駐車場に入るのに時間がかかるかもしれません。そのため公共交通機関のご利用がおすすめですよ! 駐車場の利用時間は24時間ですが、第二駐車場と第三駐車場は夜間のご利用は出来ません。

【駐車料金】
普通車:1時間まで200円、以後30分毎に100円
大型車:2時間まで1,500円、以後30分毎に500円
※2,000円札以上の高額紙幣のご利用は出来ないため、小銭をご用意ください。

小さいお子さん連れに目の届く大きさが嬉しい!わくわく広場

   

広大な公園でお子さんがあちこち移動すると探したり、園内を走る自転車などにぶつかったりしないよう配慮するのに一苦労ですが、こちらのわくわく広場は柵がついているので安心です。芝生広場に隣接するわくわく広場は、7歳未満(未就学児)の幼児を対象とした遊び場となっており、ロッキング遊具、ネット遊具、スライダーなどを設置しています。

バーベキュー広場は完全予約制&手ぶらでもOK!

   

葛西臨海公園ではバーベキュー広場でバーベキューを楽しむ事が出来ます。完全予約制で60日前からの受付になるため、ご予約はお早目にどうぞ。
バーベキューに必要な器材すべてと食材がセットになった手ぶらプランは種類も豊富で、こだわり食材を味わえます。雨天時は簡易テントの無料貸出もあるので天候不順のときでも安心ですね。そのほか、器材だけをレンタルするツールプランや食材の単品販売も行ってます。手ぶらでも持ち込みでも気軽にバーベキューが可能ですが、駐車場からバーベキュー広場まで荷物を運ぶのに距離があるため、台車などがあると楽です。

   

【申し込み方法】
完全予約制(利用日の60日前より受付)
予約受付センターTEL:050-5835-0493
受付時間 9:00~18:00
【 利用時間】
・7月~9月(毎日)及び6月、10月の土日祝日
デイタイム/10:00~16:00、サンセットタイム/17:00~20:00
・6月~10月の平日及び11月~5月
10:00~16:00

葛西臨海公園を走る汽車??

   

とにかく場内は広いのであちこち歩き回るとくだびれてしまいます。そんな時に便利なのがパークトレインです。パークトレインは葛西臨海公園を走るかわいらしい汽車型の乗り物です。全長約3.1kmを葛西臨海公園の名所をガイダンスをしながら25分かけて走ります。晴れた日には遠く房総半島やアクアラインが望めるパークトレインで、ひとときのリゾート気分を味わってみてはいかがでしょうか?

葛西臨海公園と言えば、葛西臨海水族園

   

葛西臨海公園の敷地内にある葛西臨海水族園は、ドーナツ状の大型水槽を群遊するクロマグロなどの回遊魚の展示が名物です。昨年クロマグロ達が謎の大量死を遂げニュースで大騒ぎになりましたが、今は新しく迎えたクロマグロ達と唯一生き残ったクロマグロが大きな水槽を元気よく泳ぐ姿を見る事ができます。

【施設詳細】
開園時間:9時30分~17時
休園日:水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)、年末年始(12月29日~翌年1月1日)
入園料:一般700円、中学生250円、65才以上350円

   

葛西臨海公園の観覧車、「ダイヤと花の大観覧車」は地上高117メートルの大観覧車です。この大観覧車に乗って地上117mの上空から周囲を見渡すと、世界的に有名なテーマパーク、レインボーブリッジ、アクアラインの海ほたる、都庁、東京タワー、東京スカイツリー、東京ゲートブリッジ、房総半島から富士山に至るまで関東の有名観光名所を一望でき、約17分の空中散歩を楽しめます。 ダイヤと花の大観覧車は相席をおこなっていないため、 カップルや家族だけでゴンドラを独占して出来ますよ。

【料金】
一般(3歳以上):700円(団体・シルバー・障がい者割引きあり)
※観覧車は、水族園のチケットを大観覧車チケット販売窓口にご提示いただきますと1割引になります。

季節によって綺麗な花も

   

場内には様々な樹々や草花が植えてあります。ちょうど梅が咲き始めた頃(2/21)で、今ごろが見ごろではないでしょうか。梅の木はバーベキュー広場付近に多くありました。

   

親水護岸に沿う緩やかな勾配の芝生広場、東京湾を望む展望レストハウス「クリスタルビュー」、芦ヶ池などがあり臨海部の景観や香りを満喫できます。凧あげを楽しむ親子連れが沢山いました。これだけ広いところじゃないと都心で凧あげは難しいですもんね。広場の横には菜の花の絨毯が咲き誇っていました。

葛西海浜公園の人口浜で貝殻拾いや潮干狩り!

   

海上には葛西渚橋で結ばれた人工渚(葛西海浜公園)があり、春から夏にかけては、大勢の水遊び客で賑わいます。人工渚は西、東とありますが、東なぎさは、立入り禁止で、野鳥の楽園となっています。 潮干狩りができるのは葛西海浜公園の西なぎさです。
またこの西なぎさには無料で利用できるバーベキュー場があります。
天気の良い日に潮干狩りを楽しみながらバーベキューとか最高ですね!葛西臨海公園と葛西海浜公園は管轄が違う別の公園なので、バーベキューの予約は不要です。 利用する際は、なぎさにある管理事務所の方に一声かけたうえで、以下の決まり事を守ってくださいね。

・ゴミは全て持ち帰り
・16:00には完全撤収
・水道施設で器具を洗ったりするのは禁止
・直火禁止

   

こちらの浜ではあさりは採れないようで、はまぐりやマテ貝が取れます。
暖かくなるとカニや小魚などを捕まえたり子ども達が磯遊びをするのにちょうどいい海岸になるそうです。

   

貝殻を拾うだけでも十分楽しかったです。

   

また、葛西臨海公園からは東京水辺ラインの乗り場があります。ゲートブリッジ、お台場、東京タワー、レインボーブリッジなどを見ながらスカイツリーのそびえる浅草方面に向かう事が出来ます。水上から東京の名所を眺めて進む観光やデートも楽しそうですね。 詳しくは東京水辺ラインオフィシャルサイト【水上バスで行こう!】をご確認下さい。

   

葛西臨海公園は、海を挟んだ向こうに夢の国ディズニーランドが見えます。公園でゆったりと羽を伸ばして過ごす休日も大切ですよ☆これから梅や桃や桜の花が咲き、芝生や樹々も色づき公園遊びが気持ちよくなります。ご家族や恋人と季節の移り変わりをお楽しみ下さい。


この記事で紹介したスポット


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner