hinata

>

アクティビティ

>

アクティブ女子必見☆大空を飛び回る「ウィングスーツフライング」がエキサイティングすぎる!

アクティブ女子必見☆大空を飛び回る「ウィングスーツフライング」がエキサイティングすぎる!

 アクティビティ

ウィングスーツフライングでドバイの海を飛ぶ様子

出典:Richard Schneider / flickr

皆さんは「ウィングスーツフライング」をご存知ですか?その名の通りウィングスーツを見にまといながら、ムササビのように空を飛ぶことができるアクティビティです。日本では、まだ知名度が低いですが、もし自由に空を舞うことができたら、、、と考えると夢のようですよね!今回は「ウィングスーツフライング」の魅力についてご紹介します。


 目次


ウィングスーツフライングとは?

雲の上でウィングスーツフライングをする様子    

出典:BatCam Photography / flickr

映画などでも一度は見たことがある人もいるかと思いますが、ウィングスーツフライングとは、手と足の間にムササビのような布を張った特殊なスーツを身にまとい、上空から飛ぶエキサイティングなスポーツです!

スカイダイビングはパラシュートを開くのが早く、空を落ちているという感覚に近いですが、ウィングスーツフライングの場合は、風を切って本当に「飛んでいる」という感覚なのだそう☆とってもエキサイティングで、一度は飛んでみたくなりますよね!技術が上がれば上がるほど楽しむことができ、横に滑走したり、雲の合間を縫って飛んだり、人間が鳥になった気分を味わうことができますよ♪

ウイングスーツをきて山を歩く人たち    

出典:Leo-setä / flickr

ウイングスーツで飛ぶことを、「ウイングスーツフライング」または 「スカイフライング」と呼び、ウイングスーツで飛ぶ人のことを、「ウイングスーツ・パイロット」、「ウイングスーター」、「スカイフライヤー」などと呼ぶそうです!

まずは、どのようなものなのか動画をご覧ください☆

ウィングスーツの仕組み

ウィングスーツは空気を全く通さないように特殊なナイロン素材で作られています。また、両手からお腹の方にかけてと、両足の間はラムエアー構造でできており、広げることでムササビのように飛ぶことができます。ラムエアー構造とは吸入口から空気が入るとパンパンに膨らんで硬くなる仕組みのことをいいます!自由に飛び回るウィングスーツフライングだからこそ、このような、計算し尽くされた構造になっているのも納得ですよね☆

誰でも飛べるの?

ウィングスーツフライングで荒野上を飛ぶ男性    

出典:Skydive Lillo Centro de Paracaidismo / flickr

とってもクールなウィングスーツフライングですが、自由に空を飛べるなんて夢のようなこと、誰でも簡単にできるものなのでしょうか。見るからに難しそうですよね、、

残念ながら、ムササビのように空を飛ぶのは、やはり簡単ではないみたいです。ウィングスーツで飛ぶには、世界基準のルールがあります。そのルールでは、スカイダイビングの経験が最低でも200回、平均500回以上ないと、ウィングスーツフライングの許可が降りないことになっています。また経験者から1対1でレクチャーしてもらうなど、様々な制約があります。いつか、安全性が確率されて、もっと多くの人が体験できるようになると良いですね☆

アジア人初のウィングスーツインストラクター

「伊藤慎一氏」

伊藤慎一氏がウィングスーツフライングで空を飛ぶ様子    

出典:ウィングスーツフライング

1964年東京生まれ。大学卒業後に陸上自衛隊に入隊し、警護のスペシャリストとしてのスキルを身につけ、現在はチーフインストラクターやテストパイロット、開発エンジニアなどとしても活躍されています。

伊藤さんは、学生の頃に体験したスカイダイビングの経験から、空の世界にのめり込み、合計降下回数2000回以上とのこと!そして、2006年にウィングスーツと出会い、アジア人で初めてのウィングスーツインストラクター資格を取得しています。その後も、4つの部門でギネス世界記録を樹立し、今も多くの記録を伸ばしています。

神業!68人のフライヤーが同時に!

たくさんのフライヤーが同時にウィングスーツフライングをする様子    

出典:ウィングスーツフライング

2009年にアメリカのカリフォルニア州で、世界から集まった68人のフライヤーがフォーメーションを組んで、世界最多数の記録になっています。このときも、伊藤さんは参加しています。ウィングスーツでのフライングは高度な技術がないと同じスピード、同じ位置で飛ぶのは難しいですが、それを68人ものフライヤーが同時に飛ぶことができたのは、本当に凄いですよね!

他にも

こちらは、断崖すれすれで飛んでいます。スピードもかなり出ています。一緒に飛んでいるかのようなエクストリームな動画です。思わず目を覆いたくなります!世界には凄い人がたくさんいますね☆

ジェットエンジンを付けるとさらにエキサイティングに

ウィングスーツフライングは、風を切るように飛ぶことはできますが、鳥のように羽ばたくことは不可能です。ですが、「さらにスピードをあげたい!」「長い距離を滑空したい!」というチャレンジャーな方には、ジェットエンジン付きのウィングスーツもあるようですよ!ピクサー映画「トイストーリー」のバズのようですね!ジェットエンジンが滑空できる距離が、通常のおよそ倍の80km約15分ほど飛ぶことができるそうですよ☆

スカイダイビングで疑似体験?!

ウィングスーツフライングまではいかなくても、スカイダイビングならできそうですよね!むしろ、インストラクターと一緒に飛べるダンデムジャンプなら ウィングスーツよりも簡単かも?!と思ってしまいそうです(笑)ルールにもあるように、まずはスカイダイビングからということで、スカイダイビングができるおすすめのスポットをいくつかご紹介します。

東京スカイダイビング

夕日の大空を飛ぶ2人    

出典:kristianridley / ゲッティイメージズ

会員数が国内最大級のスカイダイビングクラブです。2人用のパラシュートを装着したインストラクターと一緒にスカイダイビングを楽しむことができます。飛び出す高度は日本国内でも最高高度の約3,800mで、富士山よりも高く飛ぶことができます☆空での空中浮遊を約10分間も満喫♪天候に恵まれれば東京湾も一望できるそうですよ!

【基本情報】
名称:東京スカイダイビングクラブ
所在地:埼玉県比企郡川島町山ヶ谷戸496
集合場所:埼玉県桶川市 ホンダエアポート滑走路横
TEL:090-3804-2913
営業日:土・日・祝日
予約:東京スカイダイビングクラブ予約ページ
料金:32,000円〜(ビデオ撮影・写真撮影付は+16,000円)
公式HP:東京スカイダイビングクラブ公式HP

藤岡スカイダイビングクラブ

スカイダイビングで輪になって手を繋いでる様子    

出典:German-skydiver / ゲッティイメージズ

高度4000mと富士山より高い位置からダイブすることができます!日本で1番長い約60秒のフリーフォールを楽しむことができます。長い時間を比較的お得料金で体験できます。初心者の方も、丁寧にアドバイスしてもらえるので、すぐに上達することができます!

【基本情報】
名称:藤岡スカイダイビングクラブ
所在地:栃木県栃木市藤岡町藤岡1837
TEL:0282-62-5390
料金:28,000円〜(写真orビデオ撮影付39500円 写真andビデオ撮影付42500円)
公式HP:藤岡スカイダイビングクラブ公式HP

スカイダイビングFast

飛行機から降下するスピードは200キロほど。最初は風にあおられて呼吸も難しいかもしれないですが徐々に慣れてきます。パラシュートを開いたあとはインストラクターと普通に会話ができるほどの遊覧飛行を楽しむことができます!そのため、着地するときのパラシュートのオープンショックも少ないそうですよ!

【基本情報】
名称:スカイダイビングFast
所在地:埼玉県狭山市狭山台2丁目1-2-14-502
営業日:土・日・祝日(2名以上の予約で毎日開催)
TEL:04-2941-3329
料金:39,800円〜(写真・動画撮影は+10,000円)
公式HP:スカイダイビングFast公式HP

関西体験タンデムスカイダイビング

夕日と大空を飛ぶ人々    

出典:Rene_Keller / ゲッティイメージズ

大空にダイブしたら約40秒間のフリーフォール!そのあとはパラシュートで空中遊泳を楽しみます。ダンデムスカイダイビングなので、インストラクターと一緒に飛ぶことができるので安心ですね!たった10分の講習で、すぐに飛べるのも魅力の一つです☆

【基本情報】
名称:SKY DIVING KANSAI体験ダンデムスカイダイビング
所在地:兵庫県豊岡市岩井字河谷1598-34
集合場所:コウノトリ但馬空港 西側格納庫コウノトリ但馬空港 事業者棟1F
TEL:0796-43-1002
営業日:営業期間中(2月~12月中旬)は基本無休
予約:ダンデムスカイダイビング予約ページ
料金:50,000円(体験費用・ビデオ撮影・入会費・保険料・機材費・施設使用料含む)
公式HP:ダンデムスカイダイビング公式HP

まとめ

いかがでしたでしょうか?ウィングスーツフライングからスカイダイビングのご紹介までしました。ウィングスーツフライングの魅力が伝わりましたでしょうか?「空を自由に飛んでみたい」というのは誰しもが憧れることだと思います。ウィングスーツまではいかなくても、スカイダイビングから始めてみるのも良さそうですよね☆


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

旅行


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪