【新定番】プロ契約スノーボーダー・寺島直人さんに聞く!セパレートスノーボードの魅力とは?

hinata

>

アクティビティ

>

スノーボード

>

【新定番】プロ契約スノーボーダー・寺島直人さんに聞く!セパレートスノーボードの魅力とは?

【新定番】プロ契約スノーボーダー・寺島直人さんに聞く!セパレートスノーボードの魅力とは?

 アクティビティ

2枚の板からなるスノーボードのセパレートスノーボード。その新感覚ウィンタースポーツ、【セパレートスノーボード】の日本初プロ契約のボーダーである、寺島直人さんに取材しました!セパレートスノーボードの楽しさ、その魅力について紹介します!


 目次


セパレートスノーボードとは?

セパレートスノーボードとは、2枚の板からなる新感覚のスノーボードです。スキーとスノーボードの融合させたもののようで、フリーラインスケートのウィンタースポーツ版とも言えます。現在、注目されつつある、冬の新定番スポーツとなること間違いなし!

海外で生産されているものはデュアルスノーボード、と呼ばれていて、日本でセパレートスノーボード「nico」を買えるって感じです。nicoは日本人の体格を配慮して、設計されているので、安心です。

実際に、紹介動画を見てください!

【プロ契約スノーボーダー】寺島直人さん

小さいころからスノーボードを続けられている寺島直人さん。現在、光るスノーボードのEXPARNAやセパレートスノーボードで活躍されています。

ブログはこちら

とても意外で突然なセパレートスノーボードとの出会い

hinata編集部
まず、セパレートスノーボードをやろうと思ったきっかけってなんですか?

寺島さん
もともと契約しているボードブランドのEXPARNAさんがセパレートスノーボードnicoを作って、そこで出会いました。

突然、こういう板を二つに分けたものを売ろうとしてるんだけど、日本人で乗れる人はいないから、どんなふうに乗れるか試してみてほしい、と話をうけて挑戦しました。スキー場で練習していても、最初はぜんぜんうまく滑ることが出来ず、なんだこれ!っていう状態でしたね(笑)

日本で初めての縦回転成功者!

寺島さん
新しいウィンタースポーツの乗り物を紹介するイベントが溝の口であって、そこでセパレートスノーボードnicoのデモンストレーションをする機会がありました。ただ単に、滑るだけでは、普通のスノーボードとは変わらない!来てくれている人に、セパレートスノーボードを見て、実際のプレー姿を見て楽しんでもらいたい!と思って、ジャンプ台で縦回転をすることに決めました。もし、ここで縦回転を成功できたら、これからもnicoを続けるし、失敗したら、普通のスノーボードだけをやり続けようって感じでしたね。

hinata編集部
出会いは、とても意外だったんですね!

寺島さん
そうですね!今まで、スキー場で普通に滑るだけだったんだけど、初めて縦回転に挑戦してみて、縦回転を成功させました。それで、改めて契約を決めて、今もセパレートスノーボードをし続けている、ということに至るって感じですね。おもしろいことに、それ以来縦回転を成功したことは無くて、今でもなぜ成功できたか不思議です(笑)

楽しみ方はあなた次第!セパレートスノーボードの楽しさ

hinata編集部:
セパレートスノーボードの楽しさってどんなものですか?

寺島さん
滑っているときのトリック数が無限大です。というのも、セパレートスノーボードは、スノーボードとは違って、一枚の板に足が固定されないので、自由度が高いです。なので、セパレートスノーボードをする人によってそれぞれの楽しさがあるので、遊ぶ方向性が多いです。1枚の板に足が固定されないから、初心者の方でも恐怖心はそんなにないから、楽しみやすいみたいです。

hinata編集部
そもそもどんな風に滑るんですか?

寺島さん:滑り方は、基本的にスノーボードと一緒です。でも、板が2枚に分かれている分、足が離れていっちゃうので、離れていかないように力をいれるのが大変ですね。それもあって、ターンはスノーボードよりも難しいですね。

ターンさえ慣れてしまえば、さっき言ったように自由度が高いので、片足をあげながら滑ったり、フィギュアスケートみたいにくるくる回って滑ったりすることができます。エッジが効く部分が少ないため、急斜面では止まりにくくなります。そのため、比較的緩斜面の環境が初心者の方にはおすすめですね!

軽い・手軽!スノーボードにはない魅力とは!?

hinata編集部
どういったものがセパレートスノーボードの魅力ですか?

寺島さん
セパレートスノーボードの主な魅力は、「軽さ、安さ、持ち運びの便利さ」ですね。まず、「板がとても軽い」ってことですね。普通スノーボードでリフトに乗る時は片足を外しますが、セパレートスノーボードはとても軽いため、足を外さなくても歩くことができて、リフトにそのまま乗れてしまうことが大きいですね。板を履いたまま、歩くことが出来る、というのは、衝撃的だ!と話題になりました(笑)リフトに乗っているときも足が軽いので、楽です。

持ち運びにとっても便利!

   

Instagram (@yumakasukawa)

hinata編集部
軽いっていうのは持ち運びにも便利ですね!

寺島さん
そうですね!普通のスノーボードを持ち運ぶときには、ボード一枚も大きいし、重いので、どうしても荷物が多くなっちゃいますよね。でも、セパレートスノーボードは2枚に分かれているのでかさばらずにすみます。なので、ボード、ビンディング、ブーツが大きめなリュック一つにほぼ収めることが出来るので、荷物が少ない状態で、手軽にスキー場まで行けるのも魅力的ですね。

スノーボードより、安く買える!

hinata編集部
ボード自体でいくらぐらいかかりますか?

寺島さん
セパレートスノーボードにはスタンダードモデルというものと、ハイステージモデルというものの2種類あります。安い方がスタンダードモデルで、22,000円ぐらいで買えて、ハイステージモデルの高い方は34,000円ぐらいで買えます。

スタンダードモデルの方は、薄くて軽いので操作がしやすいですね。ハイステージモデルの方はスタンダードモデルの方と比べて、ちょっと重くなって、板の面積が小さくなって、操作がしにくいです。重くなった分、スピードも出しやすいし、ジャンプなどトリックした後の着地の安定性が増しますね。スタンダードモデルで、セパレートスノーボードに慣れたら、ハイステージモデルの方へ移るというのが、無難かもしれません。

いずれにせよ、普通のスノーボード板はだいたい60,000円ぐらいするのに、セパレートスノーボードはその半額以下で買うことが出来るので、重さ的な意味でも、金銭的な意味でも、手軽だ!ってことも魅力です。安いし、見たこともないから、ちょっと始めてみようかなという人が多いみたいですよ。

hinata編集部
ブーツやビンディングはスノーボードのものと一緒ですか?

寺島さん
一緒です。スノボをやられている人は、セパレートスノーボード板だけ買えば、すぐに始めることができます。泊まりでスキー場に行ったときは、一日目は普通にスノーボードをして2日目の途中からセパレートスノーボードに挑戦してみる、というのもありですね。

スキー場のスターになれる!

   

出典:Naoto Terashima / Facebook

hinata編集部
このセパレートスノーボードをレンタルしているスキー場っていうのはどれくらいありますか?

寺島さん
現状では、竜王スキーパークや舞子スノーリゾート、戸隠スキー場などですね。最近、レンタルを行っているスキー場が増えてきてるみたいなので、うれしいですね。

レンタルを行っているスキー場について、詳しくはこちら


寺島さん
日本で発売してから、4年ぐらい経ってきて、ちょこっとずつセパレートスノーボードをしている人が増えてきました。最近では、「1つのスキー場に1人はしている人がいる」ということを耳にして、ちょこっとずつではありますが、普及しだしたのかなーって。

セパレートスノーボードを滑れるようになって、色々トリックを決められるようになれば、とても目立ちますし、スキー場にいる人たちの注目の的です。なので、今のうちに滑れるようになっておけば、今後伸びていった時にいいことだらけですね!

hinata編集部
練習で気をつけることってなにかありますか?

寺島さん
普通のスノーボードと比べて、段違いで疲れます。板が二枚に分かれているので、離れていかないように力を入れるのですが、その時、特に内股を使うので、すごく疲れてしまいます。初めて挑戦する人は、1日ずっと滑り続けることは、とてもきついので、普通のスノボを楽しんでからの方をオススメしますね(笑)

滑り方もトリックもこれから進化する

   

hinata編集部
これから、どういうことが楽しみですか?

寺島さん
セパレートスノーボードは日本に上陸してまだ4年。僕自身滑りはまだ開発段階で、できることはきっともっとあると思うんです。ユーザーさんも増えてきましたし、滑り方やトリックは今後どんどん進化していくと思います。これからどんな新しい足技が編み出されていくのか、楽しみですね!

hinata編集部
最後に、目標とか夢を教えてください!

寺島さん
やっぱり、いろんな人にセパレートスノーボードを知ってもらいたい!やってもらいたい!ということですね。普及に向けて、試乗会や冬スポ、イベント、スクールをしています。そういったものを通して、セパレートスノーボードの楽しさや魅力を感じてもらって、もっともっといろんな人に実際に始めてもらいたいですね。短期的な目標ですが、今シーズン中に50人規模のセパレートスノーボード大会を開催させたい!って思ってます。

セパレートスノーボードの公式HPはこちら

イベント情報はこちら

寺島直人さんのブログはこちら

「軽さ・安さ・持ち運びに便利さ」が魅力的なセパレートスノーボードは、手軽に始められそうですね。今年の冬は新感覚で熱く注目されているセパレートスノーボードを始めてみて、流行を先取りにしてみてはいかがですか?これでゲレンデのスターになれること、間違いなしですね☆

画像提供:寺島直人さん



あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪