【初心者必見!】スノボのヒッププロテクターは必要だった!

hinata

>

アクティビティ

>

【初心者必見!】スノボのヒッププロテクターは必要だった!

【初心者必見!】スノボのヒッププロテクターは必要だった!

 アクティビティ

出典:flickr

いよいよスキー場がオープンし始めましたね☆今年初めて、スノボを始めようと思うけど、転んだ時が怖い、、、今回は、そんな方にヒッププロテクターのメリット、デメリットを紹介します。ケツパッドを着用して、ウィンタースポーツをおもいっきり楽しみましょう!


 目次


ヒッププロテクター(ケツパッド)って?

スノーボード初心者は特に、よく転びますよね?そんな時に便利なのが、ヒッププロテクター(ケツパッド)です。お尻の部分が分厚いクッションで守られているので、こけてもあまり痛くありません。お尻を守るだけではなく、ひざまでつながっているプロテクターもあるので、初心者の方は要チェックですね♪

ヒッププロテクターのメリット

   

Instagram (@seijiro_7)

転んだ時に打ちやすい尾てい骨、お尻を守ってくれるのが大きいです!普通の斜面で転んだらもちろん痛いのですが、氷になってしまっている斜面で転ぶと、普通の斜面より痛い上に、なかなか痛さが引きませんよね。それを防げるというのはすごく役に立ちますね☆転ぶことへの不安を減らせば、どんどん挑戦することができるので、上達が早くなること間違いなし!

   

出典:pixabay.com

また、初心者は、斜面で座ってしまうことが多いと思います。斜面に座ってウェアに水が染みてきても、水が直に伝わらないので、座っても冷たさを感じないのもメリットです♪ レンタルウェアは、何回も使われているため、防水性・耐水性が弱まっていることもあるので、ウェアをレンタルする場合はケツパッドを用意しておいた方が無難です!

どんなデメリットがあるの?

ヒッププロテクターのデメリットは、つけていると、少し動きづらかったり、晴れの日に滑っていると、蒸れて暑くなってきたりします。晴れの日は雪の表面が水っぽくなりやすいので、座っているとお尻が冷たく感じやすくなります。そういう時は、暑さと冷たさのどちらかをとって、ヒッププロテクターを脱ぐか付けたままにするか、がいいですね。

オススメなヒッププロテクターって?

   

出典:rakuten.co.jp

参考価格:2,803円(税込)
ヒッププロテクターはだいたい3000円~5000円ぐらいで買えます。3000円以下で買えるものもありますが、スポンジが薄いことが多くほとんど効果がないと思ったほうがいいですね!

   

出典:rakuten.co.jp

価格:5,832円(税込)
ボクサーショーツとプロテクションが一緒になっていて、安全で快適なものもあります。透湿性が高いので、晴れの日に蒸れる心配が少ないですよ☆

   

出典:rakuten.co.jp

価格:12,420円(税込)
本格的なかっこいいものを買いたい!という方には、エビス(eb’s)やダイネーゼ(Dainese)がオススメです。お尻だけのプロテクターもあれば、お尻からひざまでのプロテクターもあるので、転びやすい初心者は必見ですね!

いかがでしたか?今回は、ケツパッドのメリット、デメリット・おすすめアイテムを紹介しました。ケツパッドがあった方がスノボを楽しめる感じがしますね!ぜひ、この冬はケツパッドを着用して、スノボに行ってください!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

スノーボード キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner