もっと楽しもう!紅葉狩りのうんちくと持っていくべきアイテム

hinata

>

ピクニック

>

もっと楽しもう!紅葉狩りのうんちくと持っていくべきアイテム

もっと楽しもう!紅葉狩りのうんちくと持っていくべきアイテム

 ピクニック

出典:*Yaco* / flickr

秋も深くなり、赤や黄色等秋色に染まっていく周囲の景色。山の木々。紅葉狩りは、もうじき冬になるという前の貴重な楽しみの一つですよね。そんな紅葉狩りをただなんとなく終わらせてしまう、残念な思い出にしてしまうのは勿体ないと思いませんか?そこで今回は紅葉狩りをもっと楽しむためのうんちく&持っていくべきアイテムをご紹介します。

紅葉がりの語源は?

   

出典:pashadelic.com

そもそも紅葉狩りは何故「狩り」というのでしょうか?「狩り」というと山に獣を捕まえに行くイメージで、違和感を覚えませんか?「狩り」は徐々に意味が広がり野鳥や小動物を捕まえる意味、果物を採る意味にも使われるようになりました。そして、貴族が現れ草花をうっとりと眺めたりする意味にも使わたことから「紅葉狩り」と言うようになりました。

いつからあったの?

   

出典:pashadelic.com

1200年以上も前、平安時代から紅葉狩りはあったと言われています。それは、日本最古の歌集「万葉集」の中で、既に紅葉の美しさを表現した歌が詠まれているからです。狩猟をしない貴族の雅な遊びとして定着していったようです。そんな貴族の様子を真似して、江戸時代から庶民も紅葉狩りへ出かけています。1200年以上も続いている遊びなんですね。

葉が「黄」や「赤」に変わるのは何故?

   

出典:pashadelic.com

紅葉狩りは赤や黄色のコントラストを見て楽しみますが、何故色が変わるか知っていますか?紅葉は葉の老化現象なんです!普段、葉が緑に見えるのは光合成をしている葉緑体があるからで、気温が下がってくるとこの葉緑体が分解されて、緑色の色素がなくなって黄色の色素だけが残るので、葉は黄色に見えるんです。更にその糖分を蓄積した黄色が日光を浴びて赤色の色素が強くなってくるとだんだん赤色に見えてくるんですね。イチョウの場合は葉で作られた糖分が幹に吸収されてしまうので赤くなれないそうですよ。

持っていくべきアイテム

うんちくを知って紅葉狩りをするにしても出来ることなら万全の状態でせっかくの紅葉狩りを楽しみたいですよね。そこで持っていくべきアイテムをご紹介します。

動きやすい靴、服装

ハイキングやウォーキングする際や紅葉が見られるベストスポットは、落ち葉で滑りやすかったりします。出来るだけ動きやすい恰好で行きましょう。体を動かした後、温泉につかりながらの紅葉狩りなんてのも良いかも知れませんね。

防寒対策グッズ

   

出典:kaizan 2702 / flickr

朝晩と日中で気温の変化が激しい時期でもあるので、一枚羽織るものや、ダウン、温かい飲み物、カイロ等持っていくと万全です。温かい紅茶やコーヒーを飲みながら休憩がてらゆっくり見るのもまた違った雰囲気で良いですよ。

カメラ

   

出典:Hiroyuki Takeda / flickr

ケータイがあるからと忘れがちなのがカメラ!せっかく見に行くならケータイのカメラではなく、ぜひちゃんとしたカメラでステキな紅葉の写真を撮りませんか?また、キレイな落ち葉を見つけたら記念に持ちかえって、写真と一緒にアルバムを作ることも出来ますよ。

敷物

   

出典:Hajime NAKANO / flickr

この場所でゆっくり紅葉を見たい、ちょっと温かい飲み物を飲みながら休憩したいときに、汚れていて座りにくい。なんて場所も多いと思います。大きく広がるシートではなく、2人が座れるぐらいの敷物があると役立ちますよ。

雨具

   

出典:flickr

忘れていけないのは雨具です。急な雨に振られてしまい、残念な思いをしたくないですよね。山を下る際やハイキングの際は滑ることもあるので傘よりもポンチョ、カッパ、レインコートの方が両手が空いて安心ですよ。

うんちくとアイテムを持ってぜひ、思い出に残る紅葉狩りを楽しみに行きませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

カメラ 秋キャンプ ハイキング
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner