hinata

>

ライフスタイル

>

旅行

>

おしゃれでアートなモデルの数々!芸術品で溢れた直島の観光レポ☆

おしゃれでアートなモデルの数々!芸術品で溢れた直島の観光レポ☆

 ライフスタイル

瀬戸内海に浮かぶ直島。アートの島として知られ、気になっている方も多いはず。実際に直島を訪れた筆者の、半日で回れるおすすめスポットをご紹介します。目で見て素晴らしい、後から写真で振り返って楽しい、とても素敵な島でした。


 目次


どうやって行くの?

直島までのアクセスマップ    

出典:naoshima.net

直島町は香川県高松市の北方13km、岡山県玉野市の南方3kmに位置します。香川県の島でありながら岡山県寄りなので、直島行きの船は高松港、宇野港(玉野市)の両側から出ています。

宇野港    

筆者は、岡山の宇野港からフェリーを使って行きました。乗り場も分かりやすいので迷いません。

フェリーからの景色    

フェリーからの景色も楽しめます。この日曇っていましたが、晴れていたらより壮大な絶景が見れることでしょう。15分ほどで直島に到着しました。

到着してまず目に入ってくるのが島のシンボル的、有名なモニュメント!

草間彌生先生の作品赤かぼちゃ    

ど~ん!!知っている人も多いはず、日本の有名なアーティスト草間彌生先生の作品赤かぼちゃです。草間彌生先生は、彫刻や小説を手がけている現代アートの先駆者です。

かぼちゃの中の様子    

このかぼちゃは、中に入れます!差し込む光も計算されていて、カラフルなドット模様です。赤い光がたちこめてとっても可愛いですね☆

とりあえず腹ごしらえ、ランチもアートなカフェで食べよう!

Shioya ダイナーの店内    

島を回る前にお腹が空いたらここ!港から歩いて2分。カラフルな雑貨で飾られた店内で、サンドイッチを頂きました。

Shioya ダイナーのサンドイッチ    

Shioya ダイナー 
TEL:087-892-3290
住所:香川県香川郡直島町2227
営業時間:11:30~20:30(ラストオーダー20:00)
定休日:金曜+不定休
休業:お盆-営業 正月-営業
主なメニュー:
リブアイステーキ・コンボ¥1,800
ケイジャンチキン・コンボ¥1,200
ハンバーガー・コンボ¥1,500
サンドウィッチ¥400~
ディナーは限定メニューもあります。詳しくはこちら

銭湯もちょーおしゃれ!アートな銭湯

I❤湯の外観    

I♡湯という、なんともネーミングが素晴らしい銭湯です。こちらは、日本の現代美術家である大竹伸朗先生の作品です。もちろん実際に利用できますよ。タオルや洗面用具は持参してくださいね。

I❤湯の看板    

I❤湯
住所:香川県香川郡直島町2252-2
営業時間:
平日14:00 - 21:00
土日祝10:00 - 21:00
毎週月曜定休

料金:
一般500円
直島島民300円
15歳以下200円

島内はバス+徒歩で!

バス    

naoshima.net

こちらのバスで主要施設をだいたい回れます。また運賃は、1回乗車につき大人(中学生以上)100円、5歳~小学生50円。切符不要で降りる時に料金箱に硬貨を投入するだけなので、誰でも気軽に利用できます。バス乗車賃が100円はとっても安いですね!その他レンタサイクルで回る方法もおすすめです。島の風を浴びながら散策も気持ちがいいですね。

バスからの海    
バスから見える古民家    

バスの中から本村エリアの古民家や、綺麗な瀬戸内海が見られます。

地中美術館に到着!!

地中美術館の看板    
地中美術館の空撮写真    

出典:benesse-artsite.jp

モネが描いた有名な絵画『睡蓮』のシリーズや、その他国内外の有名アーティストの作品が堪能できます。

デ・マリアの作品    

出典:benesse-artsite.jp

こちらは、デ・マリアの作品です。空間全体を作品と考える彼の指示で配置されているそう。圧倒的な球体の存在感。アートに関して全くの無知の私ですが、すっかり魅了されました……。美術館に流れる空気って、素敵ですよね。

美術館のショップ    

出典:benesse-artsite.jp

美術館のショップで、気に入った作品のポストカードを購入。これで帰ってからもここで感じた新鮮な気持ちを思い出せます。

宮浦港のアート    

帰りは船で40分ほどゆられ、宮浦港に到着しました。徒歩で帰っていると、アートが様々なところに散りばめられていて、とても遊び心があります。

海沿いのかぼちゃ    

こちらも草間彌生先生が製作したかぼちゃです。つつじ荘近く、海岸沿いにあります。海沿いのかぼちゃ、何だか趣深いですね。

いかがでしたか?なんだかアートで満たされて、とてもリフレッシュできた半日でした。芸術が好きな人、デザインを極めたい人は訪れてみると楽しいかもしれませんね。是非、家族や友人、カップルでお出かけくださいね。


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪