【カップル必見!】しし座流星群を見ながら、恋人とゆったりした時間を過ごそう♪

hinata

>

アクティビティ

>

【カップル必見!】しし座流星群を見ながら、恋人とゆったりした時間を過ごそう♪

【カップル必見!】しし座流星群を見ながら、恋人とゆったりした時間を過ごそう♪

 アクティビティ

皆さんは流星群を見たことはありますか?流星群は知っているけれど、見たことがないという人も多いかもしれません。実は流星群というのは、年中どこかで流れています!しかし、残念なのは目視できる流星群は少ないということです。この数ある流星群の中でも、肉眼で見られる流星群としておすすめなのがしし座流星群です!今回はしし座流星群の観測時期とおすすめスポットなどを紹介していきます。ぜひ恋人とのデートプランの参考にしてみてください♪

しし座流星群とは?

   

出典:pashadelic.com

しし座流星群とは、なにもしし座を構成する星が降ってくることで名前がついたわけではありません!しし座流星群のもとになっているものは、太陽を33年周期で移動するテンペル・タットル彗星です。この彗星は氷と塵で構成されており、太陽に近づくことで氷が溶け、彗星の軌道上に宇宙の塵ができます。そして地球は、年に一回、彗星の軌道上に入ることで、塵の中に入ります。この塵が地球に引き寄せられて、大気圏との摩擦による熱と光によって、流星群として見えています!流星群のスピードは秒速70kmほど。かなりのスピードで落ちて行っていますね!しし座流星群という名前の由来は、たまたま流星があった方向にしし座が見えたためだそうですよ♪

観測の時間帯、方角は??

   

出典:pashadelic.com

2015年は、まだまだテンペル・タットル彗星の周期の半分ほどの年で、数多くの流星群を観察することは難しいと言われています。しかし1時間のうちに数個から十数個ほどは観察することができます。 2015年にしし座流星群が見られる時期については、11月10日から11月23日と予想されています!日本でもっとも観察されやすいピークの時間帯は、11月18日深夜から明け方にかけてだそうです! また、観測するにあたっての方角ですが、しし座流星群には特にどの方角が良いというものはありません。ただし月の明かりなど、明るい場所では見えにくくなってしまうため、月が出ていない方角を観察してみると良いでしょう♪

実際に観に行こう!おすすめ観測スポット☆

夢の島公園

   

出典:frontriver / flickr

東京都江東区にある公園。東京23区内にあり、アクセスがしやすいという面でもおすすめですよ!公園には芝生が広がり、視界を遮るものがほとんどなく、しし座流星群の観察スポットとして最適です!

アクセス
東京メトロ有楽町線(Y24)・JR京葉線・りんかい線「新木場」下車 徒歩7分
東京メトロ東西線「東陽町」(T14)から都バス(東陽町-新木場、東陽町-若洲海浜公園)「夢の島」下車
高速湾岸線「新木場インター」より5分

石神井公園

   

出典:wellflat . / flickr

東京都練馬区にある公園で、石神井公園駅から近いなど、比較的アクセスの良い場所にあります!公園自体が環境を保持するための地区に指定されており、自然の景観が残った場所としても有名です。都会の中で、自然に囲まれて観察したいというかたにおすすめのスポットですよ♪

アクセス
西武池袋線「石神井公園」下車 徒歩7分
西武新宿線「上井草」より長久保行きバス「三宝寺池」下車、石神井公園行きバス「石神井公園」下車

奥多摩湖

   

出典:Kabacchi / flickr

東京都西多摩郡にある湖です!23区からは少し離れてしまいますが、湖の周辺は山に囲まれて、自然豊かな土地になっています。きれいな空気の中、思う存分観測できるのはとても魅力的です☆

アクセス
JR青梅線「奥多摩駅」からバスで(奥多摩湖バス停下車)

観察のときは準備も大切!

   

出典:Norio NAKAYAMA / flickr

観察の際は夜ということもあって、寒くなることが必須です!毛布やカイロなどの防寒対策はしっかりしておきましょう!また周りが暗いところにいくので、懐中電灯を持っていると安心ですよ♪最後に、せっかく流星を見に行くわけですから、事前に星座のことなどをちょっぴり勉強しておくとより楽しめるはず!勉強で得た知識を恋人に披露することで、会話が弾むこと間違いなし☆


下の動画のようにしし座流星群は、過去には雨のように流星が降り注いだこともあるといいます。今年はいくつの流星を目にすることができるのでしょうか?楽しみですね!!

いかがでしたか?今年のしし座流星群は、あまり多くの出現数が期待できないと言われていますが、場所や時間帯の工夫次第で、楽しめるかどうかはかなり変わってきます!また外に出てすぐに流星を見つけられないからといって、がっかりする必要はありません!まずは、15分から30分ぐらいかけてゆっくり暗闇に目を慣らしましょう!暗闇に目が慣れてくると、小さな光も見えるようになり、流星が見つけやすくなりますよ!恋人とお話ししながら、ゆったりした気分で流星群の観察を楽しんでくださいね♪



あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪