微笑みの国・タイでも知らないと涙する!?必ず押さえるべき「タイの交通手段」を徹底解析!

hinata

>

ライフスタイル

>

微笑みの国・タイでも知らないと涙する!?必ず押さえるべき「タイの交通手段」を徹底解析!

微笑みの国・タイでも知らないと涙する!?必ず押さえるべき「タイの交通手段」を徹底解析!

 ライフスタイル

日本人の海外旅行先として根強い人気のタイ。日本からのアクセスも良く、物価も安いです。なんといっても東南アジア特有のエネルギッシュな雰囲気を味わうことができます。そこで、なんとしても知っておきたいのが交通手段についてです!タイにはかなりの種類の交通手段があります。知っているのと知っていないのとでは、旅の充実度に大きな差が出ることは間違いなし!交通手段を制する者はタイを制す?!

鉄道について!

①BTS(スカイトレイン)

バンコク市内の主要なスポットを通っており、市内観光やショッピングにBTSがとても便利です!スクムビット線とシーロム線の2路線があります。5時過ぎから24時過ぎまで運行していて、数分おきに出ています。料金は片道15~42バーツとお手頃!車内もとてもきれいです!ただ、注意が必要なのは、有名な観光地であるカオサン通りや王宮周辺までの路線はありません。具体的にBTSが通る駅や乗り換えについてはバンコク路線地図で確認することができます。

bkkzoom.com

②MRT(地下鉄)

   

http://www.bangkoknavi.com

MRTもBTSと合わせて知っておきたい交通手段です!ルンピ二やフアラムポーン、東西方面などのBTSの路線がないエリアへ行きたい場合は、MRTが便利です。 乗り換えについてはバンコク路線地図で詳しく確認することができます!

bkkzoom.com

③ARL(エアポートレールリンク)

   

http://www.srtet.co.th/en/index.html

多くの人はスワンナプーム国際空港からタイに入国するかと思います。そのスワンナプーム国際空港に降り立った旅行者がまず、利用するのがARLです。空港とバンコク市内を結んでいます。ARLはバンコク最新の列車で、最新の技術が施されているのです!ARLにはEXPRESS、CITYLINEの2種類の運行方法があります。EXPRESSは空港とマッカサン駅をつなぎ、運行時間は約15分。一方、CITYLINEは空港~BTSパヤタイ駅間を各駅停車で進みます。 ただ、ここでも注意が必要です。市内鉄道へのアクセスはBTSパヤタイ駅、MRTペッチャブリー駅からのみとなっています。乗り換えの際には、注意してくださいね。

④タイ国有鉄道

   

http://www.thailandtravel.or.jp/about/trafficthai.html

バンコク郊外へは、国鉄を利用すると便利です。地下鉄からアクセスしやすいフラムポーン駅を中心に、チェンマイまでの北本線や、東北本線、東本線、マレーシアやシンガポールまで行くことのできる南本線の4路線があります。現地の人の暮らしぶりを直に見ることができたりと、ローカルな旅を楽しむことができます!ただ、冷房が強い列車や、逆に全くない列車もあるので、体温調節には気を付けましょう。

車について!

①バス

   

https://pixabay.com/

市内を走る路線バスは200路線にもおよび、安い料金で市内を移動することができる旅の味方です!ただ、路線の数が多いため非常にややこしく、行き先がタイ語でしか書いてなかったりするため、バンコク旅ビギナーの方には少々ハードルが高いかもしれませんね。慣れないうちは、バス路線マップを買うのがおすすめです!下記のサイトにもバス路線ルートを調べることができるので参考にしてください。

thailandtravel.or.jp

路線バスと合わせて注意してもらいたいことは、スリです。多くの人が乗りあうため、気が付いたら財布や携帯がなくなっていたなんてこもあります。

②タクシー

   

https://pixabay.com

タクシーはやはり旅において、最も便利な交通手段ですね。料金も日本に比べてかなり安いです。ただ、タイのタクシーは乗り方に注意が必要です!黄色と緑のタクシーが個人タクシーで、それ以外が会社のものになります。まず、タクシーの止め方は、日本のように手を上に挙げるのではなく、真横かちょっと斜め下で手首を上下に動かします。これがタイ式!次に、車内に乗り込むと、最初にメーターが動いているか確認が必要です!

③トゥクトゥク

バンコクならではの乗り物、トゥクトゥク。一度は乗ってみることをお勧めします!進むときに感じる風が気持ちいいです!料金は交渉制で、観光客は高い料金を請求されがちなので、注意が必要です。

ボートについて!

①チャオプラヤー・エクスプレス

I want to go to Thailand again!! #バンコク #バンコク旅行 #bangkok #thailand #チャオプラヤ川

kanapekoさん(@kanapeko_f)が投稿した写真 -

王宮周辺やチャオプラヤー添いの観光スポットに行く場合は、チャオプラヤー・エクスプレスがお勧めです!運行路線は4路線あり、料金も路線によって変わりますが、10~32バーツです。旅行者向けには、観光に便利な8か所に停泊する青い旗のボートもあります!

いかがでしたか?今回あげた交通手段を使いこなすことで、タイ旅行が充実したものになること間違いなし!タイ旅行の際は、ぜひ使ってみてください!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

旅行
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner