今秋イチオシの簡単DIY☆ 「押し葉」でもっと秋を楽しもう♡

hinata

>

ライフスタイル

>

今秋イチオシの簡単DIY☆ 「押し葉」でもっと秋を楽しもう♡

今秋イチオシの簡単DIY☆ 「押し葉」でもっと秋を楽しもう♡

 ライフスタイル

出典:Mirai Takahashi / flickr

秋もだんだん深まり、夜にはもう肌寒いと感じるほどになってきましたね☆もう少ししたら、葉が色付き初めて綺麗な秋景色を見ることができます♫そんな素敵な秋をもっと楽しむには「押し葉」がおすすめです!今年の秋の思い出を形にしちゃいましょう♡

落ち葉が採取できる期間って?

   

出典:flickr

紅葉の期間は場所によって大きく異なりますが、東京の紅葉の見頃は大体例年11月下旬頃になります☆その頃になると葉が色付き始め、葉も少しずつ落ちていきます。

押し葉に必要な物

   

Instagram (@sayo__stagram)

押し葉に必要なものは
・拾った落ち葉
・新聞紙
・分厚い本
・フィルム付きのアルバムorノート(ノートの場合はセロハンテープ)
です☆どれも家にあったりすぐ帰るような簡単なもので作ることができます♫

1.まずは落ち葉を拾いに行こう!☆

   

出典:_suika / flickr

まずは、押し葉に必要な落ち葉を採取しに行きましょう!落ち葉は木から落ちて数日ほど経つと乾燥してパリパリになってしまうので、できれば紅葉の始まってまだ落ちたばかりの落ち葉を拾うようにしましょう☆なるべく茶色になっている葉は、乾燥が進んでいて押し葉をしにくいので避けましょう!また落ち葉はすぐに乾燥してしまうので、紅葉狩りをする際にはノートや本・手持ちの雑誌などに挟みながら採取しましょう♫グラデーションになっている落ち葉や色の違う落ち葉を採取すると、押し葉が綺麗に仕上がりますよ♡

2.落ち葉の水分を吸収!

   

Instagram (@moe.totto)

家に帰ったら落ち葉に付いている土や汚れなどをとり、なるべく早く新聞紙に包みましょう☆ここでの注意点は、新聞紙を少し分厚くすることです!新聞紙の代わりにノートの使用でも大丈夫♫あまり薄いものだと落ち葉の水分を十分に吸い取ることができない場合があるため気をつけましょう!

3.葉の水分を抜こう!

   

Instagram (@spica_mode)

ノートまたは新聞紙に挟んだら、分厚い本をその上に載せます。ここでの注意点は、なるべく全体が均一になるようにすることです☆落ち葉は咲いている花よりも水分が少ないため、押し花よりも作るのが簡単で早くできます♡3〜5日ほど置いたら完成です。

4.アルバムなどを作って可愛く飾ろう♡

出来上がった押し葉は、フィルム付きアルバムやノート張って飾ったり絵本にしたりしましょう☆フィルム付きアルバムはそのまま葉を入れられますが、ノートの場合は綺麗にセロハンテープで貼っていきましょう♫これで今年秋の素敵な思い出の完成です♡

押し葉の保存の仕方☆

   

出典:Mirai Takahashi / flickr

せっかく作った押し葉、来年も飾れたら嬉しいですよね!そんな押し葉の保存方法ですが、落ち葉は日が当たるところに置いておくと退色してしまいます。なるべく日の当らない日陰などに置くようにしましょうう。また、湿気の少ない場所に置いておくことをおすすめします☆毎年秋の素敵な思い出を思い出すことができますよ♫

いかがでしたでしょうか?☆今年の秋は紅葉を見るだけではなく、形に残る秋の思い出を作ってみませんか?♫恋人と一緒に作ったら、さらに中が深まるかもしれません!是非試してみてくださいね♡


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

DIY
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner