もうすぐなくなってしまう!?キューバのクラシックカーが可愛すぎる♡

hinata

>

ライフスタイル

>

もうすぐなくなってしまう!?キューバのクラシックカーが可愛すぎる♡

もうすぐなくなってしまう!?キューバのクラシックカーが可愛すぎる♡

 ライフスタイル

クラシックカーの集まる国、キューバ。国勢の影響で外から車を輸入することが出来ず、もともとあった車を直して使いまわしてエコに車をリサイクルしているのが特徴。キューバに行ったらまるでタイムスリップしたかのような感覚になるでしょう。そもそも、クラシックカーを知らない人も多いかもしれません。今回はそんなキューバのクラシックカーを惜しみなく紹介していきたいと思います。


 目次


クラシックカー大国・キューバの車が可愛い♡

   

出典:Tony Hisgett / flickr

   

出典:Jean-Marc Astesana / flickr

この車体、とっても可愛いですよね♡ しかもピンク、水色というカラー展開もポップで可愛いです。そしてオープンカーが多い。ドライブしたら全身に風をうけられて楽しそうですね! おもちゃの世界に迷い込んでしまう感覚も味わってみたいものです。

タクシーもクラシックカー!

   

こちらはクラシックカーのタクシー。タクシーにも関わらずクラシックカーということで、急にとまってしまうか不安になってしまいますが、キューバではこれが当たり前。先にとまってしまうかもしれないという危惧をしていれば旅行もスムーズに進みそうですね。

車内はこのような感じ!

   

車内はこのようになっています。いすの革もかなり使い古されているのが伺えますね…。車の歴史を感じることのできる内装です。

どうしてクラシックカーが多いの?

   

街並みとクラシックカーの相性もばっちり。女の子であればどこもかしこも撮影ポイントになってしまうような風景ですね。さて、何故キューバがクラシックカーばかりなのかといいますと、冒頭でも触れましたがアメリカとの国交があまり交わされていなかったためです。アメリカは資本主義、キューバは社会主義ということで、ずっと対立していましたが、今年7月、54年ぶりにアメリカとの国交が回復しました。ですので、あと何年かでこのクラシックカーの風景は見ることが出来なくなってしまうかもしれません。車好きは早めにキューバに行ってみましょう。

他にもキューバ独特の文化が!

   

キューバはアメリカと国交を断絶していたので、キューバで長い間根付いていた文化があります。クラシックカーもそのひとつですが、葉巻やラム酒、古典的なラテンの音楽が代表的です。それはキューバ独特の文化。しかしこちらもアメリカとキューバの国交が回復されたことで「対キューバ禁輸緩和」がうちだされ、徐々に薄れていってしまうかもしれませんね。

   

いかがでしたか?あなたは現代の目撃者。今、この時間に世界を見れる人は長いスパンで見たら大変限られています。世界の国々をふらっと歩いてみて、国の歴史に触れるのは大変有意義です。国内で自然に触れてキャンプやピクニックを楽しむのもいいですが、世界を見てみるのもまた違った楽しみ方が出来ますね。

キューバの街並みをもっと知りたい方はこちら


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

写真 旅行
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner