hinata

>

キャンプ

>

アウトドア系ベビーキャリアは外遊びも街遊びも大活躍!

アウトドア系ベビーキャリアは外遊びも街遊びも大活躍!

 キャンプ

子供をおんぶしている父親

出典:Onfokus / ゲッティイメージズ

近年では高機能抱っこ紐がベビーキャリアとして各種ベビー用品会社から発売されていますが、アウトドア会社が販売するベビーキャリアにも最近注目が集まってきました。アウトドア系のベビーキャリアの特徴は背負子のようなフレームが入っているので、肩と腰にしっかり負荷を分散することができ、一般的なベビーキャリアよりも長時間の使用に向いています。今回は代表的な3ブランドのベビーキャリアを紹介します。


 目次


近年では高機能抱っこ紐がベビーキャリアとして各種ベビー用品会社から発売されていますが、アウトドア会社が販売するベビーキャリアにも最近注目が集まってきました。アウトドア系のベビーキャリアの特徴は背負子のようなフレームが入っているので、肩と腰にしっかり負荷を分散することができ、一般的なベビーキャリアよりも長時間の使用に向いています。今回は代表的な3ブランドのベビーキャリアを紹介します。

モンベル ベビーキャリア

モンベル ベビーキャリア    

出典:amazon.com

日本が誇る総合アウトドアメーカーのモンベルが、アウトドア好きの子育て家族の為にベビーキャリアをプロデュースしています。比較的コンパクトなサイズながらも、背面調節機能、自立式スタンド、26Lの収納スペースなど必要最低限の機能を備えています。他の製品と比べてコンパクトなので、長距離登山には向きませんが、ちょっとしたハイキングや街へのお出かけにピッタリです。

サイズ:67 x 31 x 32cm
重さ:2240g
価格:20,304円

オスプレイ ポコプレミアム

オスプレイ ポコプレミアム    

出典:amazon.com

アメリカのアウトドアメーカーオスプレイのポコプレミアム。このモデルの最大の特徴はその至れり尽せり具合。背面調節機能や自立式スタンドは勿論のこと、収納式のサンシェイドとレインカバーも付属しています。サイズは最大級で子供を連れての山登りに一番適したモデルですが、反面街使いにはその大きさが気になってくるシーンが多いと思います。背面バックが分離してサブバックになるのも特徴です。

サイズ:68 x 34 x 42cm
重さ:2700g
価格:32,400円

ドイター キッドコンフォート2

ドイター キッドコンフォート2    

出典:amazon.com

ドイターはドイツのアウトドアメーカーで、ドイツらしいシンプルながらも人間工学に基づいたデザインが得意です。サイズは丁度モンベルとオスプレイの中間ぐらい。チョットした山登りと街でのお出かけに向いています。最大の特徴はサイドベルトが外れて、横から乗り降り出来ることです。

サイズ:72 x 43 x 34cm
重さ:3300g
価格:34,560円

子供をおんぶしている父親    

出典:Onfokus / ゲッティイメージズ

これまで子供を長時間外に連れていく道具といえばベビーカー一択しかありませんでしたが、ベビーキャリアのおかげで選択肢が増えました。我が家もドイターのベビーキャリアを使っています。外遊びは勿論ですが、時と場合によっては街使いであってもベビーカーより機動力があって使い勝手が良いですよ。


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪