ラクラク家庭菜園♡ おうちでハーブを育てよう!

hinata

>

キャンプ

>

ラクラク家庭菜園♡ おうちでハーブを育てよう!

ラクラク家庭菜園♡ おうちでハーブを育てよう!

 キャンプ

出典:ouchisaien.com

オシャレな庭やベランダに欠かせないものと言えば、やっぱりグリーン。お花を育てている人も多いのではないでしょうか?けれども、どうせ育てるなら、収穫の楽しさも味わってみたいと思いませんか?ハーブなら野菜に比べて育て方も簡単。可愛い花も咲くし、お料理にも役立ちます。今回は、家庭菜園初心者におすすめのハーブをご紹介します!

   

出典:ouchisaien.com

ハーブはプランターで簡単に育てられます。けれども、ホームセンターに山積みになっているプラスチックのプランターじゃちょっと味気無い…そんな時は、テラコッタの鉢に植えてみては?テラコッタ×ハーブの組み合わせで、南欧風のベランダが出来上がり♪

   

出典:muji.net

でも、実はベランダでハーブを育てるのに、鉢やプランターは必ずしも必要無いって知ってましたか?園芸用の土が入っている袋に水抜き用の小さな穴をいくつか開ければ、そのまま苗を植えたり種を蒔いたり出来るんですよ。とは言え、やっぱりそれはオシャレなベランダとは縁遠いですよね。そんな時は、土の袋ごとジュートカバーに入れてみては?シンプルな麻の袋が、ハーブを植えただけでこんなにオシャレになるなんて、ステキですよね。シーズンオフは畳んでコンパクトに片付けておけるのも◎!

放っておくだけで大丈夫なハーブティー用ハーブ☆ミント&レモンバーム

   
   

ミントやレモンバームは放っておくだけでどんどん成長します。日陰でも問題ありません。成長しすぎる程に成長するので、もしお庭に置く場合でも、地面に直接植えず鉢やジュートカバーに植えて、根が方々に伸びてしまわないように気をつけましょう。それぐらいに、誰にでも育てられるハーブです。

   

出典:kabegami.com

どちらもどんどん成長するので、どんどん収穫していきましょう。ミントとレモンバームの葉をたっぷり使ったハーブティーは、とっても爽やかな味わいです。しかも、爽やかなのは味だけではなく、ミントもレモンバームもイライラを鎮める効果があるので、気分もスッキリしますよ!

イタリアンの黄金コンビ☆バジル&オレガノ

   

爽やかな香が人気でイタリア料理には欠かせないバジルも、簡単に鉢やお庭で育てられます。暑さには強いですが、乾燥に弱いので、毎日の水やりは欠かさずに。新芽の先っぽを摘むと、どんどん脇芽が伸びてくるので、ケチケチせずに、ガンガン収穫しちゃいましょう!また、トマトと一緒に植えると、トマトの成長が促進されるんですよ。

   

イタリアンと言えば、オレガノも忘れてはいけません。オレガノはバジルと反対で多湿に弱いので、葉っぱがたくさん茂ってきたら刈り取って風通しを良くしてあげましょう。出来るだけ雨に当たらない方が良いので、地植えにするよりも、移動させられる鉢植えの方が良さそう。オレガノには、比較的軽くて移動しやすく水はけの良いジュートカバーがピッタリですね。

   

出典:Yoshihide Nomura / flickr

バジルもオレガノも、トマトとの相性抜群!イタリア料理のシェフに「ハーブは1種類しか使ってはならない」と言うと、バジルとオレガノとでかなり悩むのだとか。どちらも香がすばらしいのですが、バジルはフレッシュの方が、オレガノはドライの方が香が立ちます。私たちは1種類だなんて言わず、どちらも楽しんじゃいましょう♪

頭が良くなって若返る魔法のハーブ☆ローズマリー

   

ローズマリーの香は集中力を高めるとして、古代ギリシャの時代から勉強する時に用いられていたそうです。また、新陳代謝を高め、肌や髪の状態を良くする「若返りのハーブ」とも言われています。頭が良くなって若返る。正に魔法のハーブのローズマリーは、過湿をとても嫌います。鉢植えの場合は、土が乾き切ったらたっぷりの水をあげてください。地植えの場合は放置しても大丈夫です。けれども、ローズマリーは他の植物の成長を阻害してしまうので、地植えよりは、単独で鉢やジュートカバーに植えてあげるのが良いですね。

   

出典:openers.jp

せっかくローズマリーを育てるのなら、やっぱり若返りを期待したいですよね。だったら、ローズマリー化粧水を作ってみませんか?グツグツ煮出したり、蒸留酒に漬け込んだりしたローズマリーエキスをグリセリンで薄めて作ります。いろんな作り方があるので、本やネットで研究して、それぞれ作ってみるのも、科学実験みたいで楽しそうですね。頭も良くなって一石二鳥?!

以上、家庭菜園初心者さんでも、ベランダやお庭で簡単に育てられるハーブをご紹介しましたが、いかがでしたか?殺風景なベランダやお庭も、ハーブを育てるだけでとってもオシャレに変身するから不思議です。ここに紹介したもの以外にも、簡単に育てられるハーブはまだまだたくさんあります。ハーブは元は雑草の一種。生命力にあふれているので、失敗することはほとんどありません。ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner