BBQ三種の神器でめざせモテモテBBQ!

hinata

>

バーベキュー

>

BBQ三種の神器でめざせモテモテBBQ!

BBQ三種の神器でめざせモテモテBBQ!

 バーベキュー

出典:gilaxia / ゲッティイメージズ

さあ、夏はすぐそこ。本格的なBBQシーズンがやってまいりました。街のホームセンターにはBBQグッツが所狭しと並べられ、何を買おうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今日は日本BBQ協会が推奨する「三種の神器」を紹介したいと思います。これさえあれば、目からウロコのBBQ体験間違いなし。気になるあの娘のココロにも火を着けちゃいましょう!

出来る男は火熾しがスマート:チムニースターター

   

BBQ最初にして最大の難関が「火熾し(ひおこし)」。ここでつまずくと、時間だけが無駄に流れ、シラケたムードが漂ってしまいます。今までの火熾しの定番アイテムと言えば団扇でした。額にしたたる大量の汗。舞い上がる新聞紙の灰。そんな火熾しはもう卒業しましょう、このチムニースターターで。

チムニースターターは円筒形の火熾し器です。使い方はいたって簡単。こいつに炭を山盛りいれて、底に新聞紙を丸めて着火してやるだけ。後は煙突効果で下からドンドン新鮮な空気を取り込んでくれる為、放っておくだけで炭が熾ります。火熾しの準備が出来たら、あとはビール片手に気になるあの娘とお喋りに花を咲かせて下さい。あまりにスマートな火熾しに、この時点で彼女はあなたの事を一目置いていることでしょう。

・WEBER ラピッドファイヤー チムニースターター
・価格:3800円

[商品特徴]アメリカのBBQ老舗メーカーが作るチムニースターターは、計算されつくしたつくりで火の回りが抜群。大量の炭に火を着けるのに便利です。コンパクトタイプをご希望の方は、他メーカーから折りたたみ式のチムニースターター(3000~4000円)も出ています。

商品詳細はこちら

出来る男はお肉を黒焦げにはさせない:水鉄砲

   

出典:http://jack-lantern.blogspot.jp/search/label/BBQ

なんとか火が着いてBBQが始まってもまだまだ油断は出来ません。ちょっと目を離したすきにお肉の脂が炭に滴り落ちて、ちょっとしたボヤ騒ぎが起こるのはBBQの常です。そんな時は慌てず100円ショップで買ってきた水鉄砲を取り出してください。ピンポイントで火を消火することが可能です。小さい子供が参加している場合は、子供に水鉄砲係りを任せるのもグッドアイディアです。スマートに子供と火を操るあなたの姿に、気になるあの娘のポイントアップは間違いないでしょう。

出来る男は後片付けがスマート:火消し壺

   

楽しいBBQも後片付けからは逃げられません。立つ鳥跡を濁さず。ここでいい加減なことをすれば、一日かけて築き上げたあなたのイメージは崩壊してしまいます。間違っても、炭に水をぶっかけてそこらへんに放置してはいけません。炭は元素なので、土に返ることなく何万年もそこに存在し続けます。また、鎮火しきれなかった場合、火事につながることもあります。

そこでおススメするのが火消し壷。残った火のついた炭を壺に入れて蓋をすれば、酸素を遮断し確実に鎮火してくれます。火の消えた炭は次回のBBQに使用することも可能で、通常の炭よりも簡単に火が着きます。楽しい時間をテキパキと段取りするだけではなく、自然環境とエコまで考えているあなたの姿を気になるあの娘はきっと忘れないでしょう。

・夏目火消し壷 (大)
・価格:税別4900円

[商品特徴]
最近では金属製の火消し壷も出ていますが、金属製は陶器製に比べて本体が高温になりがちで、場合によっては熱で変形することもあります。場所は取りますが末永く使うには昔ながらの陶器製火消し壷をお勧めします。

商品詳細はこちら

   

出典:gilaxia / ゲッティイメージズ

以上、日本BBQ協会が推奨する「三種の神器」を紹介しましたが、如何だったでしょうか。どれもこれも今までのBBQの問題を解決してくれる優れアイテムではないでしょうか。河原でBBQする人のマナーの悪さがニュースになったりする昨今ですが、皆さんは後片付までちゃんとしてBBQを楽しんでくださいね。さー、この夏はLet’s バービー!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner