日本一初心者に優しい!?千葉県館山市「ブリーズファミリーキャンプ」で最高のキャンプデビューを!

キャンプ場

ブリーズファミリーキャンプの海沿いサイト

キャンプを始めるにあたり、道具の選び方やテントの設営方法など、経験者の意見を聞いたり、自分で使ったりしないとわからないことも多いです。千葉県館山市にオープンしたばかりのキャンプ場「BREEZE FAMILY CAMP(ブリーズファミリーキャンプ)」は、有名メーカーのギア一式が備え付けで使用可能。初心者が手ぶらで行っても安心して楽しめます!


 目次


下のボタンからキャンプ場の予約ができます!

BREEZE family campを予約する

南房総の海を目の前に望む「BREEZE FAMILY CAMP」

ブリーズファミリーキャンプの看板
千葉県・館山市にある「ブリーズファミリーキャンプ(以下「ブリーズ」)」は、すぐ目の前に内房の海を望む開放的なロケーションの中、快適にキャンプを楽しめる施設。「初心者・キャンプ未経験のファミリーが安心して楽しめる」ことをコンセプトに、2021年4月9日に新しくオープンしました。

オープン直後ながら、ゴールデンウィークには大盛況。人気の理由はただ「新しくてキレイだから」というだけではありません。キャンプ初心者にうれしい無料サービスや、子ども連れに寄り添った充実の設備など、ブリーズの魅力を徹底取材。オーナーの金子真也さんに話を聞くと、「コミュニケーションの場」としての理想のキャンプ場のありかたが見えてきました。

ブリーズファミリーキャンプの特徴

手ぶらでOK!「とりあえずやってみる」ができる初心者向けキャンプ場

ベルテント

▲サイトに常設で設置されているベルテントUK

初心者にとって一番うれしいのが、ギアの持ち込み不要という点。サイト使用料に無料のレンタルギア代も含まれており、基本的なキャンプ道具は全て施設が用意してくれます。キャンプ経験のない人が「とりあえずキャンプを成立させるために、よくわからないけど適当なギアを買う」ことをせずに済みます。
ブリーズ常設のベルテント内の様子

▲ベルテントUKの中の様子

敷地内にはウッドデッキと芝のテントサイトが10区画ずつと、車の乗り入れ可能なオートキャンプサイトが3区画あります。ウッドデッキには「CwS ベルテントUK」「コールマン マスターシリーズ コクーンⅢ」「ロゴス プレミアム3ルームドゥーブル」の3つのテントが常設。それぞれテント内にはチェアやコット、テーブルがあらかじめ設置されており、現地に到着したらすぐにくつろげる状態。設営にあまり自信がない人、着いてすぐに遊びに出かけたい人におすすめです。

ブリーズ常設のコールマンのマスターシリーズ

▲常設のコールマン マスターシリーズ コクーンⅢ

場内に並んだテントの様子

▲場内のウッドデッキに設営されたテントの様子

ただ準備が楽というだけでなく、テントをはじめとした人気のギアの使い心地を購入前に試せるのがうれしいポイント。「まだキャンプ自体やったことがないのに、始めるために何十万円も投資する」という心理的なハードルがグンと下がります。常設テント以外の区画では、予約時に選んだ希望のテントを自分たちで設営することも可能。無料のテント設営ワークショップもあるので、初心者でも簡単にテントを張ることができます。

実際に宿泊してみて、使い心地が気に入ったらその場でキャンプ用品の購入も可能。もちろん気に入らなければ購入しなくてOKです。宿泊客がいなくても常設サイトはレイアウトが整った状態で展示されているので、場内を散歩がてら、ギアの配置やテントの様子を見て、今後の買い物の参考にすることもできます。

子ども連れへの配慮が場内の隅々まで行き渡る

キャンプ場内の通路の様子
「初心者ファミリー向け」とうたっているだけあって、場内の各所には子ども連れ家族が快適に過ごせるような配慮が光ります。たとえば駐車場からほど近いウッドデッキと芝サイト、管理棟のあるメインエリアは車の乗り入れ禁止。その代わり、通路には子どもたちが自由に遊べるミニチュアカーやキックボードが設置されています。舗装されているので転倒の心配も少なく、安心して子どもを遊ばせることができます。

乗り物で遊ぶ子どもを歩いて見守りながら、通路の横に並ぶ常設展示のテントや他のファミリーが楽しんでいる様子をのんびり眺めるというのもまた一興。
管理棟内のキッズルーム
メインエリアの中心にある管理棟には、受付や売店の他、トイレ、シャワールームがあります。さらに注目なのが、2階全体を使ったキッズルーム。小さな子ども連れだと、キャンプ泊に対して「子どもが途中で飽きてしまったり、雨が降ったりした時に子どもの興味を向ける逃げ場がないのでは」という不安もありますが、その点ブリーズは安心。絵本やおもちゃが豊富なので、子どもを飽きさせずにいられます。
トイレにあるベビーベッド
ウォシュレット完備の清潔なトイレには、男女ともにおむつ交換スペースを設置。赤ちゃん連れへの配慮も万全です。

館山の新鮮な魚介類を使ったバーベキューが楽しめる!

ブリーズの炊事場

▲施設内にある共同の炊事場

ウェーバーの大きなグリル

▲無料で使えるWeberガスグリル

管理棟に隣接されている共同キッチンでは、バーベキュー大国・アメリカで圧倒的な人気を誇るウェーバー社のガスグリルが無料で使えます。近くの館山港で買った新鮮な魚介を持ち込んでもいいですし、オプションの食材セットを事前予約すれば、ガスグリルの使い方を無料で教えてもらえる「Weberグリルバーベキュー教室」が受けられます。

オーナー・金子さんが「キャンプ未経験者」を重視するワケ

キャンプを始めるのに変なハードルがあるのはおかしい

場内のスターシェード

▲共同のファイヤーピットと大きなスターシェード

ブリーズから見た夕日

▲場内から見た夕日。この下に房総湾が広がる

「ハマるかどうかもわからないのに、始める前から10万、20万円かけて道具を揃えて…と考えると、キャンプは今の日本で誰もが軽い気持ちで始められる趣味ではないですよね。数万円で”お試し”ができて、ハマれるなと思ってから投資できるような仕組みがあればいいなと思ったんです」。

そう語るのはブリーズのオーナー、金子真也さん。自身も6歳と3歳の子を持つ父親として、「日本でファミリーキャンプを始めること」のハードルの高さを実感。もとは介護関係の仕事をしていましたが、資金を貯め、候補地をあちこち駆けまわって念願のキャンプ場をオープンさせました。
キャンプ場の裏手の海岸

▲キャンプ場裏手にある海岸の様子

もともとサーフィンが好きだった金子さんは、キャンプ場を作るなら海のそばでと決めていました。「館山に面している内房の海は、同じ千葉でも外房より波が穏やか。子ども連れでも安心だと思い、この場所に決めました。ほんのりカリフォルニアを感じさせるような、国内で言うと湘南っぽい開けた感じがありつつ、静かで落ち着いているところが気に入っています」(金子さん)。

「キャンプの疑問を気軽に聞ける」環境づくりへのこだわり

ブリーズのスタッフたち

▲ブリーズのスタッフのおふたり。テントの事前設営など、利用客の要望に合わせたサービスが充実

自身もキャンプ・アウトドアが好きだからこそ、金子さんが常に抱いているのは「初心者をないがしろにしていては、アウトドア業界全体が尻すぼみになってしまう」という思い。かつて何もわからないところからスタートしたキャンパーが、今、何もわからない初心者を見捨ててはいけない。キャンプを体験する中で生まれた疑問を、その場で気軽に誰かに聞けるような、コミュニケーションが活発なキャンプ場を目指しました。ブリーズでは、テントの設営方法や調理について、わからないことは気軽に相談しやすい、フレンドリーなスタッフが揃っています。
キッズルームの黒板

▲キッズルームの様子

「スタッフだけでなく、利用客同士のコミュニケーションも生まれるのが理想です。うちは隣のサイトとの距離がどちらかと言うと近め。まわりの人の存在を感じず、自分たちだけでキャンプを楽しみたい人にとってはデメリットかもしれませんが、ここではそれがメリットになるんです。

たとえば、小さな子ども連れで初キャンプに来る方にとっては”子どもがまわりに迷惑をかけないか”みたいなことも心配だと思います。でも隣のサイトに同じようなご家族がいて、"うちもキャンプ初めてなんですよ"なんて会話があれば、子ども同士を遊ばせる、食事を一緒に楽しむ、ということができますよね。夜に子どもが騒いでしまったり、泣いたりしても、いい意味で”お互いさま”。コミュニケーションがあるだけで、不安の種がひとつずつ減っていくんじゃないかなと思います」

「館山」という地域のハブとなるキャンプ場

受付の様子

▲受付では南房総のクラフトチューハイも販売

ブリーズのある館山市は、千葉県内でも観光資源が豊富なエリア。館山湾での釣りやマリンスポーツはもちろん、洲崎灯台や海中観光船など「せっかく市街地にほど近い場所にあるので、館山観光に来る人の拠点として、ブリーズを利用してもらいたい」と金子さんは語ります。

慣れないキャンプでは設営や食事の準備に時間がかかり、観光に出かける余裕がないケースも多くありますが、ブリーズではその点への配慮も万全。設営時間がゼロになるテントの事前設営サービス、現金決済のみのキャンプ場が多い中で電子マネー決済対応、と、現地で発生するこまごました時間のロスを削減できます。浮いた時間でアクティビティや地元の食を楽しみに出かければ、家族旅行の思い出が倍増します。

ブリーズファミリーキャンプの詳細

ブリーズから見た夕日
【基本情報】
住所:千葉県館山市那古1672-6
営業期間:年中無休
料金:
[施設利用料] 1,320円~/大人1人、880円〜/小人1人
[キャンプサイト※テント他道具一式込み]19,800円〜 / サイト
チェックイン / チェックアウト
[デイキャンプ ]9:00 / 17:00
[宿泊]14:00 / 10:00

ブリーズファミリーキャンプの予約は以下のボタンから!

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 BREEZE family camp
キャンプ場名 BREEZE family camp
リンク キャンプ場の情報を見る
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪