2020年の人気テント総ざらい 2連覇はあのブランドに!【グーグル検索ランキングTOP5】

 キャンプ用品

森の中のテント

出典:Amazon

今までの暮らしが当たり前でなくなり、がむしゃらに駆け抜けるしかなかった激動の2020年。密にならないキャンプに挑戦する人も多く、テントの売れ行きは絶好調。気になる新作も続々と登場しました。新たな年を迎える前に、2020年は一体どんなテントがトレンドだったのか、グーグルの検索ランキングで振り返ってみます。


 目次


2020年にみんなが一番検索したテントは…!?検索数TOP5を発表!

【5位】「オーナーロッジ」の新作が登場したogawa

ogawaのオーナーロッジ

出典:ogawa

5位 ogawa テント:検索回数29,000回

老舗ブランドogawaを代表するテントが「オーナーロッジ」。まるで本物の山小屋のようなレトロな外観で愛用者が多い、名作ロッジ型テントです。その見た目のままに、最新の技術を搭載した新作「オーナーロッジ タイプ52R」が今年登場しました。単なる「復刻」ではなく、今の時代に添う形にアップデートした新たなオーナーロッジはたちまち話題に。往年のファンもうならせる実力はさすがです。

【4位】新作ラッシュで高い注目度をキープし続けたロゴスがランクイン

飾り付けられたテント

出典:楽天

4位 ロゴス テント:検索回数148,000回

2020年のロゴスは「テントの年」。ブランド史上最多の新作テントが発売になりました。中でも話題になったのはロゴスの王様テント「ドゥーブル」の新型でしょう。従来の2ルームでも十分広々過ごせましたが、新型は独自のパネルシステムにデビルブロックルームを取り付けることにより、なんと驚きの3ルームに。ファミリーキャンプやグループキャンプがより快適に過ごせるようになりました。

【3位】カマボコテント強しのDOD。タケノコとレンコンにも注目

DODのカマボコテント

出典:Amazon

3位 DOD テント:検索回数181,000回

トンネル型テントの人気を牽引する大定番といえばDODの「カマボコテント」。実はワンルーム型の「タケノコテント」と冬の焚き火を最大限に楽しめる「レンコンテント」も使い勝手がよく、根強い人気があります。ネーミングも特徴的で覚えやすいので、キャンプデビューしたばかりの人も一度は検索したことがあるのでは?

【2位】スノーピークはテントでも大人気!

スノーピークのテント

出典:Amazon

2位 スノーピーク テント:検索回数222,000

グーグル検索ランキングの焚き火台部門ではトップを獲得したスノーピークがテントでも2位にランクインしました。ベストセラーである「アメニティドーム」は背の低さが最大の特徴。風による影響を受けにくいので、背の高いテントよりフレームの変形や破損がしにくいのが魅力。1度買えば長く愛用できると、キャンパーから絶大な人気を誇っています。

またアメニティドームは設営が簡単でわかりやすく、初心者人気の高さは他の追随を許しません。

【1位】堂々のトップは王道・コールマン!

コールマンのタフオープン2ルームハウス

出典:Amazon

1位 コールマン テント:検索回数405,000回

40年以上にわたって多岐にわたるアウトドアギアを世に送り出してきた王道中の王道ブランドはやはり強し。2019年は遮光性に優れた「ダークルームテントシリーズ」で話題をかっさらいましたが、今年はファミリータイプのドーム型テントに大きなオープンタープを備えた「タフオープン2ルームハウス」の登場で世間を驚かせました。テントとキャノピータープが一体化した画期的なデザインが注目を集め、検索ランキングでも2年連続1位という快挙を達成!

注目度急上昇中「サバティカル」の動向は来年も見逃せない

サバティカルのアルニカテント

出典:SABATICAL

惜しくもランクインは逃しましたが、今年急激に検索数を伸ばしたのが「サバティカル」のテント。数多くのアウトドアギアを扱うA&Fが2019年の夏に立ち上げたアウトドアブランドで、デザイン・機能・価格がそろった高クオリティさでまたたく間に人気が沸騰した新星です。

今年は「アルニカ 」と「ギリア」という大小の2ルームテントをリリース。発売前から大注目で、現在も抽選販売が続くほどの大人気。来年はどんな新作が出るのか、高感度なキャンパーたちはすでにその動向に注目しています。

ファミリー用テントが熱かった2020年。2021年のトレンドは?

人の密集する場所になかなか出掛けられなかった2020年、家族の新しいレジャーとしてキャンプを始めた人も多かったことと思いますが、今年は特にファミリー用テントが大豊作の一年でした。どれも快適に過ごせる工夫と技術が詰まっていて、すでにひととおりのテントを持っているベテランキャンパーも「今からテントを新しく買う人がうらやましい」を舌を巻くほど高性能。人々のニーズと各ブランドの新作がうまく噛み合って、業界全体の勢いが加速しました。

2021年はどんな新作が登場するのでしょうか。キャンパーのニーズとまだ見ぬ新作がどんな化学反応を起こすのか、来年末に振り返るのが今から楽しみです。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

テント 特集 ベスト・ヒッツ

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪